蜷川実花氏が監修するフリーマガジンのキービジュアルを先行公開 日本代表の陸上競技・中西麻耶選手と車いすラグビー・池透暢選手が表紙に!

「GO Journal」最新号を2021年8月24日にいよいよ発刊

公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ、会長 山脇康)は、写真家・映画監督の蜷川実花氏がクリエイティヴ・ディレクターをつとめるパラスポーツと未来を突き動かすグラフィックマガジン「GO Journal」5号を東京2020パラリンピック開会式が行われる8月24日に発刊します。
最新号で蜷川氏が撮りおろし表紙を飾るのは、東京2020パラリンピック日本代表でもある中西麻耶選手(陸上競技)と池透暢選手(車いすラグビー)。発刊に先立ち、 2選手のキービジュアルを先行公開します。

  • クリエイティヴ・ディレクター 蜷川実花氏コメント

パラアスリートたちの精神の強さが人間の持つ力の本質で、そして人々の希望の源泉になるのではないだろうか。
精神の強さは彼らの肉体を輝かせる。
私はその輝きを捉えようとシャッターを押した。
精神の美しさ、強さに向き合うためのアプローチとしての撮影。
私が体験したこの強さと美しさの光り輝く瞬間を、みんなと共有したい。

  • 中西麻耶選手 陸上競技|東京2020パラリンピック日本代表

義足はコンプレックスの一つでしたが、それを受け入れて武器にして生きてきました。自分の弱いところを受け入れることは大変だと思いますが、受け入れさえすればプラスに持っていくこともできることを、自分に自信が持てずに悩んでいる人にこのGO Journalを見てもらいたいです。

  • 池透暢選手 車いすラグビー|東京2020パラリンピック日本代表

撮影は、普段みれない姿でしたね。僕がということではなく、一人の人間にはいっぱい魅力があって角度を変えるといろんな見え方に気づくことがある。パラリンピックも、見る人によっていろいろな感じ方があって、自分に還元したり感化されたり、発見があったりすると思うので、そんな角度で見てもらえたらと思います。

  • GO Journal 5号について

出演者:
アスリート
中西麻耶選手|陸上競技(東京2020パラリンピック日本代表)   撮影:蜷川実花
池透暢選手|車いすラグビー(東京2020パラリンピック日本代表) 撮影:蜷川実花
岩渕幸洋選手|卓球(東京2020パラリンピック日本代表選手団旗手)  撮影:Gottingham
カルチャー 
田畑端氏|JP GAMES株式会社|世界初公式パラリンピックゲーム「The Pegasus Dream Tour」

主催
日本財団パラリンピックサポートセンター
クリエイティヴ・ディレクター
蜷川実花
クリエイティヴ・アドヴァイザー
ムラカミカイエ
デザイン
町口景
編集ディレクション
川田洋平
編集
株式会社 MATOI PUBLISHING / QUOTATION 編集部
制作管理
有限会社ラッキースター
企画協力
池田ケン
協賛(5号)
株式会社ブリヂストン、キヤノン株式会社、大日本印刷株式会社、東京地下鉄株式会社
発刊日
2021年8月24日(火)
配布
蔦屋書店(代官山、銀座、京都岡崎、梅田、六本松)、全国主要図書館、大学図書館1,000館 他
※蔦屋書店での配布は8月24日(火)以降、在庫無くなり次第終了となります。
ポスター掲出
東京メトロ全駅に各1枚(期間:8月25日~9月7日)

なお、7月24日~9月30日までの間、パラリンピック発祥の地でもあるロンドンのトランスポートハブといわれるキングスクロス駅Lower Stable Streetに沿って配置されている10点のライトボックスにて、最新5号のビジュアルを含むアスリート8名の写真を展示しています。

 

  • GO Journal(ゴー・ジャーナル)とは
GO Journalは、パラアスリートやパラスポーツに対する価値観を揺さぶり、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)社会の発展に向けて、一人一人の行動を喚起するためのグラフィックマガジンです。
蜷川実花氏をクリエイティヴ・ディレクターに迎え、アート、ファッション、カルチャーを切り口にパラアスリートとパラスポーツの魅力に迫り、大胆なビジュアルと率直な言葉で語るアスリートのインタビューを中心に構成され、フリーマガジンとして、全国の図書館やイベント等で配布してきました。

これまでに計9万部を刊行し、パラスポーツ10競技12選手をフィーチャーしています。
ウェブ版でもインタビューをフルサイズで読むことができ、日本語と英語に対応しています。
https://www.parasapo.tokyo/gojournal/

ISSUE 01|2017年11月22日発行|20,000部

辻沙絵(陸上競技) photo by 蜷川実花
山本篤(陸上競技) photo by 蜷川実花
高橋和樹(ボッチャ) photo by 大橋仁

ISSUE 02|2018年5月17日発行|20,000部
一ノ瀬メイ(水泳) photo by 蜷川実花
山田拓朗(水泳) photo by 蜷川実花
安直樹(車いすフェンシング) photo by 甲斐啓二郎

ISSUE 03|2019年3月13日発行|25,000部
藤本聰(柔道) photo by 蜷川実花
浦田理恵(ゴールボール) photo by 新津保建秀
川村怜(5人制サッカー) photo by 今井智己

ISSUE 04|2020年1月22日発行|25,000部
鳥海連志(車いすバスケットボール) photo by 蜷川実花
秦由加子(トライアスロン) photo by 蜷川実花
星野佑介(テコンドー) photo by 名越啓介
  • 日本財団パラリンピックサポートセンターについて
「SOCIAL CHANGE with SPORTS」をスローガンに、パラスポーツを通じて、一人ひとりの違いを認め、誰もが活躍できるダイバーシティ&インクルージョン(D&I)社会の実現を目指しています。設立以来、パラリンピック競技団体の運営支援をはじめ、パラアスリートや障がいのある当事者と一緒に知る、学ぶ、体験する、パラスポーツを活用したD&Iプログラムを展開し、2019年にはスポーツ庁長官表彰を受賞しました。
パラサポ公式サイト:https://www.parasapo.or.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター >
  3. 蜷川実花氏が監修するフリーマガジンのキービジュアルを先行公開 日本代表の陸上競技・中西麻耶選手と車いすラグビー・池透暢選手が表紙に!