アジアクエストが「XRシティ™OSAKA-UMEDA」プロジェクトに参画し、XRアプリを提供

IoT、AI等のデジタル技術を活用して企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を支援するアジアクエスト株式会社(本社所在地: 東京都千代田区飯田橋 代表取締役: 桃井純 以下、アジアクエスト)は株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、株式会社阪急阪神百貨店(以下、阪急阪神百貨店)、阪急阪神不動産株式会社(以下、阪急阪神不動産)の3社が取り組むXR※1 体験イベント「XRシティ™OSAKA-UMEDA」プロジェクトへ、クラウドサーカス株式会社(本社所在地:東京都新宿区 代表:北村健一)と共同で開発したスマートフォンアプリ「XRシティ™」※2を提供いたしました。
アジアクエスト ⇒ https://www.asia-quest.jp/


■「XRシティ™SHINJUKU」第2期プロジェクトに引き続きスマートフォンアプリ「XRシティ™」を提供
「XRシティ™OSAKA-UMEDA」は2021年12月7日(火)から2022年1月10日(月)まで開催されます。
阪急うめだ本店をはじめとした梅田エリアに設ける4か所の体験スポットにて、専用アプリ「XRシティ™」をダウンロードした体験者自身のスマートフォンをかざすことで、XR技術を用いた様々なコンテンツをお楽しみいただけます。

1. アニメージュとジブリ展との連動コンテンツ(体験スポット:阪急うめだ本店屋上広場、阪急サン広場、うめきた外庭SQUARE)
2021年12月9日(木)~2022年1月10日(月)に、阪急うめだ本店 阪急うめだギャラリー、うめだホールにて開催される「アニメージュとジブリ展」と連動し、ここでしか見られない特別なコンテンツを公開いたします。「アニメージュとジブリ展」の展示作品である『天空の城ラピュタ』に登場するラピュタをイメージした造形物をXRコンテンツ化し、梅田の上空に浮かぶラピュタの造形物を3Dで見ることができます。また、『風の谷のナウシカ』『じゃりン子チエ』『天空の城ラピュタ』といった歴代のアニメージュの表紙が梅田エリアのさまざまな場所に表示され、街歩きを楽しみながら表紙と一緒に写真が撮ることができるフォトラリーもございます。

2.クリスマスイルミネーションに降る雪(体験スポット:阪急うめだ本店・祝祭広場)
阪急うめだ本店・祝祭広場でスマホをかざすことで、祝祭広場に雪が降る季節感あふれるエフェクトが重なります。毎年恒例のクリスマスマーケット期間は、クリスマスイルミネーションにデジタルエフェクトを重ねてお楽しみいただけます。

3.アート&空間らくがき:はばたく翼(体験スポット:阪急サン広場)
阪急サン広場に、デジタルアート「はばたく翼」が出現。象徴的なモニュメントである「梅田イス」とコラボした新たなフォトスポットとしてお楽しみいただけます。

4.キャラ(体験スポット:阪急サン広場、うめきた外庭SQUARE)
ドコモのキャラクター「ポインコ兄弟」が梅田に3Dモデルで出現。リアクションをお楽しみいただけます。

本アプリは12月7日より各アプリストアからダウンロードしてお楽しみいただけます。協力施設・協力企業の広告・クーポンが現実空間のなかに表示される機能もあり、取得したクーポンは実際の店舗で利用することができます。
なお、アプリのご利用は無料で、体験はどなたでも参加可能です。イベントには、ご自身のスマートフォンで期間内いつでも参加できるため、接触や密を避けながら、エンタメ体験をお楽しみいただけます。
 

 

■XRシティ™ OSAKA-UMEDAプロジェクトとは

本イベントは、XRによって普段の街をもっと楽しく便利にすることをめざすドコモの取組み「XRシティ」の一環として、前回新宿で開催された「XRシティ™ SHINJUKU」に続き、梅田エリアで実施します。なお、イベント期間中は、VR空間プラットフォーム「DOOR™」※3 でもイベント情報をご覧いただくことが可能です。
ドコモ・阪急阪神百貨店・阪急阪神不動産の3社は、「XRシティ™OSAKA-UMEDA」の開催を通して、XRを用いて街を回遊しながら楽しめるイベントの可能性や、梅田エリアでのXRのさらなる活用方法を検証し、梅田エリアの継続的な活性化に貢献します。

公式ウェブサイトはこちら https://xr.docomo.ne.jp/xrcity-osaka_umeda/

■アジアクエスト株式会社について
アジアクエストは、企業のDXを支援する「デジタルインテグレーター」です。通常のシステムインテグレーションだけではなく、お客様のDXを共に考えるコンサルティングから、DXに必要なデジタルテクノロジーを駆使したシステムの設計、開発、運用までを一貫して請け負います。
IoT、AI、Cloud、Mobile、Web、UI/UXの各デジタル分野の専門テクノロジーチームを有し、お客様のゴールに向けて最適なプロジェクトチームを編成します。DXに関する豊富な知見と幅広い技術力により、ビジネスモデルの有効性や技術的な課題を検証する為のPoCの実施やデジタルに対応した大規模なシステムの構築まで、スピーディーな対応が可能です。

※1 XRとは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)といった先端技術の総称です。
※2 「XRシティ™」は、株式会社NTT ドコモの商標です。
※3 「DOOR™」は日本電信電話株式会社が提供するVR空間プラットフォームです。

---

プレスリリースのダウンロードはこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d19319-20211207-a62125473ee9744a18b248d2f023ce7f.pdf

当社の最新ニュースはこちらからご確認ください。
https://www.asia-quest.jp/news

---

※本文中、会社名の表記に誤りがありましたので、お詫びと共に下記にて訂正申し上げます。
誤 スターティアラボ株式会社
正 クラウドサーカス株式会社
訂正日時 2021年12月7日 17:50
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アジアクエスト株式会社 >
  3. アジアクエストが「XRシティ™OSAKA-UMEDA」プロジェクトに参画し、XRアプリを提供