新路線高速バス「那須ハイランドパーク号」並びに那須周遊バス「きゅーびー号レッドLine」が運行を開始します。

旅客の利便性向上を目指して、バスでのアクセスが大幅改善!

藤和那須リゾート株式会社が運営する「那須ハイランドパーク」(那須郡那須町高久乙3375、代表:雪
本智史)は、バスのアクセス方法の向上を目指し、観光客の利便性を高めるため2つの新たなバス路線の導入を開始します。1つは、東京駅八重洲南口から運行する新路線高速バス「那須ハイランドパーク号」です。2つ目は、那須町の観光地を巡る那須周遊バス「きゅーびー号レッドLine」です。


那須ハイランドパークへご来園されるお客様の半数以上はお車でお越しいただいております。一方でお車をお持ちでない方や遠方の方からは観光に選ばれにくい場所となっていました。
そんな長年の課題を解決すべくバス運営会社様との協議、ご協力の元この度2つのバス運行が開始され、導入することとなりました。
また、バス利用を促進する事で、観光シーズンの自家用車の交通渋滞を緩和させるとともに、ECO活動にも取り組んでいきたいと考えています。

【那須ハイランドパーク号】
運行開始:2019年3月15日(金) 
出発場所:JR東京駅八重洲南口 高速バスターミナル
行先名:那須ハイランドパーク/TOWAピュアコテージ・NOZARU行
通常運賃:往復5,940円  片道3,400円 (小人半額)
超お得!那須ハイプラン:往復運賃+ファンタジーパスセット 大人7,900円 小人6,500円
運行時刻:行き 東京駅発  7:00  パーク着 10:31
      帰り パーク発 16:13 東京駅着 19:35
車内にはWi-Fiやコンセントを完備しており、快適にお過ごしいただけます。

【きゅーびー号レッドLine】
運行開始:2019年4月1日(月) 予定
運行場所:那須町の各観光施設や宿泊施設などを周遊するバス
料金:1日フリーパス 大人 1,000円 小人 500円(税込)
※ 1日フリーパスは「きゅーびー号イエローLine」乗車への併用がで可能です。

≪那須ハイランドパーク≫
那須高原の大自然に囲まれた、今年40周年を迎えた北関東最大級の遊園地。今春登場する「DarkBox」及び「VRスカイサイクル」は、どちらも既存アトラクションのリノベーションであり、世界初のアトラクションです。そのほか、ぶら下がり式コースター「F²(エフ・ツー)」をはじめとする絶叫系からお子様向けまで楽しめる計8種類のコースターや、2018年新たに導入したハーネスを装着し小さなお子様でも安全に楽しめるボルダリング施設、デジタルボルダリングとエクストリームランを併設した日本初の複合施設「NOBORUNGMA(ノボランマ)」、モーションシートを使用した日本初のシューティングアトラクション「XDダークライド」などの屋内施設も充実。約40 種類のアトラクションのうち、半数以上が3歳未満のお子様も利用可能のほか、ワンちゃんと一緒に乗車が可能なアトラクションがあるなど、小さなお子様連れのご家族やペット連れの方などにご満足いただけます。遊園地に隣接するエリアには、ペットと泊まれる那須ハイランドパークオフィシャルホテル「那須高原TOWAピュアコテージ in NASU HIGHLAND RESORT」や「那須の森の空中アスレチック『NOZARU』」があり、広大な総合レジャー施設となっております。

高速バス予約サイト:https://www.nasuhai.co.jp/access/bus_tour.html
















 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 藤和那須リゾート株式会社 >
  3. 新路線高速バス「那須ハイランドパーク号」並びに那須周遊バス「きゅーびー号レッドLine」が運行を開始します。