医療保険と死亡保険には半数以上が加入、「がん」に対する不安が最も強い【「生命保険に対する消費者意識調査」結果公開】

住宅ローン利用者の約3割は、住宅ローンに付帯する「団体信用生命保険」について知らない。団信の検討・見直しで今よりも割安な保険に入れる可能性も

オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」を運営する株式会社MFS(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:中山田 明、以下「MFS」)は、「生命保険に対する消費者意識調査」を、全国の30代〜50代の男女481名に対して実施しました。
  • 医療保険と死亡保険には半数以上が加入、全世代通じて最も不安があるのは「がん」

死亡保険に加入している方は51.6%、医療保険は55.9%と半数以上の方が各保険に加入していることが分かりました。医療保険に加入している方に対して「どの疾病(状況)に不安があって医療保険に加入しましたか?」と聞いたところ、30〜50代ともに「がん」という回答が最も多く(30代:60.9%、40代:62.6%、50代:69.2%)、次いで30代では「けが」(27.6%)、40代では「なんとなく」(35.2%)、50代では「急性心筋梗塞」(22.0%)となりました。3番目に多かった回答は、30代は「なんとなく」(23.0%)、40代は「脳卒中」(28.6%)、50代では「なんとなく」(20.9%)でした。漠然とした不安から保険に加入している方が、4人に1人は存在していることがわかる結果となりました。
 
  • 30代、40代の世帯保険料/月は3,000〜5,000円が多いが、50代では20,000〜30,000円が最多。30代では「安さ」を求め、40代・50代では「保障内容の充実度」を求める

死亡保険・医療保険・介護保険に加入している方に対して毎月の保険料(世帯)を聞いたところ、3,000円〜5,000円が17.0%で最多でした。年代別で最も多かった回答は、30代で3,000〜5,000円(23.5%)、40代で3,000〜5,000円(17.8%)、50代で20,000〜30,000円(21.0%)でした。50代が健康への意識が高まる大きな過渡期であることが伺えます。

また、保険選びで重視することは30代では「保険料の安さ」が66.3%で最も多かったのに対し、40代・50代では「保障内容の充実度」(40代:76.6%、50代:71.4%)がトップとなりました。現在加入している保険の内容を「よく把握している」「まあまあ把握している」方は65.1%に上り保険への理解度が半数を超えていることから、日本人は50歳前後で保険を見直し、保障内容の拡大を行なっている可能性があることが伺えます。

また、保険に加入する目的としては、「万一の不幸時に家族の生活を守るため」(71.9%)がトップでした。
 
  • 保険選びで大変なことは「保障内容の理解」「商品や種類の選択」「自分に合う商品の選択」の順

保険選びで大変だったことで最も多かった回答は「保険内容を理解するのが難しい」(44.1%)、次いで「商品や種類が多く選択が難しい」(41.7%)、3番目に「どれが自分に合うのかがわからない」(40.7%)でした。保険に関して最も参考にした情報源は「保険会社の営業職員」(44.8%)がトップでした。参考源として「保険会社の営業職員」をあげた方は、年代があがるにつれて多く(30代:34.7%、40代:43.0%、50代:54.6%)なり、「保険ショップ」をあげた方は年代が上がるにつれて少なくなる(30代:18.4%、40代:11.2%、50代:5.9%)傾向にありました。
 
  • 約5人に1人は新型コロナウイルスをきっかけに保険の検討・見直しをした/している、病気のカバー範囲の拡張が理由

 

 

新型コロナウイルスをきっかけに「保険の検討をした/している/これから始める」と回答した方は19.4%でした。そのうち「病気のカバー範囲の拡張」(50.5%)を考えている方が最も多く、新型コロナウイルスをきっかけに健康リスクへの意識が高まっていることが伺える内容となりました。

 

 
  • 住宅ローン利用者の約3割は住宅ローンの団体信用生命保険について知らない。団体信用生命保険の内容を踏まえて住宅ローン選びをした人は約半数しかおらず

住宅ローンには生命保険の役割がある「団体信用生命保険(以下、「団信」)」が付帯されています。団信は、民間の医療保険に比べて割安で疾病保障や就業不能保障などに加入できるという特徴がありますが、回答者のなかで現在住宅ローンを借りている134名のうち3割近くは、団信の存在を知らないということが分かりました。また、「団信の内容を踏まえて住宅ローンを選んだ」という方はおよそ半数であり、残り半数は団信の内容は考慮せずに住宅ローンを選んだことが分かります。住宅ローンを選ぶ際は金利に注目が行きがちですが、団信の保障内容を考慮して選んだり借り換えを行ったりすることにより、料金面でも保障面でも今よりも充実した保険を選べる可能性があります。
 
  • 日本初、団信の種類別「住宅ローン金利ランキング」
「モゲチェック(https://mogecheck.jp/)」では、団信の保障内容の種類別に住宅ローン金利を確認できるランキングを10月6日から公開しています。新規借り入れと借り換え別に、金利タイプおよび団信の種類に分けて合計40種類の住宅ローンの金利ランキングを確認することができます。


【アンケート調査概要】
・対象:全国の30〜50代男女481名
(男性252名、女性229名、30代:156名、40代:169名、50代:156名)
・インターネット調査
・期間:2020年9月1日~2020年9月2日

 


 
  • 株式会社MFS概要
代表者:代表取締役CEO 中山田 明
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2階 FINOLAB
事業:オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック(https://mogecheck.jp/)」の運営
オンライン不動産投資サービス「モゲチェック不動産投資(https://investment.mogecheck.jp/)」の運営
コーポレートサイト:https://www.mortgagefss.jp/

MFSは、2014年10月に創業した日本初のオンライン住宅ローンマッチング会社です。これまで個人では比較検討が難しく、不動産業者担当者にとっても経験や知識によって提案力に差の出る住宅ローンを、「誰もが最適な住宅ローンを簡単に選べるようにする」ことを目指して始まりました。個人が家探しの前に借り入れ可能額が判定できる機能「モゲパス」や、新規借り入れ・借り換え先の金融機関の選定、および完済までのローン管理機能を提供する「モゲチェック」など、テクノロジーを活用したサービスを提供しています。2018年10月からは不動産投資マッチングサービス「モゲチェック不動産投資」を開始し、不動産投資家に向けた借り入れ可能額判定サービスや借り換えサービスなどを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MFS >
  3. 医療保険と死亡保険には半数以上が加入、「がん」に対する不安が最も強い【「生命保険に対する消費者意識調査」結果公開】