第1位は『ドリーム』映画初日満足度ランキング(9月第5週)Filmarks調べ

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」発表

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年9月第5週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表いたしました。

2017年9月第5週に上映が開始された映画を対象に、2017年10月2日時点のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とMark!数(レビュー数)を集計。★スコアが高い作品から順に「Filmarks 映画初日満足度ランキング」として算出しました。

【Filmarks 映画初日満足度ランキング(9月第5週)】
順位 作品タイトル ★スコア Mark!数
1位 『ドリーム』(20世紀フォックス映画) ★4.18 1,045
2位 『僕のワンダフル・ライフ』(東宝東和) ★4.00 843
3位 『パーフェクト・レボリューション』(東北新社) ★3.71 90
4位 『亜人』(東宝) ★3.64 1,011
5位 『ポルト』(コピアポア・フィルム) ★3.59 65
6
『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』(ワーナー・ブラザース映画) ★3.50 63


■1位:『ドリーム』の感想・レビュー

「強い意志と勇気で差別に打ち勝った3人の女性の姿に心打たれた」(20代・男性)、「差別・偏見が、はっきりした言葉じゃなくて視線や空気で描かれているところがリアル」(20代・女性)、「絶対前向きになれる映画!」(30代・女性)、「ファレル・ウィリアムスの音楽最高」(30代・男性)、「ハッピーエンド物に素晴らしい音楽がマッチした傑作です」(40代・男性)、「人種差別問題や旧ソ連との緊張した時代背景もきっちり描いている」(50代・女性)

■2位:『僕のワンダフル・ライフ』の感想・レビュー

「冒頭から涙がとまんない!」(10代・女性)、「笑いあり涙ありな心温まる映画でした」(20代・女性)、「人間ドラマ、コミカルなシーン、感動するシーンのバランスがめっちゃ良かった」(20代・男性)、「犬の一生・犬の存在・犬との関わりをとても考えさせられる映画」(30代・男性)、「動物を飼いたい子ども達、そして大切な相棒がいる(いた)大人たちに是非観て感じてもらいたい」(30代・女性)、「ワンコ達の名演技っぷりに脱帽です!」(40代・女性)

■3位:『パーフェクト・レボリューション』の感想・レビュー

「障害者の性やその家族との関係も含めて機微な問題をユーモアを込めて描いた作品。そして気持ちいいラブストーリー」(20代・男性)、「障害という重いテーマだけど、前向きな気持ちにさせてくれる」(20代・女性)、「笑いあり涙ありの展開で面白かった!リリー・フランキー×清野菜名実力派同士のコラボレーション」(20代・男性)、「清野菜名ちゃんのハツラツとした笑顔が可愛い。リリーさんの落ち着いた優しさいいよね」(30代・女性)

※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5点満点)で評価をしたものです。
※Mark!数とは、ユーザーに観た映画として記録された(記録は1作品につき1人1件まで)数を集計した数です。
※本ランキングは公開日から10月2日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。
※本ランキングは公開日から10月2日までのMark!数が60件以上の作品を対象としています。
※本ランキングのデータ及び記事内のレビューは2017年10月2日時点のものです。

(C)2016Twentieth Century Fox
(C)2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC
(C)2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会

【Filmarks(フィルマークス)とは?】

映画レビュー数3,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。

【サービス概要】
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社つみき >
  3. 第1位は『ドリーム』映画初日満足度ランキング(9月第5週)Filmarks調べ