6.29(金)、町田康×石井岳龍監督のトーク破怒流決定!!80sカウンター・カルチャーの金字塔、映画『爆裂都市/BURST CITY』の『Zeppでは最初で最後』の大音量上映前にご登壇!

一度体感したら、『Zepp暴動上映』の味が忘れなれなくなる!

大音量の先に、何が見える!映画『爆裂都市 BURST CITY』一夜限りのキネマ最響上映@Zepp東阪
日程|2018年6月29日(金)  開演|7:30pm
会場|Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)
【前売券】税込/ドリンク代別  ※当日券|500円増し
 ①プレミアム・エリア・シート(全席指定):3,500円
 ②一般自由席:2,500円
 ③暴動スタンディング:1,500円
登壇|町田康(出演者。公開当時は、町田町蔵)、石井岳龍(監督。公開当時は、石井聰亙)、司会:椎名宗之(rooftop編集長)
*本編上映前に登壇いたします。開演前の7:00pm頃登壇の予定です。
*登壇は、予告なく変更になる場合がございます。また都合により、ご本人の登壇が中止になる場合もございます
【1982年/日本/116分/モノラル/16:9/BD】
キネマ最響上映 公式ホームページ|https://www.110107.com/zepp-de-zekk

 

 

 


Ⅰ|6月29日(金)、Zepp DiverCity(東京)/Zepp Namba(大阪)にて 石井岳龍監督(映画公開当時は石井聰亙) の80sカウンター・カルチャーの金字塔、映画『爆裂都市 BURST CITY』の一夜限定キネマ最響上映します。

Ⅱ|6月30日(土)には、映画『パンク侍、斬られて候』 【主演:綾野剛×脚本:宮藤官九郎×監督:石井岳龍】が全国公開される。その公開前夜に、Zeppでは最初で最後となる映画『爆裂都市 BURST CITY』の見納め上映を実施。

Ⅲ|『パンク侍、斬られて候』著者の町田康さん、石井岳龍監督の登壇が決定!(映画『爆裂都市 BURST CITY』の本編上映前)数多くの作品を通して、パンクな生きざまをみせてきた二人が、ついに壇上でトーク破怒流が遂に実現!

Ⅳ|入場者プレゼントは、キネマ最響上映恒例の「映画タイトルが入った、イベントステッカーと耳栓」の2in1に決定!

Ⅴ|本日5月17日(木)15時より、e+/チケットぴあ/ローソンチケットにて、一般発売開始!!
◆キネマ最響上映|公式ホームページ|http://www.110107.com/zepp-de-zekk

 

 


【主演:綾野剛×脚本:宮藤官九郎×監督:石井岳龍】、町田康の傑作小説『パンク侍、斬られて候』(角川文庫)を映画化!6月30日(土)より全国公開されますが、その公開前夜の6月29日(金)、石井岳龍監督(映画公開当時は石井聰亙)が36年前に手掛けた80sカウンター・カルチャー史に残る金字塔のひとつ、映画『爆裂都市 BURST CITY』(82年公開)をライヴハウスZeppのPA音響システムを駆使し、ライヴ級の音圧と巨大画面で魅せる「キネマ最響上映」にて、特別上映されることになりました。1980年、映画『狂い咲きサンダーロード』で23歳の若さにして、日本映画界に新鮮極まりないニュー・ウエーブを巻き起こした異才・石井岳龍監督が、38年の月日が経過してもなお、『枠にとらわれない斬新なアイディア』と『映画への愛情と情熱で、作品と対峙していく様』は、最新作『パンク侍、斬られて候』でも異分子DNAとして、脈々と受け継がれている。

 

【文庫本表紙】パンク侍、斬られて候【文庫本表紙】パンク侍、斬られて候


 この上映イベントに、原作『パンク侍、斬られて候』(角川文庫)の著者であり、映画『爆裂都市 BURST CITY』にて重要な役どころでご出演されてる町田康さん(『爆裂都市 BURST CITY』公開当時、町田町蔵)と映画『爆裂都市 BURST CITY』の監督であり、映画『パンク侍、斬られて候』の監督でもある石井岳龍さん(当時は石井聰亙)のお二人にご登壇いただけることになりました。映画『爆裂都市 BURST CITY』と映画『パンク侍、斬られて候』の非常に因縁深い両作品に関わってるお二人。映画『爆裂都市 BURST CITY』製作当時、バンド”INU”のボーカリストであった町田町蔵を出演させた時代の寵児石井聰亙監督。映画『爆裂都市 BURST CITY』公開から約40年という歳月が経過し、その間、ミュージシャンであり芥川賞の受賞をはじめ作家としてご活躍されてる町田康さんと数々の新進気鋭の映画作品を発表し続けた石井監督が、約40年を時を超え再びタッグを組んだ心境やいまだから話せる映画『爆裂都市 BURST CITY』にまつわるエピソード等々大いに語っていただきます。(因みに、町田さんと石井監督は、同じ誕生日の1月15日生まれ)司会に、rooftop編集長の椎名宗之さんを迎え鼎談方式でご登壇いただきます。数々の作品を通してパンクな生きざまをみせてきた2人のトーク破怒流は、絶対見逃せない! (登壇は、Zepp DiverCity(TOKYO)のみ。本編上映前の7:00pm頃登壇の予定です。Zepp Namba(OSAKA)には音声のみ生中継いたします。)


