【究極!温泉湯どうふ + 激レア豆腐スイーツ + 冬の恋を叶える神社】 佐賀県と嬉野温泉がお届けする本気の“ほっこりフェス”開幕!「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」

2018年11月8日(木曜日)~11月11日(日曜日)品川シーズンテラス イベント広場にて開催

佐賀県は、情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環として、4万3000人を超える来場者を集めた「品川やきいもテラス」など話題のフェスイベントを多数手がける「タノシナル」とのコラボレーション企画「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」を、東京・品川シーズンテラスで2018年11月8日(木曜日)から11日(日曜日)までの4日間限定で開催いたします。このたび、地酒や豆腐スイーツが楽しめるおみやげストリートや日本三大美肌の湯「嬉野温泉」の足湯・手湯体験などの追加情報を公開しましたのでお知らせいたします。
 

 


  • 「湯おけ」がチケットに?!開放感あふれる屋外でアツアツの温泉湯どうふを食べ比べ
 


公式サイトから購入できる前売りチケットは温泉気分が味わえる「湯おけ」です。購入すると自宅にチケットとしてイベント限定のオリジナルの「湯おけ」と手ぬぐいが届きます。(湯おけは先着購入特典です。湯おけ無しのチケットも購入可能です。)

イベント当日は「湯おけ」を片手に「品川シーズンテラスイベント広場」へ。温泉をモチーフにした大きなのれんをくぐると、都心とは思えない緑あふれる空間で嬉野温泉の銘店5店舗の大鍋がお出迎え。できたての温泉湯どうふを「湯おけ」に入れて、食べ比べを楽しむことができます。

 
  • 湯どうふなのにとろとろクリーミー?! 佐賀発「究極の湯どうふ」を巨大な鍋で会場ご提供!
 


佐賀県・嬉野温泉(うれしのおんせん)で長年にわたって食べられてきた「嬉野温泉湯どうふ」を、今回は通常、地元のイベントのみで使われている湯どうふ用の大鍋で提供し、東京にいながら嬉野温泉を疑似体験できる環境をセッティング。アツアツの湯気に包まれながら湯どうふを振る舞います。


■「嬉野温泉湯どうふ」とは
 


日本三大美肌の湯・嬉野温泉で食されている湯どうふグルメ。嬉野産大豆100%の濃厚な豆乳から硬めの豆腐をつくり、地元に湧き出る温泉で煮込んで食します。絶妙なアルカリバランスを持つ嬉野温泉水によって豆腐のたんぱく質がやわらかく変化し、とろとろクリーミーな食感を楽しむことができます。豆腐にあわせるコクのあるタレも特徴です。

佐賀県は豆腐用大豆として最も評価の高い品種である「フクユタカ」の作付面積・収穫量ともに全国トップクラスを誇っています。また、本県産「フクユタカ」は、その品質の高さと均質性で高く評価されており、豆腐などに仕向けられる普通大豆では、全国で最も高値で取引されています(2017年産)。今回のイベントでは嬉野温泉湯どうふ振興協議会が定める厳しい基準をクリアした豆腐のみを使うため、高品質の味をお楽しみいただけます。

【嬉野温泉公認豆腐 認定3か条(嬉野温泉湯どうふ振興協議会の基準)】
  1. 佐賀県嬉野市で生産され、甘みを多く含む大豆「フクユタカ」を100%使用すること
  2. 濃度12%以上の濃厚な豆乳を原料に使用すること
  3. 凝固剤をつかわず、天然の「にがり(塩化マグネシウム)」だけを使用して固めること

  • 温泉街で作る地酒、パンに塗れる豆腐スイーツ・・・ 佐賀の魅力満載「おみやげストリート」
 

湯どうふに合わせて地酒を湯どうふに合わせて地酒を


チケットがなくても自由に楽しめる「おみやげストリート」では、嬉野の温泉街で作られている地酒「虎之児」や特産品のうれしの茶、東京初上陸の離島直送“パンに塗れる幻の豆腐スイーツ”「石割(いしわり)豆腐生ジャム」が土日のみ数量限定で登場。
 

東京初上陸の珍しい豆腐スイーツも登場東京初上陸の珍しい豆腐スイーツも登場


その他にも佐賀名物・有明海産海苔を使った「有明海のり豆腐」、地元人気豆腐店の川島豆腐の「ざる豆腐」や、豆乳を使ったコスメなど佐賀の魅力満載の商品全31種を販売します。高品質な大豆と2つの山系の軟水からうまれる、こだわりのスペシャル豆腐ワールドをぜひお楽しみください!
 

