【イベント開催】9月25日”Global Day of Climate Action” ~温暖化が進むとどうなる?未来の人道危機を抑えるために今、私たちにできること~

国際的な環境保全団体である公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(東京都港区 会長:末吉竹二郎 以下、WWFジャパン)は、9月25日の”Global Day of Climate Action”に合わせ、気候危機について様々な視点から考えるオンラインイベントを開催いたします。

およそ1年前、グレタ・トゥーンベリさんに共鳴した多くの若者たちの呼びかけに呼応する形で、世界で「グローバル気候マーチ」が行われ、760万人以上が街頭に集結しました。それから1年が経ち、いまや"気候危機"とも呼ばれ、人々の暮らしに、そして時には人命にさえも、深刻な被害をもたらす気候変動。その影響は世界共通である一方、気候危機への抵抗力には格差があります。日本だけでなく、すでに世界各地で現れ始めている被害の多くは、気候変動にほとんど責任のない、途上国の人々を襲っています。2020年9月25日は、SDGsが5歳の誕生日を迎える日でもあり、本イベントでは、気候変動による人の暮らしへの影響について、深い懸念と解決への志を持ったスピーカーの方々から世界各地の人道支援のフィールドや、気候変動の国際交渉の現場など、最前線で活動している「現実」を提示いただいた上で、今後の「展望」についてみなさんとともに考えていきます。

【イベント概要】
題 名:温暖化が進むとどうなる?未来の人道危機を抑えるために今、私たちにできること
日 時:9月25日(金) 18:30~20:00
形 式:オンライン開催(事前申し込み制)主 催:WWFジャパン
イベントページ https://www.wwf.or.jp/event/organize/4409.html

当日のスケジュール
 
司会進行 こくぼ ひろし氏

時刻   内容 登壇者
18:30~18:35 ご挨拶 ごあいさつ、スピーカー紹介  
18:35~18:50 プレゼンテーション 「SDGsアクション・気候行動の文脈で、私たちにできること」
根本 かおる氏
18:50~19:10 プレゼンテーション
「温暖化の進んだ世界はどうなる?防ぐことはできるのか?」
いが☆グリオくんが登場!気候危機で、私たちの暮らしはどうなるの?
小西 雅子
いが☆グリオくん
19:10~19:25 プレゼンテーション 「自然災害がもたらす女の子への影響、フィールドで今起きていること」 倉橋 功二郎氏
19:25~19:40 プレゼンテーション 「もっとも弱い立場に置かれた人々と、災害に立ち向かう」 吉田 拓氏
19:40~19:55 座談会 「変化の今を生きる、私たちにできること」 全登壇者
19:55~20:00 クロージング 閉会あいさつ、アンケート協力のお願い  


スピーカープロフィール

■国連広報センター 所長
根本 かおる氏(ねもと かおる)

テレビ朝日を経て、1996年から2011年末まで国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)にて、
アジア、アフリカなどで難民支援活動に従事。ジュネーブ本部では政策立案、民間部門
からの活動資金調達のコーディネートを担当。WFP国連世界食糧計画広報官、国連UNHCR
協会事務局長も歴任。フリー・ジャーナリストを経て2013年8月より現職。

■伊賀市観光大使
いが☆グリオくん

伊賀流忍者のふるさと三重県伊賀市でうまれた伊賀市観光大使「いが☆グリオ」は小学校3年生の
忍者のおとこの子。その名のとおり「いがグリ頭」とぽっこりしたお腹が特徴です。このお腹には「伊賀牛」
「伊賀米」「かたやき」などの伊賀の名物だけでなく、伊賀の歴史や伝統文化を世界中に発信したい
という夢がいっぱいにつまっています。このお腹をグリグリ言いながらなでると皆さんの夢も叶うとか!

■公益財団法人 プラン・インターナショナル・ジャパン プログラム部
倉橋 功二郎氏(くらはし こうじろう)

平和構築支援、人道緊急支援を通したジェンダー主流化が専門。プラン・インターナショナル・
ジャパンでは、主にアジア地域における緊急人道支援を担当している。最近は開発・人道支援に
関連する「国際基準」の日本での運用に関心を寄せている。

■日本赤十字社 ルワンダ代表部首席代表
吉田 拓氏(よしだ たく)

日本赤十字社のルワンダにおける気候変動に対するレジリエンス強化事業を担当。外務省と
国際協力機構( JICA)で、英語圏カリブ地域に赴任し、防災インフラ建設、防災技術協力などを担当。
2015年から2017年、フィリピンの大型台風「ヨランダ」の災害復興事業を指揮するため、
セブ島北部に赴任。イリノイ大学アルバナ・シャンパン校MBAプログラムに在籍中。

■WWFジャパン 気候変動グループ 専門ディレクター(環境・エネルギー)
小西 雅子(こにし まさこ)

昭和女子大学グローバルビジネス学部特命教授
博士(公共政策学・法政大学)・修士(ハーバード大学)、気象予報士
中部日本アナウンサー等を経て2005年9月から現職。専門は、国連における気候変動国際交渉及び
環境・エネルギー政策。2002年国際気象フェスティバル「ベスト気象キャスター賞」受賞。
東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会持続可能性委員会委員
環境省中央環境審議会委員、東京都環境審議会委員
著書「地球温暖化は解決できるのか ~パリ協定から未来へ!~」(岩波ジュニア新書2016)など多数

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WWFジャパン >
  3. 【イベント開催】9月25日”Global Day of Climate Action” ~温暖化が進むとどうなる?未来の人道危機を抑えるために今、私たちにできること~