新潟県新潟市公式ホームページが2017年全国広報コンクールのウェブサイト(都道府県・政令指定都市部)部門において入選

新潟県新潟市公式ホームページ トップページ画面新潟県新潟市公式ホームページ トップページ画面


株式会社日立公共システム(取締役社長:栗原 勘仁)が自治体向けCMS(コンテンツマネジメントシステム)「4Uweb(フォーユーウェブ)/CMS」の導入により構築を支援した、新潟県新潟市(以下:新潟市)の公式ホームページが、公益社団法人日本広報協会(以下:日本広報協会)主催の2017年全国広報コンクール ウェブサイト(都道府県・政令指定都市部)部門において入選しました。今回の入選は、2015年の総務大臣賞に続く2回目の受賞となります。

当社リリースページ
http://www.hitachi-gp.co.jp/newsrelease/2017/170620.html?k=pr170620_01

全国広報コンクールとは、地方自治体の広報活動の向上を目的に、各種広報作品について優秀作品を表彰するもので、日本広報協会の主催で毎年実施されています。本コンクールでは、各都道府県の審査・推薦により提出された広報作品を5つの部門(広報誌、ウェブサイト、広報写真、映像、広報企画)に分けて審査し、特選・入選作品が表彰されます。今回、ウェブサイト(都道府県・政令指定都市部)部門には12団体が応募し、新潟市を含む4団体が入選しました。 

■新潟市公式ホームページ 入選理由(日本広報協会より)
・目的に到達するための窓口の明確化が図られるなど、前回受賞時から着実な進化が感じられる。
・視覚的・機能的なインパクトに注力するサイトが増える中、リンクラベルやページタイトルの
 一つひとつにまで配慮が行き届いており、情報群としてのWebサイトの役割が重視されている。
・トップページで「ゴミ・リサイクル」のページを探すと、「くらし・手続き」の直下にあり見つけやすい。
・ナイトスポットの紹介があるところが酒所の新潟市らしくて良い。夕日写真の紹介などもおもしろい。

新潟市は、2012年に公式ホームページの全面リニューアルを実施し、政令指定都市の自治体ホームページで初めて「ウェブアクセシビリティJIS」の「レベルAA(一部AAAの達成基準を含む)」に準拠しました。その後も毎月ホームページの分析・改善を行い、災害時対策やソーシャルメディアを活用した情報発信など、積極的なシティプロモーションを展開しています。2016年2月には、再度トップページのリニューアルを実施し、閲覧性・操作性のさらなる向上を実現しました。シンプルかつオーソドックスなデザインながらも、利用者への配慮が見られる点、また、サイト品質の維持・向上に対する意識が高い点などが今回の受賞につながりました。 

■新潟市公式ホームページ
http://www.city.niigata.lg.jp/ 

■「4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション」に関するホームページ
http://www.hitachi-gp.co.jp/accessibility/?k=pr170620_02 

■「4Uweb/CMS」に関するホームページ
http://www.hitachi-gp.co.jp/4uweb_cms/?k=pr170620_03 

■商標注記
本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。 

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社日立公共システム 経営戦略部 広報渉外G [担当:森崎・照屋・原]
〒135-8633 東京都江東区東陽二丁目4番18号
電話:03-5632-1338(直通)
E-mail:news-release@ml.hitachi-gp.co.jp

以上

--------------------------------------------------------------------
このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
--------------------------------------------------------------------
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日立公共システム >
  3. 新潟県新潟市公式ホームページが2017年全国広報コンクールのウェブサイト(都道府県・政令指定都市部)部門において入選