 そして6月29日(金)当日ご来場いただいた方に配布される入場者特典が、「映画タイトルが入ったイベント・ステッカー」と「耳栓」の2in1特典であることが発表された。 「映画タイトルが入ったイベント・ステッカー」は、映画の原題である[爆裂都市 BURST CITY]と上映日/上映会場名が入ったメモラブルな代物で、材質は、布地(サテン地)である。これはライヴ等で関係者に配られる貼りパス(AAA風)をモチーフにした質感のある凝った仕様となっている。また、「耳栓」は、『ダイナミックな音圧』と『ライヴ級の大音量』を売りにした本イベントにふさわしい、趣向を凝らしたプレゼントとなっている。(先着での配布となっております。入場者プレゼントは数に限りがございます。配布は無くなり次第配布終了とさせていただきます)


 世界のミュージシャンが認める日本屈指のライヴハウスZeppの『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』で、映画『爆裂都市 BURST CITY』を暴動上映!映画『爆裂都市 BURST CITY』を今まで体感したことがない、リミッターを超えた大音量の先に誘います。映画『パンク侍、斬られて候』の全国公開を記念して、映画館ではない場所で特別に上映許諾されたので(ライヴハウスZeppでの)、次にいつZeppで上映できるかわからない作品となっている。これが、まさしく“見納め暴動上映”となる。6/29(金)、映画『爆裂都市 BURST CITY』@Zeppの祭りで騒いで、6/30(土)の映画『パンク侍、斬られて候』公開初日を観に、街に繰り出そう。『暴動 スタンディング・エリア』では、爆走ゼロヨン・シーンでエンジン音を全身で浴びながら絶叫し、そして伝説のカルト・バンド、バトル・ロッカーズとバトル・スターリンの20000ボルト級のライヴでビリビリに痺れあげろ!Zeppの大音量でライヴを疑似体験。音楽好きならば、名曲『セル・ナンバー8』をZeppの大音量で聴かずして死ねません。拳だけが生きる術だった”昭和”の薫りでむせ返る36年前の『破怒流』にタイムスリップ!!ただし、これを体感したら、『Zepp暴動上映』の味が忘れられなくなるので、ご注意を!!


本日5月17日(木)15:00より、e+/チケットぴあ/ローソンチケット、全国のコンビニエンスストアにて、一斉発売!今後Zeppではニ度と上映されることがないラスト興行なだけに、まさしく『キミが暴動伝説の最後の目撃者』となる。We want “破怒流!”


町田康(まちだ・こう)<元町田町蔵(まちだ・まちぞう)>1962年1月15日、大阪府生まれ。
『パンク侍、斬られて候』(角川文庫)著者。1981年、バンド"INU"のボーカリストとしてアルバム『メシ喰うな!』でデビュー。同バンド解散後もさまざまな名義で音楽活動を続けるかたわら、俳優としても多数の作品に出演。1996年には処女小説「くっすん大黒」で文壇デビュー、翌年ドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞を受賞。2000年「きれぎれ」で芥川賞、2001年『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、2002年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、2005年『告白』で谷崎潤一郎賞、2008年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞。他の著書に『夫婦茶碗』『人間小唄』『ゴランノスポン』『ギケイキ 千年の流転』『ホサナ』『生の肯定』『猫にかまけて』シリーズ、『スピンク日記』シリーズなど多数。最新作小説『湖畔の愛』(新潮社)を3月に発表したばかり。http://www.machidakou.com
 

