東京都との協定に基づき東京都立松原高等学校の生徒にヘルメットを贈呈

au損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田隆章、以下、au損保)は、2021年7月9日(金)に、東京都教育委員会安全教育推進校・自転車安全運転指導推進校である東京都立松原高等学校の生徒に対して、ヘルメット325個を贈呈いたしました。これは、2016年7月にau損保が東京都と締結した「自転車の安全利用の促進に関する協定」に基づき、東京都民の皆さまがご加入いただいたau損保自転車向け保険の保険料収益の一部から拠出したものです。

贈呈式は、東京都立松原高等学校の交通安全教室のなかで実施されました。交通安全教室は、成城警察署の交通課長から実際にあった自転車事故による高額賠償の事例や、ヘルメットにより頭部を守ることの重要性についてのお話に加え、シミュレーターによるリアルな交通事故を体験することで、交通ルールを守ることの大切さを改めて実感できる内容で行われました。

東京都内における自転車事故で亡くなられた方の約7割が頭部損傷を主因としています(※)。東京都では、「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」のなかで全ての自転車利用者の方に、ヘルメット着用の努力規定を設け、自転車用ヘルメット普及活動に取り組んでいます。

au損保は今後も東京都と連携して、ヘルメット着用促進などの自転車安全利用の啓発や自転車保険加入促進など自転車交通安全対策を推進することにより、自転車事故の削減に取り組んでまいります。

(※)警視庁の統計より
 

                                                             ヘルメット贈呈式の様子
                     (左:都民安全推進本部 斎田治安対策担当部長 右:au損保 川井取締役常務執行役員)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. au損害保険株式会社 >
  3. 東京都との協定に基づき東京都立松原高等学校の生徒にヘルメットを贈呈