長期滞在専門ホテル予約サイト「Monthly Hotel」が、予約状況を公開

2021年1月、予約金額は、前月比10.9倍に増加。1か月67,500円~滞在可能、ホテル暮らしは憧れから“身近”に

 メトロエンジン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:田中良介、以下メトロエンジン)と、BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社で、日本の魅力を世界に拡げ、インバウンド市場成長の加速を支援するBEENOS Travel(ビーノス トラベル)株式会社(代表取締役社長:竹内 拓、以下BEENOS Travel)が運営する、2週間以上の長期予約がリーズナブルな長期滞在専門予約サイト「Monthly Hotel(マンスリーホテル、URL:https://monthlyhotel.jp/)」は、話題の「ホテル暮らし」や、「ホテルへの長期滞在」の状況を公開するため、2021年1月の予約動向について発表いたします。

 

 Monthly Hotelは、新型コロナウイルス感染拡大の影響により宿泊需要が大幅に減少したことを受け、メトロエンジンとBEENOSグループが共同事業としてリリースした長期専門のホテル予約サイトです。本サイトでは立地やセキュリティ、衛生面やサービス、付帯設備の充実など多くの魅力を持つホテルの新たな価値を創出するため長期宿泊のプランを提供、Monthly Hotel を利用して予約すると、1か月67,500円より、ホテルに滞在いただけます。これにより、国内外の旅行客やホテル暮らしのハードルを下げ、業界一丸となってホテルを身近に感じていただけることを目指しています。

 2020年12月のホテル業界全体の予約状況は前年同月対比49.8%(メトロエンジン調べ)と落ち込んでおり、緊急事態宣言の影響もあり苦しい状況です。一方、Monthly Hotelの2021年1月の予約金額は前月比10.9倍と増加し、平均宿泊数に関しても当サイトの予約可能最低日数である14泊を大きく超過した27.4泊となり、長期滞在への需要を感じさせる結果となりました。特に長期プランとして1泊当たりの宿泊値((Average Daily Rate:平均客室単価))の最安値より20%以上の割引提供を行った施設には100泊以上の宿泊予約が入るなど、ホテルは「宿泊」するだけでない新しい価値の提供を求められています。

 Monthly Hotelは11月1日にサービスを開始いたしましたが、サービスの構想ならびに開発開始当初、ホテルの長期プランは業界にとってまだ新たな挑戦でした。現在では多くのホテルがプランを設定のうえお客さまの取り込みを図っており、家賃並みのプランも増加しております。今後もMonthly Hotelは、ホテル業界と共に新たな生活様式である「ホテル暮らし」を身近に感じていただけるようサービスの向上を図るとともに、宿泊施設事業者にとっても稼働率を安定させるサポートとなるよう事業を展開してまいります。​

2021年1月の予約動向
 

■予約金額前月比 (2020年12月比)
2021年1月の合計予約金額は、2020年12月1日~31日間の予約金額に対し、10.9倍に伸長いたしました。「ホテル暮らし」は、サービスを開始した11月1日以降ユーザーにとって徐々に身近になり、関心が高まっていることが伺えました。

 


■平均宿泊数 27.4泊(2021年1月1日~31日の期間の予約より算出)

Monthly Hotelでの平均宿泊数(予約)は、当サイトの予約可能最低日数である14泊を大きく超過した27.4泊となり、約1ヶ月間という長期予約を行うお客様を中心にご利用いただきました。

 

■Monthly Hotel 連携施設数は1.44倍に、長期プラン策定にホテルが積極的 

2021年1月31日時点の掲載施設数は、サービス開始時(2020年11月1日時点)の129施設より、1.44倍となる、187施設に増加しました。長期プランの策定に取り組むホテル数は増加しています。今後も順次新たな施設やプランの公開を予定しております。


■ホテル業界全体の予約状況の推移(メトロエンジン)
メトロエンジン株式会社 代表取締役CEO 田中 良介
ホテル業界全体の予約状況は2020年3月から5月にかけて予約件数が激減、緊急事態宣言解除後は感染者が減少したことに加え、GOTOキャンペーンの効果もあり人の動きは少し戻り宿泊施設の予約件数も回復基調に向かいました。しかし、第三波の影響により直近月は落ち込んでおります。

 

 

