株式会社チェンジとの資本業務提携に関するお知らせ

株式会社ライトアップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:白石崇)は、2020年12月15日開催の取締役会において、以下のとおり株式会社チェンジ(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:福留 大士、以下「チェンジ」)との間で資本業務提携を行うことを決議いたしましたので、お知らせいたします。
  • 1.業務提携の趣旨

当社では、従来より「全国、全ての中小企業を黒字にする」をビジョンに掲げ、様々なデジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)サービスを提供しております。コロナ禍以降、補助金・助成金活用支援「Jコンサルティング」サービスおよび、補助金・助成金自動診断システム「Jシステム」の取り扱いが増加しております。
 
一方、チェンジは子会社のトラストバンクとともに、日本を持続可能な社会にすることを目的に、地方創生・DX事業を推進しております。直近では、社内でDXを推進するデジタル人材の育成サービスや自治体向けSaaSビジネスの展開を加速しており、事業領域を拡大しております。

このような状況にある両社が今回の資本業務提携により、狙っているのは、「地方に集積する中小企業のDX」・「補助金・助成金領域のDX」・「DXプラットフォームの提供」による地方創生の実現です。具体的には2.に記載の施策の実現に向け、両社共同で推進していくことに合意いたしました。

 
  • 2.業務提携の主な実施事項

(1)地方に集積する中小企業向けDX(地方銀行との連携)

雇用の創出を含め、地域経済の中核的な担い手である中小企業のDXは極めて重要な経営テーマです。それには様々な理由がありますが、総務省の個人企業経済調査などによると、2025年には約245万人の中小企業経営者が70歳を超え、その半数は後継者が決まっていないという状況になると予測されており、企業の経営改革を行い、次世代にバトンを渡す手段としてDXは有効だからです。チェンジのDXプロジェクトに対する知見と当社の中小企業向けサービス提供の豊富な経験を組み合わせ、地域に密着した地方銀行と連携しながら、中小企業の経営を持続可能な状態にするDXサービスを展開します。

(2)補助金・助成金領域のDX(自治体との連携)

上述したように、当社にはコロナ禍で取り扱いが増加した「Jコンサルティング」・「Jシステム」といった補助金・助成金の活用支援ソリューションがあり、そのノウハウや経験の蓄積は国内でもトップレベルです。しかしながら、補助金・助成金は中央政府によるものだけでなく、都道府県や市町村といった自治体が提供するものも多く、地方の中小企業に対しては、より総合的な支援・地域に密着した支援が求められます。そのため、チェンジ及びその子会社のトラストバンクのネットワークを活用し、日本全国の自治体の補助金・助成金の活用に関するDXを推進します。従来、補助金・助成金の活用は複雑な手続きを要求されており、企業にとって活用のハードルが高いという認識がありましたが、デジタル活用によって、企業の補助金・助成金活用を円滑化したいと考えております。

(3)DXプラットフォームの提供(大手企業との連携)

両社のソリューションの目利き力や活用ノウハウを基礎に、中小企業と広範なネットワークを有する大手企業とのコラボレーションを推進します。大手企業にとって、中小企業は顧客基盤というだけでなく、サプライチェーンや販売・サービス網として、大切なビジネスパートナーです。主に数十万社レベルの顧客基盤・取引先基盤を有する大手企業を対象に、中小企業DXプラットフォームを共同で構築し、中小企業のDXをスピーディに実現させるための仕組みを構築します。
 
以上のような取り組みにより、さらなる中小企業およびその経営者の皆様を支援することが出来ると考えております。

 
  • 3.資本提携の内容

当社の代表取締役社長であり主要株主である白石崇が所有する当社株式の一部を市場外の相対取引によりチェンジに譲渡します。(58,060株。当社発行済株式総数に対する割合:2.0%)。さらに今後チェンジは市場買付により当社株式を取得する予定です。(84,100株を上限に取得。当社発行済株式総数に対する割合:2.8%)

 
  • 4.経営者のコメント

株式会社チェンジ 代表取締役兼執行役員社長 福留大士様

これまで当社では、中小企業を対象にしたDXサービスを展開したことはありませんでした。しかしながら、当社グループが地域創生を成し遂げる上で、地域の中小企業へのDX支援は不可欠のものと考え、ライトアップ様との資本業務提携に至りました。ライトアップ様は中小企業向けのDXに関する深い知見と幅広い経験を有することから、当社の事業との間で大きな相乗効果を生み出すものと確信しております。今後の両社の協業が発展的なものになるよう、頑張って参ります。
 

株式会社ライトアップ 代表取締役社長 白石崇

チェンジ様のビジョンとは芯の部分で当社と非常に近しいものがあると感じ、強い共感を覚えております。
これまで当社は、中小企業様へのDX支援に特化し一定の成果を上げておりました。一方で、そのノウハウを体系化し更なる“面”での展開に対して、課題を感じておりました。
この提携により、チェンジ様のノウハウを吸収、発展させることで“全国、全ての中小企業を黒字にする”未来に近づけるものと思っております。
今回、資本業務提携という形でご一緒できることを心から喜ばしく思っております。


■会社概要
株式会社ライトアップ https://www.writeup.jp
ライトアップが実現したいこと  http://j.writeup-lab.jp/
資本金:3億8,638万円
市場:東証マザーズ 証券コード6580
所在地:東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー32F

代表者:代表取締役社長 白石崇
事業内容:DXソリューション事業(ITを活用した中小企業向け経営支援)、コンテンツ事業(受託制作)

■お問い合わせ
https://www.writeup.jp/contact/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)ライトアップ(証券コード:6580) >
  3. 株式会社チェンジとの資本業務提携に関するお知らせ