GIGAスクール元年 オンライン教育大特集 クラウド・個別最適・ハイブリッド型への移行「月刊先端教育」2021年4月号を発売

連載 10兆円大学ファンド構想と経営/内閣府、地域×教育イノベーション特集 徳島県 ほか

社会人向け専門職大学院の事業構想大学院大学と社会情報大学院大学を運営する学校法人先端教育機構(東京都港区、理事長:東英弥)出版部は、“未来を築く、人材育成”をテーマに社会と教育界を結ぶ教育専門誌「月刊先端教育」2021年4月号を発売しました。


 昨年、当初計画されていたGIGAスクール構想の実施計画がコロナ禍により大幅に前倒しとなりました。編集部では、毎号、地域特集として、47都道府県のうち一つに焦点を当てて、全国各地での取材を行ってきましたが、その進捗度合い、活用の仕方には、大きな地域差、学校間の差があることを目の当たりにしました。そこで、先行して取り組んでいる教育機関に取材し、この1年間で分かったこと、成果が出たこと、あるいは、してはいけないことなどの知見をお伝えし、全国の教育現場やそのマネジメント・設計を担う方々に役立てていただくことを考えています。
 また、地域×教育イノベーションの徳島県取材では、エビデンスに基づく教育に特徴があり、特にポジティブな行動支援(Positive Behavior Support: PBS)によって、特別支援学校等を含む児童の主体性や協働力、自信が育まれる、子どもが主役の学校づくりを推進していることが明らかになりました。2022年度までに全ての幼小中学校が実施する予定とのことで、今後の成果が期待されます。

◆ 本日3月1日付 日本経済新聞一面で広告掲載中

 

  • 大特集 オンライン教育 クラウド・個別最適・ハイブリッド型への移行
・GIGAスクール元年と課題
・端末の日常活用と公式ID導入を
 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 准教授・主幹研究員 豊福晋平
・休校を糧にハイブリッド授業が常態化
 上越教育大学附属中学校 教諭 大崎貢
・EdTech探究学習で目覚めた高校
 ライフイズテック株式会社
・ニューノーマル時代の学校教育
 関西学院千里国際中高等部 教諭 米田謙三
・自治体はネットワーク環境の整備を
 文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課長 今井裕一
・教育ICT基盤のフルクラウド化
 鴻巣市教育委員会教育総務課 主任 新井亮裕 他
・端末は「子どものもの」の理念で環境整備
 奈良県教育委員会 県立教育研究所 教育情報化推進部 主幹 小﨑誠二
・設立数年でICT先進の公立校に
 みどりの学園義務教育学校 校長 毛利靖
・スタンフォード・オンライン校の学び
 スタンフォード・オンライン高校校長 星友啓
・オンライン授業のノウハウを共創
 株式会社LoiLo ICTコンサルタント 野中健次
・オンライン授業の意外な効果
 大阪大学 全学教育推進機構 教育学習支援部 教授 村上正行
・主なアプリ・サービス一覧
 
  • 特集 地域×教育イノベーション 徳島県
・ポジティブな行動支援を全県下に展開
 徳島県教育委員会 教育長 榊浩一
・数字で見る 徳島県の教育
・地域からSDGs達成に貢献
 徳島大学学長 野地澄晴
・地域に根差した学校づくりを推進
 徳島市立高等学校 校長 後藤浩代
・理工学コンピテンスを備えた人財を育成
 徳島県立徳島科学技術高等学校 学校長 儀宝修
・和紙の伝統を未来につなぐ
 一般財団法人阿波和紙伝統産業会館 理事長 藤森洋一
・学びの情報をワンストップで提供
 徳島県政策創造部 県立総合大学校 本部長 竹岡正雄
・世界とつながる人材育成
 公益財団法人とくしま産業振興機構 副理事長 田尾幹司
・近世の徳島県教育史
 
  • 特別企画 小中学校オンライン教育・働き方改革フォーラム
・1人1台端末と教育データの利活用
 文部科学省 初等中等教育企画課 学びの先端技術活用推進室長 桐生崇
・AWSが実現する教育×クラウド
 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 大富部貴彦
・保護者・学校の連絡手段をデジタル化
 HENNGE株式会社 井上桂基
・ICT活用ハンドブックで教員を支援
 鳥取県教育センター 教育企画研修課 係長 岩崎有朋
・UDフォントで学習意欲・学力向上
 株式会社モリサワ 公共ビジネス課 野村陽香、高田裕美
・クラウドでコラボレーションを促進
 株式会社Box Japan 執行役員 マーケティング部 部長 三原茂
 
