「LUX Social Damage Care Project」第1弾。個人の適性や能力に焦点をあてた採用活動の拡大を目指して、企業の採用担当者等に向けたオンライン説明会を4月24日(金)に開催

履歴書から顔写真の提出と性別の記入を不要に。「#性別知ってどうするの」関連話題がTwitterで1.5万件*1投稿、YouTube動画は169万回再生突破

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役 社長:サンジェイ・サチュデヴァ)が展開するトータルビューティーケアブランド「LUX(ラックス)」は、無意識に生じる性別への先入観について、社会に気づきを発信しながら、それを実際に取り除くアクションを起こしていく「LUX Social Damage Care Project(ラックス ソーシャルダメージケア プロジェクト)」を今年3月に発表しました。

本プロジェクトは多くのメディアに取り上げられました。「#性別知ってどうするの」関連話題はTwitterで1.5万件*1投稿され、YouTubeに掲載した動画「LUX Social Damage Care Project:採用篇」は公開からわずか1ヶ月で169万回以上再生されています。また、企業のご担当者様からも多数のお問い合わせをいただきました。

社会をよりよいものに変えることは、ユニリーバ・ジャパンだけでは成し得ることはできません。ラックスは、性別に対するイメージの先入観がある事実と向き合いながら、採用活動は個人の適性や能力に焦点をあてるべきという考えに賛同いただける仲間を増やしていきたいと考えています。

 この想いから、このプロジェクトに関する説明会「LUX Social Damage Care Projectジェンダーデベロップセミナー」を4月24日(金)にオンライン配信にて実施いたします。本イベントには、本プロジェクトを企画したラックスのブランド担当者に加えて、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社・取締役人事総務本部長・島田由香、アシスタント⼈事マネジャーのバスマジェ詩織、株式会社ビズリーチ・HRMOS事業部 カスタマーサクセス部 部長・鈴木雄太氏が登壇します。採用業務に携わる方々等に向けて、このプロジェクト実施に至るまでの背景やノウハウを語り、日本の採用が抱える課題やこれからの採用のあり方をテーマにしたディスカッションを行うコーナーや、参加者から直接質問をいただくQ&Aコーナーをご用意しています。

 少しでもご興味いただける方には、ぜひご参加賜りますようお願い申し上げます。

■ラックスについて
ラックス・ヘアは1989年の「ラックス スーパーリッチ」の発売から今年で31周年を迎えます。多くの国や地域で販売され、日本でもヘアケア市場で5年連続、売上No.1*2を達成しています。日本上陸以降、ラックスは常に日本人の“女性らしい美しさ”を追求し、移り変わる時代ごとのヘアケアニーズに応え、髪や肌を美しく輝かせることをサポートしてきました。また、“SHINE WITH NO LIMITS-女性の輝きに、限界なんてない-”というメッセージを掲げ、現代社会を生きる女性が、より生きやすく、より自分らしく輝ける未来を目指しています。

*1 「BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長調べ」
*2 INTAGE SRI シャンプー・コンディショナー市場2014年10月~2020年3月金額シェア

■開催概要
イベント名:
LUX Social Damage Care Projectジェンダーデベロップセミナー

日時:
2020年4月24日(金)15:00〜17:00

参加方法:
参加のお申し込みは、下記申込フォームに必要事項をご記入ください。
後日メールにて視聴URLをご案内させていただきます。

URL:
https://zoom.us/webinar/register/WN_q2sObD0qQdaEBzvn0FdOjw

タイムテーブル:
・LUXがSocial Damage Care Projectに取り組む背景や想い /ユニリーバ:緒明彩
・株式会社ビズリーチが本プロジェクトに賛同した理由 /ビズリーチ:鈴木雄太
・採用活動で履歴書から顔写真と性別を除くオペレーションのご紹介/ユニリーバ:バスマジェ詩織
・パネルディスカッション/ユニリーバ:緒明彩、島田由香、ビズリーチ:鈴木雄太
 日本の採用がどう変わってきているか
 海外と日本の採用の違い
 そのなかで日本の採用において何が課題か
 男女関係なく活躍できる社会を作るためには何が必要か
 そのために企業は、人事・Diversity & Inclusion担当者、現場の組織では、どんなことが出来るか、
 履歴書から性別を取り除くことで、自分の会社・社会でどのような変化を起こせると思うか
・Q&A

注意事項:
本イベントはメディア取材が入る可能性がございます。予めご了承のほど宜しくお願いいたします。

 ■登壇者のご紹介
ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社
マーケティング - ホーム&パーソナルケア
ブランドマネージャー ラックス ヘア プレミアム
緒明彩


2008年慶応義塾大学卒業後、外資系化粧品メーカー入社。
2016年ユニリーバ入社後、マーケティングに従事。
ダヴやクリアを担当し、産休を経て、2018年5月よりラックス ヘアを担当し、
現在に至る。性別関係なく、長期的に活躍し「輝き続ける女性」を目指し、
専門領域を身につけることを志し、マーケティングに携わる。


ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
取締役人事総務本部長
島田由香


1996年慶応義塾大学卒業後、株式会社パソナ入社。
2002年米国ニューヨーク州コロンビア大学大学院にて
組織心理学修士取得、日本GEにて人事マネジャーを経験。
2008年ユニリーバ入社後、R&D、マーケティング、営業部門のHRパートナー、
リーダーシップ開発マネジャー、HRダイレクターを経て
2013年4月取締役人事本部長就任。
その後2014年4月取締役人事総務本部長就任、現在に至る。
学生時代からモチベーションに関心を持ち、キャリアは一貫して人・組織にかかわる。
日本の人事部「HRアワード2016」個人の部・最優秀賞、
「国際女性デー|HAPPY WOMAN AWARD 2019 for SDGs」受賞。
米国NLP協会マスタープラクティショナー、マインドフルネスNLP®トレーナー。

 
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
ヒューマンリソース アシスタント人事マネジャー
バスマジェ詩織


2012年ユニリーバに営業職として新卒で入社。
2015年に人事に異動、2016-2018年まで新卒採用を担当し、
通年採用プログラム「UFLP365」の戦略立案・実行を行った。
現在は営業部門のビジネスパートナー、
ダイバーシティー&インクルージョンの戦略リード、
採用の戦略・企画立案、と幅広く業務を担当している。
プライベートでは1児の母。


株式会社ビズリーチ
HRMOS事業部 カスタマーサクセス部 部長
鈴木雄太


上智大学理工学部を卒業後、大手製薬会社へ入社。
その後、IT企業でエンジニアとしてHR系システムの企画、開発、運用に従事。
中途採用の責任者を経て、2017年1月にビズリーチへ入社。
HRMOS事業部でカスタマーサクセス部を立ち上げ、2018年8月より現職。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社 >
  3. 「LUX Social Damage Care Project」第1弾。個人の適性や能力に焦点をあてた採用活動の拡大を目指して、企業の採用担当者等に向けたオンライン説明会を4月24日(金)に開催