​猛暑の夏到来!シーン別にどのような対策を行っているのか?

熱中症などの危険から身を守るため、暑さ対策は必須です。そこで、バスタイムでの白髪用ヘアケアシリーズ・Root Vanishを提供する綺和美(スリーエム株式会社 https://jp-shop.kiwabi.com/)では、「夏の暑さ対策」について、さまざまなアンケート調査を行いました。暑さ対策と一言にいっても、室内や外出先では対策方法も変わってくると思います。主な対策としてエアコンを使うのが一般的になりました。その上で、みなさんはシーン別に暑さ対策をどのように行っているのか?という疑問からアンケートを実施しました。また、皆さんが暑さ対策で気を付けていることも聞いてみましたので参考にしてください。
近年、温暖化などの影響で、毎年夏の最高気温を更新しています。2022年の夏もとても暑いと予想されています。

熱中症などの危険から身を守るため、暑さ対策は必須です。そこで、バスタイムでの白髪用ヘアケアシリーズ・Root Vanishを提供する綺和美(スリーエム株式会社 https://jp-shop.kiwabi.com/)では、「夏の暑さ対策」について、さまざまなアンケート調査を行いました。暑さ対策と一言にいっても、室内や外出先では対策方法も変わってくると思います。主な対策としてエアコンを使うのが一般的になりました。その上で、みなさんはシーン別に暑さ対策をどのように行っているのか?という疑問からアンケートを実施しました。また、皆さんが暑さ対策で気を付けていることも聞いてみましたので参考にしてください。
 



1.自宅でのエアコン以外の主な暑さ対策は?

綺和美では、「自宅でのエアコン以外の主な暑さ対策は?」というアンケートを行いました。すると、一番多かった回答は「扇風機」で77%でした。
 



扇風機はエアコンと同時に使って部屋の中の空気を循環させている人が多いようです。エアコンと扇風機の併用はじつは電気代の節約になるとも言われています。

そして、「うちわ・扇子」や「日よけ」などが続きます。自宅での暑さ対策は、ほとんどが扇風機を使用していることが分かりました。

2.外出先での主な暑さ対策は?

次に、外出先での暑さ対策をアンケートで聞いてみました。一番多かった答えは、「「帽子・日傘」で56%でした。
 



半数以上の人が、帽子や日傘で対策しているようです。

そして、次に多かったのは「吸汗・通気性に優れたインナー」で16%でした。さまざまなメーカーから、夏も涼しく過ごせるインナーが出ています。

外出先で洋服が気持ち悪いと気分も落ち込んでしまう人も多いのではないでしょうか。そのようなときに、吸汗・通気性の良いインナーで少しでも快適に過ごしたいと思っている人が多いことがわかりました。

近年の傾向で、携帯用扇風機や首に巻くタイプの冷却グッズなどさまざまなアイデアを活かしたアイテムが増えてきているのも時代の象徴といえます。

3.就寝時のエアコン以外の暑さ対策は?

最後に、就寝時のエアコン以外の暑さ対策も聞いてみました。熱帯夜となる夜も多くなっています。
 



一番多かった回答は、こちらでも「扇風機」で44%でした。やはり、自宅ではエアコンと扇風機が主流のようです。

そして、「冷感タイプの寝具」25%、「薄着」21%と続きます。季節に合わせて寝具を変えることは、気分転換になるのでおすすめです。

冬用の物から、夏用の爽やかなカラーやデザインに変えるだけでも気分的には涼しさを感じられるのかもしれません。

また、薄着と答えた人も一定数いました。ただ暑いから薄着になる人もいれば、体を締め付けられるのは好きじゃないなどと考えている人もいるようでした。

服を薄着にしてエアコンを付けないという人もいましたが、熱帯夜などの夜でも気温が下がらない日は熱中症などの危険があるため注意が必要です。

4.暑さ対策で気を付けていることとは?

皆さんが、暑さ対策で気を付けていることも聞いてみました。皆さん、それぞれ自分の体調管理のためによく気を付けていましたので少しご紹介します。

<暑さ対策で気を付けていること>
  • 水分をこまめに摂る。汗をかいたら冷却効果のあるボディーペーパーで身体を拭く。外出時はなるべく日陰を歩く。
  • 扇風機の風を直接体に受けないように気を付けています。
  • 水分摂取量が少ないので、ミネラル、塩分も補給しながら、水も補給、なるべく麦茶を飲んでいます。
  • 直射日光を避ける。
  • 極度に冷やし過ぎて風邪をひかないこと。
  • 昔は「日傘ってキャラじゃないな」と思っていましたが、ここ2、3年の暑さに耐えきれず日傘を導入しました。とても快適でもっと早く使えば良かったです。
  • 首を冷やすと、暑さがやわらぐので、保冷剤をガーゼでくるんで首に巻いて冷やしています。

このような対策をしているようです。皆さん、体調が悪くならないように、前もって対策を考えているようでした。

とくに水分補給は欠かさず、体を冷やすアイテムなども使いながら暑い夏を乗り越えていることがわかりました。

まとめ

年々、夏の最高気温の記録更新がニュースで流れています。暑すぎる日は、できれば外出は避けたいところ...。

しかし、なかなかそうは言ってられないですよね。そこで、シーンに合わせた暑さ対策で自分の健康を守らなければいけません。

今は、お店に入ると冷房が効いていて、快適に過ごせます。しかし、一歩外へ出ると直射日光を思い切り当たることもあります。

直射日光に直に当たるのは、髪にとってはかなりのダメージになります。暑さ対策を行う場合は、できるだけ帽子や日傘も取り入れて髪の健康も守ってください。

紫外線は白髪の原因になります。気がついたら、チラッと白髪が出てくるかもしれません。そんな方には、綺和美のケア用品で髪のお手入れをすることをおすすめします。綺和美のトリートメントなら直射日光に当たった髪もトリートメント効果でしっかり保湿し白髪対策ができます。トリートメントだけでなく、シャンプーなども人気があるためトータル的にケアが可能です。ぜひ、トリートメント効果で髪を美しく健康に保てる綺和美の白髪染めシリーズ「Root Vanish」でお手入れしてみませんか。綺和美は直販サイト(https://jp-shop.kiwabi.com/)からお申し込みいただけます。

綺和美の他リサーチについてはぜひこちらもご覧下さい。
https://jp-shop.kiwabi.com/blog/category/liferesearch/


【調査概要】
・調査期間 2022年6月
・調査機関 株式会社クラウドワークス
・調査対象 20代〜50代以上の男女100人
・有効回答数 100
・調査方法 インターネットのクラウドソーシングサイト『クラウドワークス』によるアンケート調査
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スリーエム株式会社 >
  3. ​猛暑の夏到来!シーン別にどのような対策を行っているのか?