避難にかかる宿泊費を助成

災害時における妊婦の新型コロナ感染防止対策

豊中市は、緊急避難所における新型コロナウイルス感染防止の観点から、妊婦が宿泊施設へ避難した際の宿泊費用を助成する制度を始めます。これにより、妊婦の安心した避難が可能になります。

  • 対象者(以下の要件に当てはまる者)
本市の浸水想定区域、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域に住民登録があり、妊娠届を提出済みの妊婦
  • 要件
大雨などにより市が避難所を開設した場合又は高齢者等避難などの避難情報が発令された場合(地震による避難所開設、避難情報発令は対象外)
  • 対象となる宿泊施設
豊中市及び近隣市(大阪市、吹田市、箕面市、池田市、伊丹市、尼崎市)において、旅館業法の営業許可を得ている宿泊施設
  • 助成額
妊婦一人当たり7,000円/泊(上限)
  • 助成対象期間
令和3年(2021年)10月15日~令和4年(2022年)3月31日

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 豊中市 >
  3. 避難にかかる宿泊費を助成