40年以上続く、ソニーグループのチャリティプログラム 第44回 『愛の泉』 開催 ~東日本大震災。その復興支援、被災地の次世代を担う子どもたちの支援のために~

main image
40年以上続く、ソニーグループのチャリティプログラム
第44回 『愛の泉』 開催
~東日本大震災。その復興支援、被災地の次世代を担う子どもたちの支援のために~
開催期間:2011年11月30日(水)~12月25日(日) 
場所:銀座 ソニービル


東京・銀座 ソニービルでは、2011年11月30日(水)~12月25日(日)の期間、ソニーグループ21社2財団の共催でチャリティ募金イベント「第44回愛の泉」を実施いたします。
ソニービル屋外のイベントスペース「ソニースクエア」では白・青・緑の4万球のLEDを使用したオブジェを展示するクリスマスイルミネーションが登場し、募金を呼びかけ、募金をすると光の演出が楽しめます。

1968年(昭和43年)から続く愛の泉(*1)、第44回を迎える今年は、「For the Next Generation」をテーマに次世代を担う子どもたちの支援をしているソニー株式会社と公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが設立した、東日本大震災復興支援プロジェクト“RESTART JAPANファンド”に寄付し、被災した子どもたちを支援するための活動に役立てられます。

今年は従来の募金方法(*2)に加え、ソネットポイントや「So-netハガキ作成」義援金付き年賀状のオンライン販売や、PlayStation®3向けカスタムテーマ販売の3つの方法が増えております。


*1 「愛の泉」は、“泉にコインを入れると幸運をつかむ”というイタリア・ローマ「トレビの泉」をヒントに、ソニースクエア(屋外イベントスペース)に設置する泉へ寄付金を入れてもらう募金スタイルで、1968年から毎年続けているチャリティ活動です。

*2募金方法は、現金の他、電子マネー「Edy」、募金受付口座を用意しておりますので、ソニービルへご来館いただけない場合でも募金が可能です。


~Dream Xmas 2011~ 募金をすると光の演出が!

ソニービルでは、「第44回 愛の泉」と同期間、「Dream Xmas 2011」を実施いたします。募金箱を設置するイルミネーションは、ソニーのAR(*3)技術を使用した光の仮想空間とクリスマスオブジェのコラボレーションを実現。華やかで幻想的な光の演出をお楽しみいただけます。また、募金箱に募金をすると、壁面に設置されたLEDの光の演出が楽しめます。

「Dream Xmas 2011」について詳しくはこちら 
http://www.sonybuilding.jp/campaign/christmas2011/

*3 ARとは、「Augmented Reality」の略称。カメラで撮影した際、画面に通常の視覚では知ることができない情報や仮想的な物体などの付加情報を表示させることができる「拡張現実感」を意味する。


■第44回 『愛の泉』 実施概要 http://www.sonybuilding.jp/csr/ainoizumi11/

・日時 : 2011年11月30日(水)~12月25日(日) 11:00~23:00
・場所 : 東京・銀座 ソニービル 東京都中央区銀座5-3-1 TEL 03-3573-2371(代)
・主催 : ソニー企業株式会社(ソニービル)
・共催 : ソニーグループ21社2財団 
・協力 : ソニービル18店舗


---------------------------------------
<募金方法>

①現金(ソニービル1階ソニースクエア募金箱、ソニービル館内18店舗)

②電子マネー「Edy」(ソニービルホームページ及びソニービル1階エントランスホール設置「Edy」端末)

③銀行振込み(ソニー銀行「第四十四回愛の泉募金受付」口座)
<振込先> ソニー銀行 本店営業部  普通 3992321 口座名義:ダイ44カイアイノイズミボキン

④So-net義援金付き年賀状(「So-netハガキ作成」) 
「So-netハガキ作成」は、WEB上から年賀状が作成から投函までできるサービスで、日本郵便発行の「お年玉付き年賀はがき」に印刷されて発送されます。今年度は、1枚につき20円(税込)の義援金付きの年賀状を発売しています。

※募金金額と同額をSo-netからも募金する、マッチング募金となります。
【期間】2011年11月1日(火)~2012年1月16日(月)
詳しくはこちら http://www.so-net.ne.jp/postcard/

⑤ソネットポイント募金 ※So-net会員様のみ
ソネットポイントを使って募金ができます。お申し込みいただいたポイントを1ポイント1円として、皆さまを代表してSo-netが愛の泉への募金をおこないます。

【期間】2011年11月30日(水)~2012年1月16日(月)
詳しくはこちら http://www.so-net.ne.jp/point/use/fund/

⑥PlayStation®3向けカスタムテーマ販売 ※PlayStation®3ユーザーのみ 
【期間】2011年12月 1日(木)~2011年12月22日(木)
詳しくはこちら http://www.jp.playstation.com/psn/store/


<募金寄付先>
東日本復興支援プロジェクト “RESTART JAPANファンド”  http://www.savechildren.or.jp/restartjapan/
                
<募金でプレゼント>
期間中ソニービルにて、募金した方先着800名様に “RESTART JAPAN”の缶バッチをプレゼント。  

募金場所 : ソニースクエア・1Fインフォメーション・ソニービル館内店舗の募金箱
プレゼント引換:ソニービル1Fインフォメーション (11/30~12/25 11:00~19:00 )

---------------------------------------

【Message to Japan】
世界の人々から東日本大震災の被災者に応援メッセージを送ろう。
メッセージの書込みはこちら http://messagetojapan.sony.com/

集めたメッセージは、12月に予定されている岩手、宮城、福島3県で行われるFIFAクラブワールドカップのイベントにて、公開する予定です。
・日 時 : 12月3 日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日) 11:00~19:00
・場 所 : ソニービル1F エントランスホール


