NTT-ATと(ISC)2によるクラウドセキュリティ人材強化

~新資格CCSP(クラウドセキュリティプロフェッショナル認定)の国内展開で提携~

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、情報セキュリティ専門家資格であるCISSP*1などについて、グローバルレベルでの認定および教育活動を行うInternational Information Systems Security Certification Consortium(以下:(ISC)2、本社:米国フロリダ州クリアウォーター、CEO:David Shearer)との戦略的パートナーシップ協定を、このたびクラウドおよびクラウドセキュリティ分野に拡大しました。
今回NTT-ATは、(ISC)²が提供する最新の資格制度CCSP(クラウドセキュリティプロフェッショナル認定)のCBK(共通知識体系)に関する公式トレーニングについて、教材の日本語化を行い日本国内において初めて提供を開始します。
また、NTT-ATは、CISSP資格保有者100名の体制構築を目指し、高度セキュリティ専門家の人材基盤強化に取り組んできました。2020年3月15日現在で、社員100名が資格を取得(正式認定手続き中含む)しました。
  • CCSP(クラウドセキュリティプロフェッショナル認定)の概要
CCSP(Certified Cloud Security Professional)は、(ISC)²が提供する最新の資格制度です。クラウドサービスを安全に利用・運用するために必要な知識やスキルを世界で初めて体系化した認定資格です。CCSPの知識体系には、最新かつ包括的で最適な運用を可能とするセキュリティ技術と、クラウドコンピューティング環境の総合的な知識が含まれており、クラウド特有のテクニカルな知識に加えて、コンプライアンスの知識、契約上の義務とセキュリティとの関連など、クラウド戦略、DX(デジタルトランスフォーメーション)戦略を支える“クラウド時代のセキュリティ人材の育成”に活かせる内容となっています。
 
  • CCSP国内展開の概要
NTT-ATは、このたび(ISC)2の公式トレーニングプロバイダに認定され、CCSPのCBK(共通知識体系)に関する公式トレーニングを日本国内において提供します。これにより、日本におけるクラウドセキュリティ分野の高度専門人材育成と、その健全な成長および発展をサポートします。

日本語化した教材を活用する公式トレーニングの第1回は、6月3日からの開催が予定されており、また4月以降、CCSP資格認定試験は日本語でも受験が可能となります。


【(ISC)2アジア太平洋地域担当マネージングディレクター Clayton Jones氏のコメント】
「NTT-ATとの戦略的パートナーシップの拡大は、クラウドセキュリティの専門家やサイバーセキュリティのキャリアを追求したいと考えている人たちに、トレーニングや資格取得の機会を提供します。」

【NTT-AT代表取締役社長 木村丈治のコメント】
「NTT-ATは、安全・安心なサイバー環境の構築に貢献するため、日本の業界に向け、クラウドとサイバーセキュリティに関する最高品質のトレーニングの提供をお約束します。(ISC)2との戦略的パートナーシップにより、強力で熟練したワークフォースのサポートが可能な公式トレーニングが提供できます。」
 
  • CISSP資格保有者100名体制について
NTT-ATでは、CISSP資格保有者100名の体制構築を目指し、高度セキュリティ専門家の人材基盤強化に取り組んできました。2020年3月15日現在で、社員100名が資格を取得(正式認定手続き中含む)しました。今後はさらにクラウド時代のセキュリティ人材強化に取り組み、お客様のクラウドシフトならびにそれを支えるセキュリティにおいて、付加価値の高いサービス・製品の開発・提供に注力してまいります。

 
*1:CISSP(Certified Information Systems Security Professional)
(ISC)²が認定を行っている国際的に認められた情報セキュリティ・プロフェッショナル資格
 

【参考】
CCSP資格について
https://japan.isc2.org/ccsp_about.html

CCSP CBKトレーニングについて
https://www.ntt-at.co.jp/product/ccsp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NTTアドバンステクノロジ株式会社 >
  3. NTT-ATと(ISC)2によるクラウドセキュリティ人材強化