Swiftの基礎知識を証明する資格「App Development with Swift」英語版の配信を開始


MOS、ACA、統計検定などCBT試験を実施・運営する株式会社オデッセイ コミュニケーションズ(本社 東京、社長 出張勝也)は、Swiftの基礎知識を証明する資格試験「App Development with Swift(英語版)」の日本国内での配信を開始します。

■App Development with Swiftとは
Appleが提供するSwift、Xcode、App開発ツールの基礎知識を証明する資格。2018年にアメリカで試験が開始され、2019年12月より日本国内でも英語版での受験が可能になります。日本語版の試験の開始については現時点では未定です。

試験公式サイト:https://www.odyssey-com.co.jp/app-dev-with-swift/

■試験概要
資格名: App Development with Swift
科目名: App Development with Swift Level 1
試験の言語: 英語
試験時間: 50分
出題形式: 選択式
受験料: 一般¥9,800(税別)/学割¥7,800(税別)
試験実施方式: CBT試験
試験会場: オデッセイ テスティングセンター 有楽町
合格認定証: デジタル認定証 ※Web上で確認できる資格取得の証明書
資格認定: Apple Inc.
試験運営: 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ

 申込み開始・試験開始ともに2019年12月10日を予定

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オデッセイコミュニケーションズ >
  3. Swiftの基礎知識を証明する資格「App Development with Swift」英語版の配信を開始