のり豆腐などユニークな豆腐が集結のり豆腐などユニークな豆腐が集結


  • 入場無料 “美肌の湯”、リアル巫女が冬の恋を結ぶ神社など体験エリアも充実!
 

日本三大美肌の湯「嬉野温泉」日本三大美肌の湯「嬉野温泉」


とろりとした肌触りが自慢の「日本三大美肌の湯」嬉野温泉の温泉水を現地から直送!手軽に楽しめる足湯と、手だけ温泉につかって楽しめる「手湯」を会場で無料開放します。ナトリウムと重曹の絶妙な配合で、肌がしっとりなめらかになる効果を体験することができます。
 

日本三大稲荷「祐徳稲荷神社」日本三大稲荷「祐徳稲荷神社」


あわせて、佐賀から神職と巫女を招き冬の縁結びをお手伝いする神社を開設。 佐賀県の南西部に位置し、年間300万人が訪れる日本三大稲荷のひとつ「祐徳稲荷神社」の全面協力により、おみくじ、御朱印帳がお求めいただけるほか、結婚、健康、受験などに向けた願いを込められる絵馬も頒布。会場で記入した絵馬は現地・佐賀の本殿に運ばれ、祈願奉納されます。

そのほか、抽選で嬉野への招待券が当たる来場者プレゼントもご用意。湯どうふとともに佐賀の魅力をまるごと体験できるコンテンツが満載です!

 
  • 「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」開催概要

【開催期間】 2018年11月8日(木曜日)~11日(日曜日)11時~20時(入場無料)
【開催場所】 品川シーズンテラス イベント広場 (東京都港区港南1-2-70)
【主催】 佐賀県×タノシナル
【協力】 嬉野温泉観光協会、嬉野温泉湯どうふ振興協議会、嬉野市、佐賀県観光連盟、さが県産品流通デザイン公社
【開催内容】
①アウトドアスタイルで楽しめる「とろとろ温泉湯どうふガーデン」 (チケット制)
 <昼の部> 11時~14時 <夜の部> 17時~20時
 前売りチケット 湯どうふ5店舗分 1,300円(税込)を公式サイトで販売中
 ※先着1200名限定特典として「湯おけのチケット」をご用意しています。
 ※湯おけ無しのチケットも購入できます。
 ※当日券は1,500円で会場でお買い求めいただけます。
②佐賀県の地酒・豆腐スイーツなどが楽しめる「おみやげストリート」(入場無料)

 
  • 主催者プロフィール

■佐賀県「サガプライズ!」
2015年7月にスタートした、佐賀県の情報発信による地方創生プロジェクト。企業やブランドとのコラボレーションにより生まれた情報や商品などを通じて佐賀県の魅力を首都圏を中心とした多くの人に届け、得られた知見や事例を県内にフィードバックし、地域資源の磨き上げや地域活性につなげている。
サガプライズ!公式サイト https://sagaprise.jp

■タノシナル
「世界にタノシナル(楽しくなる)ものを発信し続ける」という想いのもと、地上波キー局の人気バラエティを制作していたスタッフたちが集まって2012年に旗揚げしたクリエイティブチーム。全国の焼き芋専門店が集まるフードフェス「品川やきいもテラス」や、通勤時間を利用したアトラクション体験パッケージ「エクストリーム出社」など、日常に隠れた魅力を発見できる体験型エンターテインメントのプロデュースを得意とし、話題を集めている。
タノシナル公式サイト https://tanoshinal.com

 
  • おみやげストリート出品商品(一部)

石割豆腐生ジャム 700円(税込) <神集島(かしわじま)購買部>

東京初上陸の珍しい豆腐スイーツも登場東京初上陸の珍しい豆腐スイーツも登場

佐賀県の唐津市沖合の離島「神集島(かしわじま)」に伝わる豆腐を落としたら石が割れてしまうと例えられるくらいに硬く弾力性に富んだ「石割(いしわり)豆腐」を使った生ジャム。パンに塗れる豆腐スイーツで地元でもめったにお目にかかれない希少な幻の逸品が土日数量限定で登場します。


