第42回出光イーハトーブトライアル大会に協賛

~岩手の大自然とオートバイを感じ、次世代を育む大会を盛り上げます~

出光興産(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤俊一)は「本物のトライアルスピリットを次世代へ」をコンセプトとする「第42回出光イーハトーブトライアル※1大会」に冠協賛いたします。
大会ではトップライダーをはじめとする参加者が技を競うほか、小学1年生以上を対象としたプログラムの拡充によるモータースポーツ文化の振興を応援いたします。
イーハトーブトライアル大会は1977年より開催され、岩手県の雄大な自然を舞台に、自然と調和したモータースポーツの魅力を味わえるツーリングトライアル※2大会として、世界有数の参加者数を誇ります。競技が開催されるコースの多くは大会期間中に限り、岩手県の方々の協力のもと、特別に私有地や管理地を走らせていただいており、地域に支えられた大会となっています。
 

 

自然を前に臨む「子どもアドベンチャートライアルスクール」自然を前に臨む「子どもアドベンチャートライアルスクール」


第42回大会は8月25、26日に開催され、「本物の提供」と「次世代の育成」をテーマに、過去の開催で好評だった「親子バイク教室」「子どもアドベンチャートライアルスクール」の参加人数を増やしております。

同スクールではプロライダーがインストラクターを務め、次世代を担う子ども達に、モータースポーツの魅力を伝えていきます。
 


 

 

「親子バイク教室」お父さんお母さんがトライアルデビューをサポート「親子バイク教室」お父さんお母さんがトライアルデビューをサポート


本大会に先立ち6月24日(日)に宮城県・スポーツランドSUGOで開催された「プレイーハトーブ」が開催されました。本件の関連動画を、当社公式Facebookページ「出光おでかけ部」 に掲出し大会を応援してまいります

https://www.facebook.com/odekakebu/  (7月13日以降掲載予定)

当社は、今後も協賛活動と様々なPR活動を通じモータースポーツ文化の発展と次世代育成に貢献してまいります。

以 上

 

※1:トライアルは、高低差や傾斜が複雑に設定された区間を、足を接地せずオートバイに乗ったまま抜けることが出来るかを競うモータースポーツ

※2:ツーリングトライアルとは、一般道や林道、けもの道など、主催者が設定したコースを走行しながら規定のセクションを消化し移動する競技
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 出光興産株式会社 >
  3. 第42回出光イーハトーブトライアル大会に協賛