興和株式会社が医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」を導入し、従業員及びその家族向けに健康経営の促進へ

株式会社リーバー(本社:茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊⼀郎 以下、リーバー)は、興和株式会社(所在地:愛知県名古屋市)との間で医療相談アプリ「LEBER(リーバー )」の利⽤契約を締結しました。興和株式会社の従業員及びその家族に対して、医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」が福利厚⽣として提供されます。
■サービス導⼊の背景

興和株式会社は、CSR活動の中でも重点テーマと位置付ける「健康増進の取り組み」の一つとして、一般社団法人日本セルフケア推進協議会が掲げる「⽇本型セルフケア」を推進していくためのサービスを検討しておりました。医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」は、医師と24時間365⽇、気になったら気軽にすぐに相談できるサービスであり、興和株式会社が⽬指す「健康増進の取り組み」の考えと⼀致し、従業員及びその家族に向けての福利厚⽣として導⼊が決定しました。

興和株式会社のCSR活動の詳細はこちら :https://www.kowa.co.jp/csr/

⽇本型セルフケアについての詳細はこちら:https://jspa-nsc.com/activity

今後は、興和株式会社と共にPHR(パーソナルヘルスレコード)を活⽤したアドバンス健康経営の実践と、更なるサービスの拡充に努めて参ります。
 



興和株式会社のプレスリリースはこちら
https://www.kowa.co.jp/news/2021/press210415.pdf

■医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」について

24時間365⽇スマホで医師に相談ができるアプリです。現在300⼈以上の医師が登録されており、外出⾃粛等により病院 やクリニックに⾏きにくい⽅もアプリを通じて医師に気軽に相談することができます。

⼀般向け医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」に加えて、教育機関に毎⽇の検温結果と体調、出⽋席の報告ができる「LEBER for School」(6カ国語対応)、企業向けに検温・体調報告とストレスチェックを組み合わせられる「LEBER for Business」(6カ国語対応)も全国で導⼊拡⼤中です。 
 



■株式会社リーバーについて

株式会社リーバー(旧社名AGREE)は2017年2⽉に遠隔医療相談サービスを⾏う⽬的にて創⽴されました。 私達は「いつでも。どこでも。誰にでも。」を信念を掲げ、すべての⼈々に適切な医療が⾏き渡るよう努めています。

〈会社概要〉
会社名:株式会社リーバー
所在地:茨城県つくば市⾼野1155-2
代表者:伊藤俊⼀郎
設⽴:2017年2⽉
URL:https://www.leber.jp
事業内容:医療相談アプリの企画・開発・運営
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リーバー >
  3. 興和株式会社が医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」を導入し、従業員及びその家族向けに健康経営の促進へ