そんな中でも長期の需要は少しずつ伸長しており、ホテルへの新たなニーズが顕在化してまいりました。多くのメディアでホテル滞在が取り上げられるなど、需要喚起が進んでおります。
コロナ以前からも供給過剰気味だった空室を埋めることで、REVPARの機会損失を防ぎ、来たるコロナ後のキャンペーン需要やインバウンドのリバウンド需要に備え、経営体制を整える事ができるのではないでしょうか。

 

 
「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」とは  URL: https://monthlyhotel.jp/

① 2週間以上半年以内の長期予約がリーズナブルな長期滞在専門ホテル予約サイトです。サイト内には、長期利用が可能なホテルのみが掲載され、現地決済にも対応。1泊当たりの宿泊値(ADR)の最安値より20%以上割引したお得なプランを提供します。会員登録費や水光熱費など無駄な手数料もかかりません。
② 2021年1月31日時点で、都心やリゾート地など、全国43都道府県に跨る、約187施設と提携しており、ビジネスホテル、旅館、リゾートホテルなど豊富な様々なニーズに対応。無料Wifi や温泉、アメニティの有無も確認することができ、ユーザーにマッチする宿泊施設選びが可能に!豊富な施設数からお選びいただけて、即日より予約が可能なため、住み替えにも適しています。 
③ Googleホテル広告のインテグレーション・パートナー事業者が運営するため、Google検索からも宿泊プラン予約が可能でシームレスな検索も可能に

 

 
「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」サービス開発の背景
 
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、様々な業界が新たな価値の創出を求められています。宿泊需要も大幅に減少したことを受け、メトロエンジンとBEENOSグループは、両社の業界ネットワークや、グローバルなサービス運営のノウハウを活かした共同事業としてMonthly Hotelサービスを開始しました。日本のホテルは、衛生面やサービスなど高いホスピタリティを誇る、貴重な存在であり、一刻も早い安定稼働が求められます。本予約サイトは、宿泊施設の可能性を引き出すことで、ユーザーにとって利便性の高いサービス提供を実現し、今後新たな生活様式を提案してまいります。これにより、国内外の旅行客やホテル暮らしのハードルを下げ、業界一丸となってホテルを身近に感じていただけることを目指してまいります。また、宿泊施設事業者にとっても稼働率を安定させるサポートとなるよう事業を展開してまいります。
今後の展開として、自治体との取り組みの推進や、海外旅行客にも利用しやすいサービスを目指し、言語の追加や海外で主流の決済方法なども順次取り入れてまいります。
 
■参画のお問い合わせについて
「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」ホテル・旅館など宿泊事業者様のご参画に関するお問い合わせ先はこちら
 
【メトロエンジン株式会社の概要】
メトロエンジンは、ビックデータから人工知能・機械学習を活用し、客室単価の設定を行うレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」をホテルなど宿泊事業者に提供しており、現在では国内でも有数のホテルチェーン50社以上と契約しご利用いただいております。昨今では、様々な分野において需給に合わせたダイナミックプライシングの有用性が評価されはじめておりますが、メトロエンジンはホテル業界の他にもレンタカー業界や、高速バス業界などを対象とした事業も展開しております。
 
社名:メトロエンジン株式会社 
代表者:代表取締役CEO 田中 良介
本社所在地:東京都港区南青山3丁目8−40 青山センタービル 2階
設立:2016年10月
 
【BEENOS Travel株式会社の概要】
BEENOSはテクノロジーでモノ・人・情報を「日本から海外へ」、「海外から日本へ」と双方向に繋ぐグローバルなビジネス展開を強みとしており、BEENOS Travelでは人の体験をクロスボーダーさせる、インバウンドおよびトラベル事業の企画・開発を行っております。運営する訪日旅行メディアサイト「旅行酒吧(トラベルバー)」は月間PV550万と台湾屈指の訪日メディアです。
本事業はBEENOSグループで新規事業を手掛けるBeeCruise株式会社より2021年2月1日に事業移管を行い、BEENOS Travelにて運営をしております。
 
社 名 : BEENOS Travel株式会社
代 表 者 : 代表取締役社長 竹内拓
本 店 所 在 地 : 東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー6F
設 立 年 月 : 2019年12月
  1. プレスリリース >
  2. メトロエンジン株式会社 >
  3. 長期滞在専門ホテル予約サイト「Monthly Hotel」が、予約状況を公開