韓国・ソウルに「ホテル アンテルーム ソウル」を開業

UDS株式会社(所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:黒田哲二 以下UDS)の韓国現地法人 韓国UDS株式会社(以下韓国UDS)は、韓国ソウル・江南地区カロスキルに、企画、設計、運営を手がける「ホテル アンテルーム ソウル」を開業しました。https://www.anteroom-seoul.com/


UDSと韓国UDSが企画、設計を行い、韓国UDSが運営する「ホテル アンテルーム ソウル」は、2011年開業「ホテル アンテルーム 京都」、本年2020年2月開業「ホテル アンテルーム 那覇」に続く、3軒目の「ホテル アンテルーム」です。

UDSグループとしては、中国・北京のMUJI HOTEL BEIJINGに次いで2軒目となる海外でのホテルで、国内で展開してきたUDSのホテルを海外で展開する初のプロジェクトとなります。

■コンセプト・特徴
「ホテル アンテルーム」は、アート&カルチャーで地域に新たな賑わいを生み出すホテルとして展開しています。

今回オープンした「ホテル アンテルーム ソウル」のあるカロスキルは、今はショッピングスポットとして若者を中心に賑わうエリアですが、かつては個性のあるショップとイチョウの木が連なるまちでした。「ホテル アンテルーム ソウル」はそんなまちの記憶を踏まえ、アートやカルチャーに触れることで新しい発見や出会いがあり、ソウルの今のアート&カルチャーを体感できる場として計画しました。

賑やかな通りとは対象的な、温かさや心地よさを重視したデザインで、友人の家に遊びに来たような感覚でリラックスして過ごせる空間としています。

■アート
「ホテル アンテルーム ソウル」においても、「ホテル アンテルーム 京都」開業当初からのパートナーである彫刻家・名和晃平氏率いるクリエイティブ・プラットフォーム「Sandwich」がアートディレクションを手がけます。

地下1階のフロントと繋がった地下2階のギャラリースペース「GALLERY 9.5 SEOUL」では韓国だけでなくアジア全域の若手アーティストの発表の場となることを目指して展開。11月には企画展を開催予定です。

地下1階フロントエリアのアート。館全体のサウンドスケープは原摩利彦氏が手がけます。地下1階フロントエリアのアート。館全体のサウンドスケープは原摩利彦氏が手がけます。


■客室(2-18階 )
客室は約14m²~24m²の全6タイプ112室。木を中心とした自然素材を用いて住宅のようなおさまりや形にこだわり、友人の家を訪れたような感覚で過ごせる温かみのある居心地のよい空間としています。客室最上階18階にはソウルを横断する川、漢江(ハンガン)を一望できるアトリエルームが2室。それぞれに韓国と日本のアーティストによるアートを設置しています。

(左)スタジオツイン (右)18階 ぺ・ソンヨン氏アトリエリーム(左)スタジオツイン (右)18階 ぺ・ソンヨン氏アトリエリーム

​■Art book store & Café & Bar (19階)

最上階には昼間はアート関連を中心にした本を読んだり購入したりできるカフェバーTellers 9.5を展開。日中はArt Book Salon、夜はBarとして営業。ソウルの街並みを一望できるルーフトップテラスからは山の姿を背景に、ビルや住宅の光が輝く韓国らしい夜景が楽しめます。「GALLERY 9.5 SEOUL」で開催する企画展と連動して、ワークショップやポップアップショップなどを展開し、アーティスト自らTeller(語り手)となって交流が生まれる場を目指します。

ブックストア&カフェ:10:00 - 18:00     
BAR :18:00 -24:00 (23:00 L.O.) ※月曜のみ18:00 - 21:00 (LO 20:30)

■ カフェレストラン「I PHO U」 (アイ フォー ユー)(1階)
1階 には朝食からディナーまで提供するベトナミーズカフェ&レストラン「I PHO U」 を設けています。韓国料理をモダンに表現したNew KoreanでAsia's 50 Best Restaurants10位、ミシュランソウル版2つ星を獲得している実力派レストラン「JUNGSIK」(ジュンシクタン)のシェフ、イム・ジョンシク氏による新店舗として、フォーやバインミーなどを夜はワインとともに提供します。

ベトナムの民家をイメージしたダイニングの壁には清川あさみ氏と三木章弘氏の5mのアート作品。ベトナムの民家をイメージしたダイニングの壁には清川あさみ氏と三木章弘氏の5mのアート作品。

フォーかバインミーから選べる朝ごはん20,000ウォン(約1,900円~)フォーかバインミーから選べる朝ごはん20,000ウォン(約1,900円~)

営業時間:7:30- 24:00 ※朝食:7:30-10:30(10:00 L.O.) ※15:00 - 17:00はカフェタイム
定休日 :なし

【施設概要】
名称 : HOTEL ANTEROOM SEOUL  (ホテル アンテルーム  ソウル)
所在地 : ソウル市江南新沙洞561-19 
グランドオープン: 2020年10月22日
アクセス: 地下鉄3号線新沙(シンサ)駅徒歩5分 
客室数 : 112室(全6タイプ) 
付帯施設: ギャラリー、レストラン、カフェバー
規模 : 地下4階、地上19階建
構造 : 鉄骨コンクリート造
敷地面積: 338.3㎡
建築面積: 171.39㎡
延床面積: 3670.5㎡
建築主 : キム・ウシク
企画 : UDS 株式会社、韓国UDS株式会社
設計 : UDS 株式会社、韓国UDS株式会社  
施工 : 建築  EAN R&C、内装  デザインファーム 
アートディレクション: Sandwich Inc.、UDS株式会社
参画アーティスト(五十音順): 大庭大介、鬼頭健吾、清川あさみ、品川美香、田村琢郎、土取郁香、原 摩利彦、ぺ・ソンヨン、三木章弘
運営 : 韓国UDS 株式会社

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. UDS株式会社 >
  3. 韓国・ソウルに「ホテル アンテルーム ソウル」を開業