世界経済フォーラムの2020年テクノロジー・パイオニアにABEJAが選出

日本拠点企業では5社目

2020年6月16日、世界経済フォーラムが新興企業の中から選ぶ2020年の「テクノロジーパイオニア」の1社に、ABEJAが選ばれました。今後2年間、同フォーラムの関連イベントやプログラムに参加し、他のテクノロジー企業や専門家らとグローバルな課題の解決に取り組みます。

世界経済フォーラム「テクノロジー・パイオニア」とは

2000年に創設され、新技術やイノベーションの設計、開発、展開に携わり、ビジネスや社会に大きな影響を与えると期待されている世界の新興企業のなかから毎年数十社が選ばれています。


イノベーション、インパクト、リーダーシップのほか、「世界経済フォーラム」が設けている課題解決のプラットフォームとの関連性などに基づいて選出され、選出後2年間、フォーラムの活動やイベント、会議などを通じて産業界のリーダー、科学者、学術界、政府と協力し、グローバルな課題に取り組みます。このたびのABEJAの選出は、「AIと機械学習」に関するプラットフォームへの貢献に基づくもので、日本を拠点とする企業では5社目となります。

 

この20年間で多くのテクノロジー・パイオニアが各業界の発展に貢献しました。過去の選出企業には、Airbnb、Google、Kickstarter、Mozilla、Palantir Technologies、Spotify、TransferWise、Twitter、Wikimediaなどが名を連ねています。


今回の選出にあたり、世界経済フォーラム「グローバル・イノベーターズ・コミュニティ」責任者・スーザン・ネスビット(Susan Nesbitt)氏は「ABEJAをテクノロジー・パイオニアの20番目の仲間に迎えることができて心が躍ります」と話し「ABEJAとその仲間のパイオニアたちは、世界中で最先端の技術を開発しています。これらの企業は、自身のイノベーションにとどまらず、世界の現状改善に大きく貢献しています」と語っています。

今年選出されたテクノロジー・パイオニアに関するすべての情報はこちら

 https://widgets.weforum.org/techpioneers-2020/
過去のテクノロジーパイオニアの情報はこちら

https://www.weforum.org/communities/technology-pioneer

世界経済フォーラムについて

世界の現状改善にコミットし、官民協力をすすめている国際機関です。世界、地域、産業のアジェンダを形成するために、政治家、企業、その他のリーダーと連携して活動しています。


ABEJA 代表取締役CEO 岡田陽介のコメント
世界経済フォーラムからパイオニアとして認めていただき、大変光栄に存じます。当社がいち早くディープラーニングの可能性に着目し、ABEJA Insight for Retail やABEJA Platformの提供を始め、幅広い企業のAI導入支援を通じて社会・生活の改善に寄与していることが評価されたものと受け止めています。世界中で新型コロナウイルスの影響を受け、社会が大きく変わろうとしている現状を重く受けとめ、この課題に関するフォーラムの対話に貢献してまいります。

 

■株式会社ABEJAについて
「ゆたかな世界を、実装する」を理念に、AIを始めとする最先端技術で、産業構造の変革を追求している企業です。小売流通、製造、物流、インフラなど、幅広い業界のAIの導入、活用を一気通貫で支援しています。2018年12月には米Google社より日本で初めて出資を受けたほか、2020年6月、世界経済フォーラムの「テクノロジー・パイオニア」の一社に選ばれるなど、事業内容が国内外の企業・機関から評価されております。

代表者 :代表取締役社長CEO 岡田 陽介
所在地 :東京都港区白金一丁目17番3号 NBFプラチナタワー
事業内容 :AIの社会実装事業
URL :https://abejainc.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ABEJA >
  3. 世界経済フォーラムの2020年テクノロジー・パイオニアにABEJAが選出