越境ECサイト運営のビィ・フォアードが“ビィ・フォアード ファクトリー”にて解体・バンニングサービスの提供を開始

~サービス提供に合わせランディングページを開設~

 株式会社ビィ・フォアード(本社:東京都調布市 代表取締役:山川博功 ECサイト:https://www.beforward.jp/)
は、これまで社内業務用に活用していた解体・バンニング工場である“ビィ・フォアード ファクトリー”にて、車両解体・バンニングサービスの提供を開始いたします。さらにサービス開始に合わせ、ランディングページを開設いたしました。
(URL:https://corporate.beforward.jp/factory/)

■ビィ・フォアード ファクトリーとは
 ビィ・フォアード ファクトリーは、年間16万台の自動車を海外に輸出しているビィ・フォアードの自動車解体・バンニング工場です。世界200の国と地域との取引で培った確かな技術で、解体とバンニングのサービスを提供します。

 ビィ・フォアード ファクトリーでは主に解体と、バンニングの2つのサービスを提供いたします。

 解体作業は、中古自動車の液体抜き、フロンガス処理、エアバック処理、外装外し、内装外し、下回り外し、エンジンルーム外し、カットと1ステップずつ丁寧に解体していきます。カットの際にはガス溶断を使わず、のこぎりでのカットを行い1台1台の車両から活用できるパーツを丁寧に切り出すことが特徴で、中古自動車の可能性を最大限に広げることが可能です。
 バンニング作業は、解体したパーツをコンテナに収納する作業のことを指します。ビィ・フォアード ファクトリーでは、お客様の車両やパーツにダメージを与えないよう、スペースを効率的に使いつつも、一つ一つを丁寧に積み込むのが特徴です。また、車両とパーツをコンテナに混載することで、更にコストを下げる工夫をしています。

 ビィ・フォアード ファクトリーは、輸出業者様等が自動車解体の許可やバンニング施設を所有していない場合に、顧客からの解体ニーズに広く応えるお手伝いができます。

■ビィ・フォアード ファクトリーの3つの強みについて
1.ビィ・フォアードの持つ在庫の豊富さ
 解体車両は、ビィ・フォアードが扱う年間17万台の在庫から選ぶことができます。在庫車両はそれぞれ写真で確認でき、お探しの車両をすぐ見つけることが可能です。またビィ・フォアードが持つ在庫以外にも、お客様の持ち込み車両の解体や、持ち込み車両を含めたバンニングも柔軟に対応いたします。

2.職人の高い技術力による解体

 車両解体において通常使われる解体機は使用せず、職人が手作業で解体を行うことで、綺麗な仕上がりを実現しています。解体の最初から最後までを同一のペアが丁寧に責任を持って作業をすることで、お客様にご満足いただける解体を実現します。

3.スペースを最大限活用するバンニング技術
 15年以上の中古自動車輸出の経験で培ったバンニング技術により、1つのコンテナで、少しでも多くのパーツをお客様にお届けできるよう工夫がされています。自動車とパーツを組み合わせて積み込んだり、複数のパーツを組み合わせたりと、経験豊富な職人が無駄なくコンテナスペースにパーツを積み込むことで、輸送の効率化を可能にしています。

その他.海外・遠方のお客様のための宿泊施設も完備

 また、ビィ・フォアード ファクトリーでは、海外や遠方からいらっしゃる顧客のために宿泊施設も完備しています。キッチンやバスルーム、宿泊中に業務ができるようデスクなどの家具家電も完備しており、長期滞在が可能です。

 


■ビィ・フォアード ファクトリー概要
住所:〒306‒0656 茨城県坂東市 寺久1305‒15
TEL:0297‒21‒5170 (月~金 9:00~17:00)
E-MAIL: bffactory@beforward.jp
URL: https://corporate.beforward.jp/factory/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビィ・フォアード >
  3. 越境ECサイト運営のビィ・フォアードが“ビィ・フォアード ファクトリー”にて解体・バンニングサービスの提供を開始