あの頃、私は若かった!80年代プレイバック!あの頃とどう変わった!?

80年代のアイドルやヒットした歌、ファッション等が、今また注目されています。
当時ヒットしたものを見ていると、懐かしく感じると同時に、あの頃に戻った気分になりますね。

しかし、80年代から約35年経った私たちの心境や理想の女性像などは、あの頃とは違っているはず。

そこで今回、ワコールでは、80年代を経験してきた大人の女性たちに“髪型”“ファッション”“ボディ”についてアンケート調査をしました。

■好きなアイドルになりきった80年代
80年代といえば、アイドル全盛時代。アイドルの髪型やファッションに憧れる女性が続出しました。

「80年代のアイドル黄金時代を知っていますか?」と質問したところ、当時高校生~社会人を経験した50代前半の方の90%が「リアルタイムで知っている」と答えています。「リアルタイムで知っている」と答えた方に、さらに「当時、女性アイドルのような髪型をしたことがありますか?」と質問したところ、50代前半の70%の方が「ある」と回答しています。
多くの女性が自分の好きなアイドルの髪型をしていたということから、当時のアイドルがその時代の流行を作っていたことが分かります。


■ナチュラル志向の今のファッションとは違い、バブル期のファッションはゴージャス!
当時のファッションを振り返り、「若気の至り?で今見ると恥ずかしくなるような恰好をしていたことはありますか?」という質問に、約半数の48%が「はい」と回答しています。バブル期だったこともあり、前髪をカーラーで巻いてスプレーで固めたり、ボディコン(※)を着たり、みんなゴージャスなファッションだったことが印象的です。
(※)体に密着する素材を使い、体の線(ボディ・ライン)を強調した服(多くの場合、女性用のミニのワンピース)、またそういったスタイル。正しくは、ボディ・コンシャス。
 


■胸の谷間も脚も、見せるファッションが流行していた80年代
ボディコンが流行していた80年代。胸の谷間を強調し、太ももを見せるファッションが流行していました。
そこで、「胸の谷間が見えるような、胸もとが大きく開いた服を若い頃に着ていましたか?」という質問をしたところ、31%の人が「はい」と回答。
当時は見せるファッションに抵抗が無かったことが伺えます。


そして、若い頃も今も「胸の谷間が見えるような、胸もとが大きく開いた服を着ている」という人はわずか13%。

■ボディラインの見せ方について、意識が変化
昔はアイドルのような髪型をしたり、胸の谷間が見えるファッションをしていた大人の女性は今、谷間に対してどのような意識を持っているかを調査しました。
「胸の谷間について今の自分の考え・感覚に近いものをお選びください」という質問に、45%が「若々しくふっくらとした、ふんわり谷間が欲しい」、43%が「女性らしいシルエットのための谷間メイクは必要」と回答。
調査の結果から見えてきたのは、大人の女性になり当時とは意識が変化したこと。ナチュラルな“ふんわり谷間”の自然なシルエットを求めるということでした。
 

 

■80年代ブームを楽しみましょう!
両極端ともいえる、バブル全盛期と今。その両方を経験しているからこそ、大人の女性たちは "今、求めるもの"がハッキリとしているのかも。

そんな大人の女性たちにぴったりの「谷間キレイブラ」が、この春誕生!
五明祐子さんが80年代アイドルに扮し、スクールメイツとともに歌って踊るキュートな動画をただ今公開中です♪

『谷間キレイブラ』映像
http://youtu.be/m5HBrOxhqNM


『谷間キレイブラ』商品特集ページ
http://www.w-wing.jp/tanima/

■ウイングホームページ
http://www.w-wing.jp/

※「ウイング」はワコールの登録商標です。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワコール >
  3. あの頃、私は若かった!80年代プレイバック!あの頃とどう変わった!?