19個のPCIeスロット、Triple-ATX12V電力供給機能、電圧安定化コンデンサを搭載したマイニングモードデザインのIntel LGA-1151 ATXマザーボード

ASUS JAPAN株式会社は2017年12月7日、19個のPCIeスロット、Triple-ATX12V電力供給機能、電圧安定化コンデンサを搭載したマイニングモードデザインのIntel LGA-1151 ATXマザーボード「B250 MINING EXPERT」を発売することを発表いたしました。2017年12月8日より販売を開始する予定です。
○発表製品

-----------------------------------------------------------------------
製品名 : B250 MINING EXPERT
対応CPU : Intel Core i7/i5/i3、Pentium、Celeronシリーズ
対応ソケット : LGA1151
チップセット : Intel B250 チップセット
対応メモリ : DDR4-2400×2(最大32GB)
画面出力端子 : HDMI 1.4b×1
拡張スロット : PCIe 3.0 x16×1, PCIe 3.0 x1×18
ストレージ機能 : SATA 6Gb/s×4
USB機能 : USB 3.1 Gen 1×6, USB 2.0×4
ネットワーク機能 : 1000BASE-T×1
フォームファクター(サイズ): ATX(305mm×231mm)
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2017年12月8日
-----------------------------------------------------------------------


○発表製品の主な特長

19個のPCI Express搭載
B250 MINING EXPERTは19個のPCI Expressスロットを特徴とする世界初のマイニングマザーボードです。PCIe x1スロット18個とPCIe x16スロット1個を搭載し、NVIDIAまたはAMD GPUを並列に動作させて、最大限のメガハッシュレートを実現します。

Triple-ATX12V電力供給
GPUが必要とするすべての電力をクリーンな形で、なおかつ効率的に供給できるように設計されています。19個のPCIeスロットは3つの異なるゾーンに分割されており、専用の24ピンATX12V電源コネクタによってそれぞれ独自に電力が供給されるので、複雑な配線が減り、すべてのPCIeスロットに十分な電力が供給されます。

電圧安定化コンデンサ
安定した低ノイズでの電力供給は、24時間365日休みなく行われるクリプトカレンシーマイニングにとって重要なポイントです。本製品には19個のデカップリングコンデンサが組み込まれており電圧を平滑化して高周波ノイズを減らし、GPU動作に必要な高品質の電力供給を実現します。

PCIeスロット状態の検出
電源投入の瞬間からすべてのグラフィックカードのステータスを表示するスマート機能が組み込まれています。電源を入れるとセルフテスト(POST)画面が表示され、すべてのスロットの状態がグラフィックで表示されるので、問題の有無やマイニングを開始できるかどうかを即座に見分けることができます。 

マイニングモードのBIOS最適化
デフォルトで有効に設定されている特別なマイニングモードがあって、最大限のマイニング性能を得るために必要なBIOSレベルの調整の手間を省いています。マイニングモードはPCI Expressの速度をPCIe 1.0に設定して互換性サポートモジュール(Compatibility Support Module: CSM)を無効にするので、初めから最大限の安定性と互換性が得られます。

最良のネットワーク性能
最大限のスループットを実現するとともにCPUのオーバーヘッドを最小限に抑えるために、Intel Gigabit Ethernetが組み込まれており、マイニングリグから最大限の性能を引き出します。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ASUS JAPAN株式会社 >
  3. 19個のPCIeスロット、Triple-ATX12V電力供給機能、電圧安定化コンデンサを搭載したマイニングモードデザインのIntel LGA-1151 ATXマザーボード