No.1の媒体資料ポータルサイト「メディアレーダー」、自社オフィス内で撮影した動画広告の配信を開始

株式会社アイズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:福島範幸)が運営する媒体資料ポータルサイト「メディアレーダー」が、自社オフィスを使って撮影した動画広告を配信開始しました。
メディアレーダーは、企業のマーケターや広告代理店と媒体社を結ぶ、マーケティング担当者用の検索サイトです。会員登録は無料で、提携企業がメディアレーダー内に公開している広告・マーケティング資料を無料で自由にダウンロードすることが可能です。また、提携企業は掲載中の自社資料のダウンロード情報を取得することができるため、見込み顧客を獲得する手段として活用できます。
2022年1月現在、登録資料数は7,000件、会員数は83,000人に上ります。

メディアレーダーはこのたび、運営会社である株式会社アイズのオフィス内で撮影した動画広告の配信を開始しました。動画は現在Facebook広告で配信されているほか、タクシーサイネージなどでの配信を予定しています。

 

 

 

  • 【ストーリー】
受注が増えず悩んでいる様子の社長(ヲサダコージさん)が、三輪車に乗って登場します。
「いったいどうすれば!?」と、解決策を求めているようです。

そこへ、セグウェイに乗った社員(谷松香苗さん)が颯爽と駆け付け、
「社長、それなら『メディアレーダー』ですよ!」と助言します。

そしてメディアレーダーを知らない社長に対して、社員がメディアレーダーを利用するメリットを伝えます。
「簡単」「安い」「リードの質が高い」というメリットに対して、目を丸くして驚いている社長。
さらにシェアNo.1であることを知り、最後にはメディアレーダーの利用を決めるのでした。
 
  • 【動画に込めたメッセージ】
メディアレーダーを利用することによって、ビジネスを効率よくスムーズに前に進めることができる」というメッセージを訴求する目的で、動画を制作しました。

動画内では2人の人物が登場しますが、それぞれが「三輪車」と「セグウェイ」に乗っています。
漕いで前に進むことが非常に大変な三輪車に対して、体重をかけるだけで前に進むセグウェイを、
それぞれ、「非効率な営業活動」と、「メディアレーダーの利用」にかけています。
 
  • 【制作秘話】
社員役の谷松香苗さんは、セグウェイに乗るのは撮影時が初めてだったとのことですが、
ものの数分で乗りこなしていて、撮影クルーや見学していたアイズ社員も驚いていました。
ほとんど撮り直しせずに成功させていたので、ぜひ谷松さんが登場するときの勢いにも注目してみてください。

また、撮影は株式会社アイズのオフィス内にある「リフレッシュスペース」という共用スペースで行われました。
普段は昼休憩や社内ミーティングなどに使用される、社員であれば誰でも使える場所です。
背景にはデスクなどが映っていて、アイズ社内の様子をうかがい知ることができます。
 



・メディアレーダーについて
2007年に運営を開始した「広告主・広告代理店」と「媒体社」を繋ぐ国内No.1の媒体資料のポータルサイトです。会員制で、媒体資料やマーケティング資料を無料提供しております。
媒体資料のポータルサイト「メディアレーダー」
https://media-radar.jp/

・株式会社アイズについて
2007年に設立された独自サービスを複数展開するマーケティング会社です。日本最大級のクチコミマーケティング「トラミー」や国内No.1の媒体資料のポータルサイト「メディアレーダー」などを運営しています。
株式会社アイズ
https://www.eyez.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社アイズ メディアレーダー運営事務局
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-12-22 渋谷プレステージ7階
URL:https://media-radar.jp/
問い合わせ:https://media-radar.jp/contact.php
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイズ >
  3. No.1の媒体資料ポータルサイト「メディアレーダー」、自社オフィス内で撮影した動画広告の配信を開始