『文春オンライン』月間6億PVを突破!

 株式会社文藝春秋(本社:千代田区紀尾井町 社長:中部嘉人)が運営するニュースサイト『文春オンライン』( https://bunshun.jp/)の2021年8月の純PV(自サイトでのページビュー)が、月間6億3094万PV(Google Analytics調べ)に達し、2017年のサイト開設以来、最高のPVを記録しました。これまでの最高値は2021年6月の4億3117万PVで、一気に2億PV近く上乗せしたことになります。


 また、外部配信先での閲覧を加えた総PVは10億9187万PV。UU(自サイトでの閲覧者数)は月間5553万UUを記録。純PV・総PV・UUともサイト開設以来最高の数字となりました。

 『文春オンライン』は2017年1月にオープン。2019年4月に月間1億PVを突破、以降10月に2億PV、11月に3億PV、2020年5月に4億PVと成長し、今回初の月間6億PV超えを達成しました。

 記事別に見ると、『文春オンライン』の報道をきっかけに広く知られた「旭川14歳少女イジメ凍死事件」が、ご遺族が手記を公開したことで再び読まれ、また、「白金高輪硫酸事件」や「小田急線無差別刺傷事件」など、日常に突然起きた事件に注目が集まりました。東京五輪関連の記事も読まれ、特に“幻の東京五輪開会式案”を報じた週刊文春のスクープ「『AKIRA』のバイクが駆け抜け、スーパーマリオが競技紹介… 渡辺直美も絶賛した「MIKIKOチーム案」の“全貌”」に多くの反響がありました。

■『文春オンライン』編集長・竹田直弘のコメント
「コロナ、東京五輪、事件など様々なトピックがあるなか、各方面で読者の"知りたい"に応える記事を出し続けてきたことが、今回の6億PVにつながったと思います。
『文春オンライン』は社が持つ強いコンテンツの集合体です。文春の総合力を生かして数字を伸ばすことがスタート当初からの目標でしたので、ひとつの結果を出せて嬉しいです。
ただ、この数字は通過点に過ぎません。今年3月にスタートした有料版の『週刊文春 電子版』と無料で読める『文春オンライン』、この両輪でさらなる成長を目指したいと思います」
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社文藝春秋 >
  3. 『文春オンライン』月間6億PVを突破!