関西国際空港 災害対策工事が完了

~災害により強い空港へ~

  関西エアポート株式会社は、2018年9月の台風21号による被災を受けて取り組んできた災害対策工事が、当初計画より大きく前倒しし、10月28日(木)に完了したことをお知らせします。
  これらの一連の対策により、2018年9月の台風21号クラスの巨大台風に対しても浸水量を大幅に低減させ、空港機能を維持することができます。また、これらのハード面の対策に加え、BCPに基づいたソフト面の対策(危機時に備えた体制構築、情報発信の強化、旅客対応オペレーションの見直し等)を既に実施しております。
  関西エアポートグループは、引き続き関西国際空港の強靭化を進め、空港を安全・安心にご利用いただくための環境づくりを進めてまいります。
 

【参考】関西エアポート BCP
「予防」「減災・緊急対応」「早期復旧」の全てのフェーズで的確に対応するための計画です。
 http://www.kansai-airports.co.jp/efforts/safety/disaster-prevention-plan.html

プレスリリースはこちら
http://www.kansai-airports.co.jp/news/2021/2990/J_211029_PressRelease_DisasterPrevention.pdf


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 関西エアポート株式会社 >
  3. 関西国際空港 災害対策工事が完了