石井岳龍(いしい・がくりゅう)<元石井聰亙(いしい・そうご)>1957年1月15日、福岡生まれ。
日本大学芸術学部在学中に映画制作集団「狂映舎」を設立し、8mm映画『高校大パニック』(1976年)でデビュー。『突撃!博多愚連隊』(1978年)などで一躍注目される。その後の『狂い咲きサンダーロード —Crazy Thunder Road−』(1980年)、『爆裂都市/BURST CITY』(1982年)ではパンクロックの衝動を映像にまで昇華させるかのような独自の作風で多くの熱狂的ファンを生み、ジャパニーズ・ニューウェイブの急先鋒となる。海外でも高い評価を得た『逆噴射家族』(1984年)の後は、ミュージックビデオや実験的短篇作品も数多く製作。劇場映画に限らず、「体験的な映画」を目指し、常に新たな表現を追い求め続けている。2010年に石井聰亙から岳龍に改名。2006年からは神戸芸術工科大学教授として映像教育にも従事している。2018年、(旧国立近代フィルムセンター)に、ほぼ全作品が所蔵される。6月30日公開の最新作『パンク侍、斬られて候』(主演:綾野剛、脚本:宮藤官九郎、原作:町田康)が、控えている。http://www.ishiisogo-gakuryu.com
=========================================
『監督として『爆裂都市』をそれなりの作品にまとめる気は毛頭ありませんでした。
 当時のイカした仲間たちと、映画でどこまで最果てにいけるかに挑みたかった。
 結果、限界を遥かに突破してしまい、収集のつかない混乱状態と帰還不能状態に陥り、契約封切りに間に合わせる為に残された作品は、ぶっ壊れたギャグや、不様で未熟なカオスもそのままに、完成度とは無縁の異様な玉砕状態で、若気の至りの馬鹿エネルギーの竜巻、欠陥もさらけ出す『永遠の未完成』の驚きとして、今でも不敵にアナーキーな輝きを放つ怪物になっていました。参加してくれた当時の仲間たちの情熱に、改めて、深く深く感謝致します。』                                                    _石井岳龍  (映画『爆裂都市 BURST CITY』ブルーレイ盤が発売された当時のコメントより)

=========================================

 


【爆裂都市 BURST CITY】トレイラー||https://www.youtube.com/watch?v=jGAy0qt6ZCI
=========================================
【一般販売(先着)】 2018年5月17日(木)15:00~2018年6月28日(木)  23:59
※各社プレイガイドによって終了時間が異なります
※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
 

◎イープラス:
席種|①プレミアム・エリア・シート(指定席)|②一般自由席|③暴動スタンディング
http://eplus.jp/zepp-de-bakuretsu/(PC、モバイル共通)
WEBからお申込みの上、ファミリーマートもしくはセブン-イレブンでチケットをお受取ください。
または、全国のファミリーマート店内のFamiポートから、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

◎チケットぴあ:
・席種|②一般自由席 |③暴動スタンディング
URL:http://w.pia.jp/t/burstcity/  Pコード:558-488 [東京・大阪共通]
WEBからお申込みの上、セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗でチケットをお受取ください。
または全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗にて、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

◎ローソンチケット:
・席種|②一般自由席 |③暴動スタンディング
http://l-tike.com/burstciy/(PC、モバイル共通)(Lコード:76009)
WEBからお申込みの上、ローソン、ミニストップでチケットをお受取ください。
または全国のローソン、ミニストップの店内端末「Loppi」から、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。


---------------------------------------------------------------------------------------------------
【パンク侍、斬られて候】
町田康の傑作小説『パンク侍、斬られて候』(角川文庫)を映画化!
主演:綾野剛×脚本:宮藤官九郎×監督:石井岳龍!
北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏、
 村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、國村隼、豊川悦司
“パンク俳優、集まって候!”
演技派の日本代表が豪華集結!
6月30日(土)全国公開!!
映画公式サイト  http://www.punksamurai.jp/
===============================================


◆キネマ最響上映|公式ホームページ|http://www.110107.com/zepp-de-zekk
『あの音量と音圧を一度体験すると病みつきになる』『30年前に、観たかったライヴを(疑似)体験できた』『聴こえなかった音が、見えた』等々、Zepp DiverCity[東京]、ZeppNamba[大阪]の2会場で、ライヴを疑似体感できる上映イベント。

世界のミュージシャンが認める日本屈指のライヴハウスZeppのライヴPA音響システムを使っての圧倒的な音圧と大音量、4K対応のハイスペックな映写と15m×9mの巨大スクリーンは、『ご家庭では絶対味わうことはできません』。

『ダイナミックな音圧』、『ライヴ級の大音量』、『迫力の大画面』で、映画『爆裂都市 BURST CITY』をリミッターをはるかに超えた大音量のその先に誘います。

                      『Zepp(ココ)での一夜は、一生の宝モノ』

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソニー・ミュージックダイレクト >
  3. 6.29(金)、町田康×石井岳龍監督のトーク破怒流決定!!80sカウンター・カルチャーの金字塔、映画『爆裂都市/BURST CITY』の『Zeppでは最初で最後』の大音量上映前にご登壇!