メニコンネクトと名古屋市立大学がアイケアライフスタイルの新たな創案について、産学連携を実施

株式会社メニコンの子会社でコンタクトレンズ関連用品メーカーの株式会社メニコンネクト(本社:名古屋市西区
市場木町390 ミユキビジネスパークビル四号館 代表取締役社⾧ 土田時安、以下メニコンネクト)と名古屋市立大学(名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1 学⾧:郡健二郎、以下名市大)芸術工学部は、アイケアライフスタイルの新たな創案を目的に、産学連携を実施いたしました。

メニコンネクトではコンタクトレンズ・コンタクトレンズケア関連商品の製造だけでなく、アイケアライフスタイルをサポートするオリジナルアイテムの開発に挑戦しています。ライフスタイルが多様化する中で、これまでとは異なるアプローチでユーザーの潜在的ニーズに応えられる販売促進と認知度向上が必要だと考え、人の生活に寄り添そった総合デザインに取り組んでいる名古屋市立大学との産学連携を通じて、新たなメディア施策の創案を目指すことと致しました。


4 月にオリエンテーションを実施し、情報環境デザイン・産業イノベーションデザイン学科の3 年生33 名が参加しました。実習ではメニコンネクト(自社)商品LUTEIN&ME 及びアイケアPROJECT の世界観に沿うように、3 つのカテゴリーにおいてアイデアを募集し、共通ターゲットは35~50 歳女性のオフィスワーカーと設定しました。全8 回の講義及び実習を行い、6 月の最終報告会では、日常のさまざまなシーンでアイケアが意識できるような作品、カラコンアプリ開発の試み、制作時の工夫点、改善点などのプレゼンがあり、学生目線でのアイデアが数多く創出されました。


メニコンネクトは、今回の取り組みで得られた作品を今後SNS などで順次公開していくとともに、社会とのコミュニケーションツールとして活かしていきます。

 

■アイデア作品の紹介
・「アイケアライフスタイル」の世界観構築
「アイケア」、「アイケアライフスタイル」について興味を持ってもらうきっかけ作りとして、写真、映像、ドローイングなど様々な手法を用いて構築しました。アイデア作品はメニコンネクト公式インスタグラムに掲載予定です。
https://www.instagram.com/meniconnect_official/

 

・「アイケアライフスタイル」販促スペースの構築
映像などを用いて限られた販促スペースで興味をひき、商品コンセプトが伝わるような空間デザインを構築しまし
た。

 

・カラコンアプリの開発
実際にカラコンを装用しなくても、アプリ上で顔を認識し目とカラコンの画像を重ね合わせ、装用時が想定できるようなアプリ開発を試みました。

 

<産学連携 実施概要>
担当教員(敬称略):芸術工学研究科教授 横山清子
参加学生:33 名
スケジュール:2018 年4 月13 日~6 月8 日(全8 回)

 

【お問い合わせ】
株式会社メニコンネクト 商品開発部 商品管理係
〒452-0805 愛知県名古屋市西区市場木町390 番地 ミユキビジネスパークビル四号館
TEL:052-325-7351
URL:https://meniconnect.co.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社メニコン >
  3. メニコンネクトと名古屋市立大学がアイケアライフスタイルの新たな創案について、産学連携を実施