【チャリティイベントスケジュール】

■生トロ写真撮影会
ゲームソフト「どこでもいっしょ」シリーズのキャラクター“トロ”(*) と一緒に記念撮影ができます。

・日 時 : 12/4(日)12:00~/14:00~/16:00~
・場 所 : 1F ソニースクエア(屋外イベントスペース) ※雨天時は1Fエントランスホール
・参加方法 : 当日愛の泉に募金をしてくださった方の中から希望者に整理券を配布します。
・整理券 :各回30分前に、整理券を配布いたします。記念撮影後は募金のご協力をお願いいたします。

※撮影写真のプリントサービスは行いません。予め各自カメラのご用意をお願い致します。

*ゲームソフト「どこでもいっしょ」シリーズは、プレイステーションフォーマット専用のゲームシリーズです。「プレイステーション」および「PlayStation」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。また、「どこでもいっしょ」は同社の商標です。


■モモ妹と写真撮影会(プリントサービス付)
ピンクのクマがメールを運ぶ、でおなじみのPostPet生モモファミリーの「モモ妹(ももいもうと)」と一緒に記念撮影し、写真をプリントしてプレゼントいたします。

・日 時 : 12/7(水)13:00~/15:00~/17:00~ 各回30分
・場 所 : 1F ソニースクエア(屋外イベントスペース) ※雨天時は1Fエントランスホール
・参加方法: 各回30分前に、整理券を配布いたします。
        記念撮影後は募金のご協力をお願いいたします。
・整理券 : 各回30名様、それぞれ撮影開始時間の30分前から配布開始します。

この他、決まり次第、ソニービル愛の泉ホームページにてご案内いたします。


共催各社・協力店舗

【共催:ソニーグループ各社(順不同)】
ソニー株式会社、ソニーイーエムシーエス株式会社、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社、ソニーエンジニアリング株式会社、ソニー銀行株式会社、ソニー生命保険株式会社、ソニーセミコンダクタ株式会社、ソニー損害保険株式会社、ソニー・太陽株式会社、ソニーテクノクリエイト株式会社、ソニーバンク証券株式会社、ソニーPCL株式会社、ソニーファシリティマネジメント株式会社、ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社、ソニーマーケティング株式会社、ソネットエンタテインメント株式会社、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント、株式会社ソニーファイナンスインターナショナル、株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、株式会社フロンテッジ、財団法人ソニー音楽芸術振興会、公益財団法人ソニー教育財団

【協力:ソニービル店舗(順不同)】
あるでん亭、αコミュニティー銀座、銀座 天一、コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)、ザ・キッス アニバーサリー 銀座サロン、サバティーニ・ディ・フィレンツェ、スズキフロリスト、ソニーお客様ご相談カウンター、ソニーショールーム、ソニーストア 銀座、ソニーストア 銀座<ツーリストフロア>、パブ・カーディナル、PLAZA GINZA、マキシム・ド・パリ、マキシム・ド・パリ ケーキショップ、ミスターミニット、LightUP/Zekoo、ライフプランニング・スクエア


【RESTART JAPAN とは】
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンとソニー株式会社は、「RESTART JAPANファンド」を設立。これまでの被災地での支援活動を基盤として、東日本大震災で被災した子どもの保護とケア、教育、創造的活動を重点とした「RESTART JAPAN 支援プロジェクト」を展開します。

セーブ・ザ・チルドレンは、以前より緊急災害時において、子どもの保護とケアを最優先に支援活動を行ってきました。震災後間もなく、被災した子どもたちのために、避難所などに設置する安心・安全な空間「こどもひろば」を立ち上げたのをはじめ、子ども参加の支援活動を通して、常に子どもたちの声に耳を傾け、その声を政府や行政へ届けることで、子どもたちが希望の持てる社会の復興が実現されることを目指した支援活動を展開します。
ソニーグループ企業は、それぞれの特色を活かした活動を通して、このファンドに貢献します。
詳細はこちら http://www.savechildren.or.jp/restartjapan/


【セーブ・ザ・チルドレンとは】
セーブ・ザ・チルドレンは、子ども支援の国際NGO。すべての子どもの、生きる・育つ・守られる・参加する「子どもの権利」の実現を目指しています。1919年設立以来、90年以上にわたる活動は、子ども支援の世界的リーダーとして国連や各国政府からもその重要性を認められています。現在29カ国の独立した組織が連携し、世界最大のネットワークを活かして120カ国以上で活動をしています。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、1986年に設立。アジアやアフリカなどの事業地では日本人スタッフを派遣・駐在させ、教育・栄養保健・子どもの保護などの支援活動を行い、紛争や自然災害などの緊急時にも迅速に対応しています。東日本大震災では、震災翌日に緊急チームを立ち上げ、震災発生5日後には宮城県仙台市に最初の「こどもひろば」を開設しました。現在は、「子どもの保護」「教育」「子どもにやさしい地域づくり」を中心に5ヶ年計画で復興支援事業を展開しています。
詳細はこちら http://www.savechildren.or.jp/


~ For the Next Generation ~
ソニーは、「事業活動を行う世界の各地域において、ソニーの得意とする分野で、時代や社会のニーズに応える活動を行う」という基本方針に基づく社会貢献活動を実施しています。この中で、ソニーの持つビジネス資産である、技術、製品、更にはグループ社員の力を活かし、より効果的な活動を意識し実施しています。
ソニーのCSR活動 http://www.sony.co.jp/SonyInfo/csr/


  1. プレスリリース >
  2. ソニー企業株式会社 >
  3. 40年以上続く、ソニーグループのチャリティプログラム 第44回 『愛の泉』 開催 ~東日本大震災。その復興支援、被災地の次世代を担う子どもたちの支援のために~