ジェイアール東日本都市開発30周年プロジェクト 新規事業提案社内コンペ「燈台」にて 事業化プランニングへ進む5チームを決定!

 株式会社ジェイアール東日本都市開発(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出口 秀已、以下 ジェイアール東日本都市開発)と株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原 健太郎、以下 サムライインキュベート)は、ジェイアール東日本都市開発の創業30周年の記念プロジェクトの一環として、社員発案で創る次の30年と称し、新規事業提案社内コンペ「燈台」を実施しております。
 この度、選考を経て、事業化プランニング・初期検証を行う5チームが決定しましたので、お知らせいたします。

 

5チームのメンバー5チームのメンバー

 
1.事業化プランニングへ進む事業案
ライフステージに合わせた自転車レンタル+駐輪場専用区画提供
子供乗せ電動自転車や子供用自転車の購入は、高額な割に子供の成長により買い替えが必要となるなどの課題に対して、家族のライフステージに合った車種の自転車レンタルと駅近駐輪場の専用区画利用権をセットにして、会員月額定額制で提供するサービスにより解決を目指します。レンタルは期間フリー、メンテナンスフリーで、レンタル契約、駐輪場契約、スマホアプリにより自転車解錠施錠等の車両制御を検討します。

開発事業本部 駐車場事業部
渡邉 拓嗣、茂又 環、蓑原 鉄平 
 

お弁当(専用)冷蔵ロッカービジネスの展開
アプリを通じて、ショッピングセンター(以下、SC)のお弁当・惣菜を事前注文・決済し、駅周辺やSC内に設置した冷蔵ロッカーで受け取ることができるというサービス案です。営業時間内だけでなく、営業時間外でも購入可能になるため、営業時間外にもお弁当・惣菜を買いたいというニーズに応えると同時に、食物販店の廃棄ロス削減も図っていきます。

ショッピングセンター事業本部 マーケティング開発部  山田 慎太郎
営業部  笈川 心
 
リモートワーカー向け コリビング&レールパック
近年増えているリモートワーカーのように、場所にとらわれることなく地方で趣味を楽しみたい人へ向けた定額で好きな場所に「移動し、働き、住む」を提供するサービス案です。ジェイアール東日本都市開発のノウハウを活かしたコリビング施設の開発と、JR東日本グループの持つ強みを掛け合わせ、パッケージ化して販売を検討。また、地元の人々との交流も図れるよう地域のプレイヤーとの協業も検討していきます。

開発事業本部 開発一部  安部 功太郎
オフィス・住宅事業本部 開発企画部  吉方 祐樹
 
SHARE NOREN(シェア ノレン)
後継者不在などを理由に、地域に惜しまれつつも“のれん”をおろす飲食店などの看板メニューレシピをシェアし、「引き継いでほしい人」と「受け継ぎたい人」をマッチングする事業案です。また、受け継いだメニューを活かして新店舗を開設したい場合は、ジェイアール東日本都市開発が有する高架下などの物件紹介や運営育成サポートをすることで、ともに、地域性のあるユニークな飲食ブランドの創造も目指します。

ショッピングセンター事業本部 営業部  森山 聡子
総務部 厚生課  北田 綾
 
SNS映えフィッテイングルーム
複数のブランドの服を一緒に試着できるフィッティングルームのサービス案です。
現在のSCの試着室は一つのブランドの衣服しか試着できませんが、様々なブランドの服を比較しコーディネートを楽しめるだけでなく、撮影スペースを併設し、試着した服を着て映える写真も撮ることができます。また、スペースの管理者兼コーディネーターを常設し、希望利用者へはアドバイスを行うサービスも目指します。参加ブランドは、利用者のSNS投稿による宣伝効果と利用者情報を得られる仕組み構築も検討します。

オフィス・住宅事業本部 オフィス賃貸部  渡辺 彩花
物販・飲食事業本部 企画部  會津 里香
 
2.新規事業提案社内コンペ「燈台」概要
 ジェイアール東日本都市開発は、今年創業30周年を迎え、このアニバーサリーをきっかけに「30周年プロジェクト」の一環として、新規事業提案社内コンペ「燈台」を実施しています。

 
 すべての社員、一人ひとりが未来への一歩を踏み出すきっかけをつくるために、全員でその先を照らしていくために。社員全員より、さまざまな新規事業のアイデアを募集し、磨き、かたちにしていくことで、ジェイアール東日本都市開発とお客さまの生活と、社会を、より豊かにしていくことを目指します。
 
 「燈台」では、事業創出支援の実績豊富なサムライインキュベートとともに、ジェイアール東日本都市開発社員が本気で取り組みたい事業を募集。社会や地域、人々が本当に必要としており、「首都圏の多くの主要エリアでの事業実績」「駅周辺の密な事業展開」「幅広い業態の事業能力」などのジェイアール東日本都市開発の強みを活かした提案を2019年6月~2019年8月に募集し、この度、5チームを選出しました。
 
 今後は、各チームにサポートする事業部とサムライインキュベートからメンターが加わり、現在の事業案を具体的に事業にするためのプランニングと初期検証を行い、最終選考会を通過して本格検証することを目指します。



3.スケジュール
2019年6月~2019年8月 アイデア募集期間
2019年9月       審査期間
2019年10月~12月   事業化プランニング期間
2019年12月13日(金) 最終選考会(本格検証に進むチームを選考します)

4.会社概要

ジェイアール東日本都市開発 概要

会社名:株式会社ジェイアール東日本都市開発
代表者:代表取締役社長 出口 秀已
設立年月:1989年(平成元年)4月20日
所在地:東京都渋谷区代々木2-2-2 JR東日本本社ビル13階
​会社HP:http://www.jrtk.jp/


サムライインキュベート 概要

会社名:株式会社サムライインキュベート
代表者:創業者 代表取締役 共同経営パートナー 榊原 健太郎
設立年月:2008年(平成20年)3月14日
所在地:東京都港区六本木1-3-50
​会社HP:https://www.samurai-incubate.asia/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サムライインキュベート >
  3. ジェイアール東日本都市開発30周年プロジェクト 新規事業提案社内コンペ「燈台」にて 事業化プランニングへ進む5チームを決定!