LayerX、ネプチューンが経理担当を熱演する「バクラク請求書」のテレビCMを1/22(土)から放送開始

「ハタラクをバクラクにしたい」株式会社LayerXが提供する、請求書受取業務の効率化を通じて経理DXを推進するサービス「バクラク請求書」のテレビ CMを2022年1月22日(土)より放送いたします。放送に先立ち、1月20日よりバクラク請求書のサービスサイト(https://bakuraku.jp/cm)およびYouTubeにてCMで放映される動画を公開しました。CMでは、経理業務が楽しくなる様子を表現するために、いつも笑顔なトリオ、ネプチューンの名倉潤さん、原田泰造さん、堀内健さんを起用しました。



■ CM概要

タイトル    :「煩雑な請求書処理」篇(30秒、15秒)、「健はどこ?」篇(30秒、15秒)、「ちゃんとやってくれよ〜」篇(30秒、15秒)
放送開始日 :2022年1月22日(土)より順次
放送エリア :関東エリア


■ CM企画の背景

テレワークの拡大やITツールの導入によって、さまざまな職種で新しい働き方を選択できるようになりました。一方で経理業務は社内のパソコンで作業をするためにオフィス出社が求められ、またとりわけ請求書処理は各項目を手入力するため、経理担当の方々における新しい働き方の実現を困難にしている背景があります。

請求書受取業務の効率化を通じて経理DXを推進する「バクラク請求書」は、経理担当の方々における上記の課題を解決するためにサービスを提供しています。

いつも笑顔でユーモラスな芸風を特長とするネプチューンのお三方を経理担当役として起用することで、「経理業務が楽しくなる」ことを多くの方に知っていただきたいと考え、今回のテレビCMを企画しました。


■ CMストーリー

経理部部長役の名倉さん、経理担当役として請求書処理業務を担当する原田さんと堀内さん。原田さんと堀内さんは、頻発する入力ミスや時間がかかる過去の仕訳の確認にしびれを切らし、「経理だって完璧じゃないのよぉ」と気持ちが沈んでしまいます。その後、「バクラク請求書」を導入したことにより、請求書処理の悩みが解決され、経理業務が楽しくなった様子をメロディーに乗せて表現しています。ぜひご覧ください。

・「煩雑な請求書処理」篇
 


大量の請求書を渡されて、処理をする原田さんと堀内さん。煩雑な請求書処理に「めんどくさーーーいっ!!!」と叫んでしまいます。そして、上司の名倉さんから容赦ないダメ出しがあります。その後、バクラク請求書を導入することで、請求書処理の悩みが解決されて3人は笑顔になります。

・ 「健はどこ?」篇
 


堀内さんを探す原田さん。名倉さんに居場所を聞くと、シュレッダーに隠れていることがわかりました。堀内さんに隠れていた理由を聞くと、毎月大量の請求書処理をしないといけない上、ミスが許されないことが辛かったようです。バクラク請求書を導入することで、堀内さんをはじめとする3人は明るく経理業務に取り組めるようになります。

・ 「ちゃんとやってくれよ〜」篇
 


慌ただしく目の前に広がっている請求書の処理をする原田さんと堀内さん。2人のミスを指摘した名倉さんは「ちゃんとやってくれよ〜」と呆れます。バクラク請求書を使うことにより、爆速で請求書処理ができるようになり、余裕が持てるようになりました。


■ CM動画リンク一覧

「煩雑な請求書処理」篇(30秒)
URL: https://youtu.be/CeDL8kjQ3hg
「煩雑な請求書処理」篇(15秒)
URL: https://youtu.be/x5EWsm0SFGA

「健はどこ?」篇(30秒)
URL: https://youtu.be/rYVG0-qryVg
「健はどこ?」篇(15秒)
URL: https://youtu.be/1A5KNFysgw8

「ちゃんとやってくれよ〜」篇(30秒)
URL: https://youtu.be/D2U2FprXDPk
「ちゃんとやってくれよ〜」篇(15秒)
URL: https://youtu.be/Ght3qnXPFZU


■ 出演者プロフィール

ネプチューン(ワタナベエンターテインメント所属)
 


原田 泰造(はらだ たいぞう)<写真左>
1970年3月24日生まれ、東京都出身
名倉 潤(なぐら じゅん)<写真中央>
1968年11月4日生まれ、兵庫県出身
堀内 健(ほりうち けん)<写真右>
1969年11月28日生まれ、神奈川県出身

