農業向け 土壌分析装置<EW-THA1J>を発売(シャープライフサイエンス株式会社)

農作物の生育に必要な6種類の土壌養分の過不足をわずか10分間(※1)で測定

シャープライフサイエンス 土壌分析装置 <EW-THA1J>シャープライフサイエンス 土壌分析装置 <EW-THA1J>



シャープライフサイエンス株式会社(※2)は、農作物の生育に必要な土壌中の養分6種類(硝酸態窒素、アンモニア態窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム)について、わずか10分間で過不足を測定できる土壌分析装置<EW-THA1J>を発売します。
面積の限られた日本の農地では、長年にわたる連作(※3)や過度な施肥などの影響により、一部に養分過多や成分バランスの乱れが生じています。そのため、農作物の生育障害や収穫量の減少が懸念されており、土壌分析に基づく適切な施肥の必要性が高まっています。現在、土壌分析は専門機関に委託するのが一般的で、近隣に分析機関がなかったり、測定に数週間を要したりすることから、土壌分析を実施する農家は、全体の1割(※4)程度に留まっています。
本機は、光センシング技術と独自のカートリッジシステムにより、土壌に含まれる6種類の養分の量を、わずか10分間で簡単に測定することが可能です。試薬の入ったカートリッジと、土を希釈液に浸してろ過した溶液(試料液)を本体にセットすると、養分と試薬が混ざり合い、発色します。そこにLED光を照射して光の透過度をセンシングすることで、6種類の養分の量をそれぞれ計測できます。計測結果は、「分析レポート」としてその場ですぐに確認(※5)することが可能です。また、各養分の過不足をチャートで示すほか、作物の種類に適した肥料の種類や施肥量を提案します。
本機を10月11日から13日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される農業に関する展示会「第7回農業ワールド(※6)」に出展します。

■ 主な特長
1.農作物の生育に必要な6種類の土壌養分の過不足をわずか10分間で測定
2.光センシング技術と独自のカートリッジシステムを採用。試薬の入ったカートリッジと土を希釈液に浸してろ過した溶液(試料液)をセットするだけで簡単に計測可能
3.各養分の量をチャートで示すほか、作物の種類に適した肥料の種類や施肥量を提案

※1 カートリッジをセットしてから養分濃度を算出までの時間です。
※2 ヘルスケア、メディカル関連製品を製造販売する、シャープ株式会社の関係会社。本社:兵庫県神戸市。代表取締役:林家慶。設立:2016年9月。
※3 同一の農地に同一の作物を繰り返し栽培すること。
※4 当社推定。
※5 本機の操作および「分析レポート」の確認には、別途、パソコンやプリンタが必要です。
※6 展示会の詳細はウェブサイトでご覧いただけます。 http://www.nogyoworld.jp/tokyo/ 

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/171010-a.html
【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/171010-a.pdf
【画像ダウンロードサービス】
http://www.sharp.co.jp/press/p171010.html
 
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. 農業向け 土壌分析装置<EW-THA1J>を発売(シャープライフサイエンス株式会社)