OPPO、系列ブランドを合わせて2021年5月に世界第二位に到達。

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、OPPOは子会社を合わせて(OPPO、OnePlus、realme)2021年5月にスマートフォングローバル市場で第二位となり、販売台数の16%シェアを獲得したという調査結果を含むMay Monthly Market Pulse Reportによる最新調査を発表致しました。
販売台数シェアでは、OPPOの次をAppleが15%で追い、Xiaomiは14%で第4位となりました。

スマートフォングローバル市場シェア OPPOグループ、Apple、Xiaomiの比較

出典:カウンターポイント社Market Pulse

カウンターポイント社シニアアナリスト、Jene Park氏は次の通りコメントしています。
「OPPOとその子会社を合わせると、スマートフォングローバル市場における販売で4月と5月にAppleとXiaomiを抜き、世界第二位となった。これは、高級ブランドOnePlusや値ごろなrealmeを含めた、同社の複数ブランド戦略の成果である。」同氏は、OPPOの今後に関して「OPPOファミリーは、Huawei以来の中国発大型ブランドになる可能性がある。」と語っています。

OPPOは世界戦略の一環として、下記ブランドを展開しています。
  • OPPO ― オフライン(リアル店舗)販売で、中位~低価格スマートフォンを扱う。
  • realme ― オンライン(ネット)販売で低価格スマートフォンを扱う。100%子会社。
  • OnePlus ― 高級スマートフォン。OPPOと経営統合(これまでは資本として同じホールディングの下であったが、経営は独立していた)。
上記ブランドはそれぞれ個別にブランド認知度を高めており、この戦略は効果が出ていると言えます。

OPPOグループのスマートフォングローバル市場におけるシェア

出典:カウンターポイント社Market Pulse


【カウンターポイント社概要】
Counterpoint Technology Market ResearchはTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社である。主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、月報、個別プロジェクト、およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供している。主なアナリストは業界のエキスパートで、平均13年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持つ。
公式ウェブサイト: https://www.counterpointresearch.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Counterpoint Technology Market Research Limited >
  3. OPPO、系列ブランドを合わせて2021年5月に世界第二位に到達。