名倉潤、原田泰造、堀内健からなるトリオ。1993年結成。
現在、フジテレビ系列「ネプリーグ」や日本テレビ系列「しゃべくり007」など多数のレギュラー番組で活躍中。個人の活動として、名倉は2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」にレギュラー出演し好演。原田も映画やドラマなど数々の作品で主演を務めるなど俳優としても高い評価を得る。堀内は2021年秋にスタートした自身の冠番組であるテレビ朝日「ホリケンのみんなともだち」で話題を集める。公式YouTubeチャンネル「ホリケンチャンネル」もスタートさせ、それぞれトリオのみならず個人としても活躍を続けている。


■ 出演者からのコメント

<名倉 潤さん>
僕は今回、健と泰造の上司役なのですが、
「もっと部下に優しく接してあげて!」と思いながら演じていましたね。
世の中の上司の方々は、部下が困っていても優しく悩みを聞いてあげて欲しいです(笑)
3人で歌も歌ったり、バクラクシリーズ初のイメージキャラクターとして、皆さんに良い意味で印象付くとても楽しいキャッチーなCMになっていると思います。ぜひご覧ください!

<原田 泰造さん>
今回、健がシュレッダーに入って落ち込んでいるシーンがあるのですが、健の落ち込んでいる表情が1番の見どころですね(笑)
大量の請求書処理に追われて、辛さのあまりシュレッダーの中に逃げ込んでしまうのですが、企業に勤めていらっしゃる方々も逃げ込みたくなるくらいに、日々さまざまな処理に悩んでいると思うと、一刻も早く「バクラク請求書」を導入して気持ち良く仕事をしていけるようになって欲しいです!

<堀内 健さん>
久しぶりに3人でのCM撮影でした。
3人それぞれのキャラクターに合っている役柄で、撮影も楽しく出来ました。
監督さんも撮影中にどんどん僕たちを褒めてくれるので、ノリノリで撮影に臨めました!
一度目にしたら印象に残ってもらえるCMになっていると思います!
3人で今回のテーマソングも歌っているので楽しみにしてください。

※本テレビCMの撮影は感染症対策を十分に行った上で実施しました。


■「バクラクシリーズ」について

「バクラク請求書」は、請求書受取業務の効率化を通じて経理DXを推進するサービスです。請求書の受取り後、AI-OCRで請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行します。

さらに手間のかかる申請・承認作業を効率化することで事業部門を支援するとともに、稟議システムと会計システムのデータの分断による非効率を解決し、経理処理を効率化する次世代の稟議システム「バクラク申請」や、2022年1月1日施行の電子帳簿保存法に対応し請求書や領収書等の電子保管を可能にする「バクラク電子帳簿保存」などの提供を通じて、コーポレートDXを支援しています。

お問合せはこちら:https://bakuraku.jp/invoice/contact


■ 株式会社LayerXについて

「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに、業務や生産をはじめとした経済活動の摩擦を解消し、この国の課題である生産性向上を実現するべく、様々な産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しています。SaaS事業においては、請求書の受け取りから経理の会計処理・支払処理を一気通貫で自動化する「バクラク請求書」をはじめコーポレートDXを支援するサービスを提供しています。

[設立]2018年8月
[代表者名]代表取締役CEO 福島良典
[資本金]31億円(資本準備金含む)
[事業内容]「バクラク請求書」「バクラク申請」「バクラク電子帳簿保存」の提供(SaaS事業)、アセットマネジメントを扱う合弁会社の運営(Fintech事業)、プライバシーテックのR&Dと事業化(Privacy Tech事業)
[コーポレートサイト]https://layerx.co.jp/ 


■ LayerX 採用情報

LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。
バクラク請求書の本提供開始に伴い、ソフトウェアエンジニアをはじめとしたあらゆる職種において採用活動を強化しています。ご興味をお持ちの方は以下よりエントリーをお待ちしています。
https://jobs.layerx.co.jp/


■ 本サービスに関するお問合せ

バクラク請求書に関するお問合せ:https://bakuraku.jp/invoice/contact


■ 本プレスリリースに関するお問合せ

pr@layerx.co.jp(担当:広報)
  1. プレスリリース >
  2. LayerX >
  3. LayerX、ネプチューンが経理担当を熱演する「バクラク請求書」のテレビCMを1/22(土)から放送開始