令和2年7月豪雨に対する寄付について

 令和2年7月豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆さまとご家族および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
 チューリッヒ・インシュアランス・グループの生命保険会社であるチューリッヒ生命と損害保険会社であるチューリッヒ保険会社は、令和2年7月豪雨に対する支援として、Z チューリッヒ基金※(所在地:スイス チューリッヒ市、以下:ZZF)より、日本レスキュー協会へ300万円を寄付いたしました。
※Z チューリッヒ基金(Z Zurich Foundation)は、チューリッヒ・インシュランス・グループ傘下の各社が出資する財団法人で、支援が必要な地域・コミュニティに対する資金援助や支援活動の推進に取り組んでいます。

 また、両社は令和2年7月豪雨に対する義援金を社員より募り、445,500円が集まりました。この金額に両社とZZFがそれぞれ同額を加えた計1,336,500円を日本赤十字社へ寄付します。

 被災地の1日も早い、復旧と復興をお祈り申し上げます。

チューリッヒ生命 日本支店(チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)について
チューリッヒ生命 日本支店は、チューリッヒ・インシュアランス・グループの日本における生命保険事業の主要拠点として1996年に設立されました。多くの働き盛り世代の方々に、「革新的な保障性商品」と「高品質なサービス(Z.Q. : チューリッヒ・クオリティー)」を乗合代理店、銀行窓販およびインターネットなど、「お客様にとって利便性の高い選択権の活かせるチャネル」を通じて、ご提供しています。

チューリッヒ保険会社について
チューリッヒ保険会社(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)は、チューリッヒ・インシュアランス・グループのアジアにおける重要拠点として、1986年、日本に設立されました。当社は、ダイレクトビジネス、提携ビジネス、代理店ビジネスなど、複数のチャネルを通じて個人のお客さまに幅広い保険サービスを提供しています。

チューリッヒ・インシュアランス・グループについて
チューリッヒ・インシュアランス・グループは、グローバル市場および各国市場において幅広い商品ラインアップを揃える世界有数の保険グループです。スイスのチューリッヒ市を本拠に1872年に設立され、およそ55,000人の従業員を有し、世界215以上の国と地域で、個人、そして中小企業から大企業までのあらゆる規模の法人およびグローバル企業のお客様に、損害保険および生命保険の商品・サービスを幅広く提供しています。持ち株会社であるチューリッヒ・インシュアランス・グループ社(銘柄コード:ZURN)はスイス証券取引所に上場しており、米国においては、米国預託証券プログラム(銘柄コード:ZURVY)のレベル1に分類され、OTCQXにて店頭取引されています。チューリッヒグループに関する詳しい情報はwww.zurich.comをご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. チューリッヒ生命 >
  3. 令和2年7月豪雨に対する寄付について