有明海のり豆腐 300円(税込) <川原食品>

のり豆腐などユニークな豆腐が集結のり豆腐などユニークな豆腐が集結

佐賀県は海苔の生産量・販売量ともに15年連続で全国一を誇る海苔の名産地です。佐賀県産大豆と有明海の海苔を使った海苔の香りが味わえるコラボとうふ。豆乳水とセットで豆腐をトロトロにしていただける鍋セットも合わせて販売します。


直火焙煎ごま豆腐「ペロリン」 300円(税込) <肥前とうふ>

 

ごま豆腐の「ペロリン」を筆頭に、ピーナッツ豆腐「ペロン」、黒ごま豆腐「クロリン」、呉どうふ「プルリン」、京風ごま豆腐「シロリン」の「豆腐5兄弟」として、地元スーパーでもひときわ目を引く商品名のとうふ。会場ではこの「豆腐5兄弟」がせいぞろいします。


虎之児 純米酒 600円(税込) <井手酒造>

 

嬉野の温泉街で大きな蔵造りの店舗を構え、明治元年創業より続く井手酒造で作られる銘酒です。九州の米どころ・佐賀の米と嬉野の清流を活かしたお米の旨味がしっかりのった味わい深い日本酒です。※会場ではミニサイズで販売します。


おやつ大豆 300円(税込) <Karatsu Style>

佐賀県は作付面積・収穫量ともに全国トップクラスで県内のいたるところに大豆畑が広がっています。佐賀県産原料と国産原料、完全無添加など安心・安全にこだわり、女性に嬉しい栄養素を数多く含む大豆をおやつ(スナック)にした商品。「きなこロースト」「黒糖ロースト」「ジンジャーティーロースト」「ねぎ塩ロースト」の4種から味を選べます。

 
  • 湯どうふ出店店舗の紹介
※湯どうふの写真はイメージです。会場では別途容器に入れてご提供いたします。

 
  • 和多屋別荘(わたや べっそう)「老舗旅館の“宿泊者しか食べられないタレ”が味わえる!」
 

 

 

■温泉水のちからで「クリーミー!」な味わい
嬉野温泉のお湯と反応してトロトロ〜!になった豆腐は、ひとくち食べると「うわぁ!クリーミー」と思わず声を上げちゃいます!まるでクリームシチューを食べているような濃厚な舌触り。「お豆腐って、こんな食感になるの?!」まずは食べて、びっくりしてください!

■宿を訪れた人しか食べられない “秘伝レシピのスパイス” 入りゴマだれが食べられる!
和多屋別荘の湯どうふをさらにおいしくするのが、特製のゴマだれ。選びぬかれたゴマに秘伝レシピのスパイスを加えて作られたタレがクリーミーな豆腐にあわさると、全部飲み干したくなるほどおいしいスープに変身しちゃいます!しかも実はこのゴマだれ、和多屋別荘を訪れた人だけが食べられる、とても希少なタレ。普段東京では食べることができません。でも……今回は「とろとろ温泉湯どうふガーデン」で特別にご提供します。この機会にどうぞ、お見のがしなく!

 
  • 茶心(ちゃごころ)の宿 和楽園(わらくえん)「食べるたびに味わい変化! とろりとろける温泉湯どうふ」
 

 


■ひとくち目は「つるっつる!」、ふたくち目は「とろっとろ!」 食感が変わるふしぎな製法
とことんキメをこまかくした特製の豆腐は、食べるごとに味わいの変化が楽しめる不思議な魅力を持っています。ひとくち目は、舌でもはっきりわかる「つるっつる」の食感。思わずふたくち目を食べると・・・・今度「とろっとろ」の食感に!嬉野温泉のお湯と豆腐の組み合わせが織りなす不思議な味に、びっくりすること間違いなし。

■酸味のきいた特製ごまダレに、地元名産・嬉野茶の茶葉をトッピング!

和楽園の自慢は、ほのかな酸味の特製ごまダレ。 会場ではお出しする直前に、香りの深い地元名産・嬉野茶(うれしのちゃ)の茶葉をトッピングします。 ブラウンの美しいタレの海に、とろけたお豆腐がクリーム状にひろがる様子はなんとも豪華な風景。 レンゲですくって口にいれると、ふわりと濃厚なゴマと深みある嬉野茶の香りが口のなかを抜けていきます。