  • シリーズ実務家教員への招待
・実務家教員が磨くべき教育能力とは
 愛媛大学 教育・学生支援機構 教育企画室 教授 中井俊樹
・実学教育を支える教員活用の仕組み
 多摩大学 経営情報学部 大学院経営情報学研究科 教授 今泉忠
・職業現場とつながり、実務経験の更新を
 筑波大学 大学研究センター 講師 稲永由紀
・専門職大学で新しい教育に挑戦
 JTB総合研究所 主席研究員 兼 ヘルスケア推進室長/芸術文化観光専門職大学 准教授(就任予定) 髙橋伸佳
・学びの風土醸成へ、実務家が担う役割
 追手門学院大学 基盤教育機構 准教授 田上正範
 
  • イベント、コラム
・TOPICS
・1人1台端末時代、ソフトウェア開発の神髄
 株式会社MetaMoJi 代表取締役社長 浮川和宣
・子どもたちに金融教育の機会を
 auじぶん銀行株式会社 代表取締役社長 臼井朋貴
・エネルギーを総合的視点で探究
 一般社団法人日本電気協会新聞部
・もっと「働きたい会社」へ、新制度を開始
 損害保険ジャパン株式会社 人事部長 鷲見隆充
・BOOKS 『学習塾白書2020』
 
  • 連載
・海外の教育事情 ―台湾―
 目白大学人間学部子ども学科 准教授 日暮トモ子
・この人に聞く
 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授 前野隆司
・実務教育研究科の教育実践 新連載
 社会情報大学院大学 研究科長、教授 川山竜二
・幼児教育者の質向上を目指して
 一般社団法人全国認定こども園連絡協議会 会長 木村義恭
・SDGs教育実践
 名古屋国際中学校・高等学校 教諭 黒宮祥男
・認知心理学で学ぶ力を高める 認知心理学
 大阪大学 名誉教授 三宮真智子
・思考実験で考え抜く力を育てる 哲学
 玉川大学 客員教授 岡本裕一朗
・人が成長する職場のマネジメント 社会学
 帝京平成大学現代ライフ学部教授 渡部卓
・江戸時代に学ぶ教育の神髄 歴史学
 国立歴史民俗博物館・総合研究大学院大学 名誉教授 高橋敏
・10兆円大学ファンド構想と経営 新連載
 内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 大学改革担当室 参事官 井上睦子
・大学マネジメント最前線
 公認会計士 植草茂樹 内閣府上席科学技術政策フェロー
 東京工業大学教授 江端新吾
 文部科学省 国立大学法人支援課長 堀野晶三
・令和時代の教育デザイン
 日本デザイン振興会 理事 矢島進二
 


本誌は、表紙と裏表紙の表面を抗菌処理加工しています。
SIAAマークはISO22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。


◆ 雑誌概要
出版社: 学校法人先端教育機構 出版部
価格: 1,620円(税込)
ASIN: B08NMGCQYB
https://www.amazon.co.jp/dp/B08NMGCQYB

月刊先端教育について
2019年10月創刊。教育の未来を見通すメディアを目指し、学校教育を始め、就学前教育や社会人教育など、あらゆる「学び」に焦点をあてる教育専門誌です。社会変化や社会課題にリンクした教育テーマや政府の重点教育政策を特集するほか、企業内・社会人教育にフォーカスした特集、海外の教育動向や教育業界のイノベーターを取り上げる連載などを掲載し、教職員や自治体、企業、NPOなど教育に携わる人すべてに有益な情報・アイデアを提供して参ります。https://www.sentankyo.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
学校法人先端教育機構 出版部
TEL:03-3478-8402
Facebook:facebook.com/sentankyojp/
Twitter:@sentankyo_jp
  1. プレスリリース >
  2. 学校法人先端教育機構 >
  3. GIGAスクール元年 オンライン教育大特集 クラウド・個別最適・ハイブリッド型への移行「月刊先端教育」2021年4月号を発売