■地元名産・嬉野茶の露天風呂が自慢、“嬉野温泉愛”あふれる宿
「こんなに素敵な嬉野温泉を、もっと全身で楽しんでもらいたい!」という思いからつくられた、地元名産の「嬉野茶(うれしのちゃ)」が入った「名物露天茶風呂(めいぶつろてんちゃぶろ) 緑泉(りょくせん)」が海外からも高い評価を得ています。嬉野を愛し、嬉野に愛された宿がお届けする、地元愛のたっぷり溶け込んだ温泉湯どうふをお楽しみください

 
  • 藤川豆腐店(ふじかわとうふてん)なめらか食感の温泉湯どうふを、甘辛濃厚タレで
 

 


■地元・嬉野市の契約農家の大豆でつくる 「なめらか食感」の豆腐


大切にしているのは「湯どうふにもっとも適した食感の豆腐を作ろう!」という思い。原料となる大豆は、地元・嬉野市の契約農家が生産するものを100%使用しています。やわらかくキメのこまかいその食感は、濃く仕上げた豆乳をスキマなく型に流し込むことで実現。鍋のなかでとろけた豆腐をひとくち食べた瞬間、甘く豊かな大豆の風味が広がります!

■甘辛ストロングスタイルのタレ
温泉湯どうふの魅力を最大限に引き出すのが、スプーンですくってもなかなか離れないほどに練り上げられた甘辛&濃厚なゴマだれ! たっぷりのゴマをつかい、オリジナルの配合で仕上げています。豆腐のうまみを後ろから強力なうまみで持ち上げてきて、気がつくとレンゲを進める手が止まらなくなっていきます。

 
  • 福田とうふ店(ふくだとうふてん)「午前1時半から仕込む濃厚豆腐を、特製九州醤油だれで。」
 


■「大豆のコクを感じる」ことを考えて作った豆腐。


嬉野温泉湯どうふに欠かせないのが、地元嬉野で生産される優良品種の大豆「フクユタカ」。一般の豆腐にくらべてタンパク質の量が多く、濃厚な味わいが特徴的なんです! この大豆のおいしさを最大限に味わうことをだけを考えて作られたお豆腐をたずさえて、「とろとろ温泉湯どうふガーデン」に参加します。

■豆腐とからまる、特製醤油だれ
福田とうふ店の自慢は、豆腐とよく合う特製の醤油だれ。とろりとした甘さが特徴の九州醤油をベースに、大豆のうまみがいっそう引き立つよう、絶妙なバランスで造られています。あらかじめ器にたれをたっぷり入れておき、鍋からすくいあげた豆腐をからめるようにしていただくのがオススメ。

■福田とうふ店の朝は「午前1時半」からはじまる
朝早い時間から動くことの多い豆腐屋さんのなかでも、とくに“早起き”なのが福田とうふ店。もはや朝というより深夜といえる「午前1時半」から仕込み場にたち、嬉野のおいしい水をたっぷり吸った大豆を、新鮮なままいっきに豆腐に仕上げていきます!これも、新鮮なできたてを地元の旅館やご家庭で「朝ごはん」に食べてもらうため。嬉野の人々の元気と笑顔は、暗いうちから全力で大豆のおいしさを追いかける、福田とうふ店の人々の努力が支えているのかもしれません。

 
  • このめの里「“雪どけ”のような風流な舌ざわりを、甘みを効かせたゴマだれで」
 


■冬の嬉野を思わせる、「淡雪」のような食感


「このめの里」の温泉湯どうふは、口のなかで「消える」不思議な豆腐。レンゲのうえでほろほろとした豆腐をひとくち食べると、ふわっと軽い食感とともに大豆の香りが舞い散り、つぎの瞬間なにごともなかったように口のなかが静まりかえります。さっきまで食べていた温泉湯どうふはどこに…?? おもわずもうひとくち、もうひとくちと試したくなってしまいます。まるで冬の嬉野温泉に舞う「淡雪」のような、風流さを舌で味わうことができる逸品です。

■豆腐がとろとろにとけたおつゆに合わせると最高のスープに! 甘みを効かせた特製ゴマだれ
「このめの里」の温泉湯どうふは、豆腐のうまみがたっぷり溶け込んだ鍋のおつゆに特製ゴマだれをお好みで入れ、スープのようにして食べるのがおすすめ。豆腐のもつうまみ成分があますところなく発揮されて、温泉湯どうふを何度も楽しむことができます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 佐賀県 >
  3. 【究極!温泉湯どうふ + 激レア豆腐スイーツ + 冬の恋を叶える神社】 佐賀県と嬉野温泉がお届けする本気の“ほっこりフェス”開幕!「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」