日本の海や魚の危機的状況を知ってほしい。絵本ナビ「海の絵本プロジェクト」に参加し、絵本を制作

未来を担う子供たちに向けた絵本『さかなが いなくなっちゃうって!?』

年間1,400万人が利用する絵本情報サイトを運営する株式会社 絵本ナビ(本社東京都新宿区 / 代表取締役社長CEO 金柿秀幸、以下絵本ナビ)は、一般社団法人 フィッシャーマン・ジャパン、一般社団法人G1 海洋環境研究会、株式会社 セブン&アイ・ホールディングス、マルハニチロ株式会社と共に、日本の海の危機的な現状を伝え、親子で話し合うきっかけとなるよう、絵本『さかなが いなくなっちゃうって!?』を制作致しました。

 

 

 

■日本の海は、いま危機的状況にある
サンマ、サケ、イカ。私たちが大好きなこれらの魚介は、2019年にいずれも記録的不漁でした。
この他にも、日本全国規模で不漁のニュースが相次いでいます。

また地域ごとに見てみると、より漁の深刻な状況がうかがえます。
例えば宮城県石巻魚市場では、たった10年間でホッケの水揚量がこんなにも減っているのです。
 

 


国連の掲げる持続可能な開発目標「SDGs(エスディージーズ)」でも、17の大きな目標の中に「海の豊かさを守ろう」が挙げられていますが、とりわけ日本は危機的状況に置かれているのをご存じでしょうか。

このままでは、いつか魚が食べられなくなる日がやって来てしまう。
未来を担う子供たちに、海や魚のいまをきちんと知ってもらいたい。
消費者として何をすべきか、親子で話し合ってもらいたい。

そんな思いから、2019年夏に「海の絵本」の制作はスタートしました。
そして2020年4月に出来上がったのが『さかなが いなくなっちゃうって!?』。


■さかながいなくなっちゃうって!? 私たちに出来ることは?

 

え セキ・ウサコ ぶん さくら かほりえ セキ・ウサコ ぶん さくら かほり

 

  • タイトル:さかなが いなくなっちゃうって!?
  • 発行:2020年4月1日
  • 仕様:上製本(A4ヨコ、本文32頁)
  • 企画:一般社団法人 フィッシャーマン・ジャパン
  • 監修:一般社団法人G1  海洋環境研究会
  • 協力:株式会社 セブン&アイ・ホールディングス、マルハニチロ株式会社、株式会社 絵本ナビ
  • 絵:セキ・ウサコ
  • 執筆・編集・アートディレクション:株式会社 A-Create
  • 印刷:図書印刷株式会社

<あらすじ>
ある日、さとしに宅配便が届きます。いつも楽しみにしている「新鮮なお魚」の贈り物です。さとしのおじさんは漁師で、新鮮な魚をよく送ってくれていました。しかし、同封されていた手紙の内容に、さとしは驚きます。「海の魚が少なくなっている」というのです。海には魚がたくさんいると思っていたさとしは、信じられませんでした。さとしは、遊びにきたおじさんに、その理由を聞くことにしたのですが…。
 


作中では「漁業法」「海のエコラベル」といったトピックスが、漁師の「おさかなはかせ」によってわかりやすく伝えられます。未来のために始まっているこうした取り組み。巻末にはそれらの解説も載っており、親子で楽しく学べる1冊となりました。

■絵本の届け方においても新たな試みを
また今回絵本の届け方においても、新たな試みがなされました。
それは一般社団法人 フィッシャーマン・ジャパンがクラウドファンディングを募り、支援者の方に絵本をプレゼントするというもの。結果、無事に目標額を133%達成し、300人近くの方に絵本をお届けすることに成功。
クラウドファンディングを介することで、多くの方々に海の現状を知ってもらうことが出来ました。
※上記のクラウドファンディングは、2020年2月12日~4月8日「GoodMorning」上で実施されたものです。
URL: https://camp-fire.jp/projects/view/229119

■絵本を通して、社会課題に向き合う
絵本ナビとしても、こうした社会課題に関する絵本を制作することが、大人をはじめ子供たちが身近に起きている問題に目を向ける、大変良い機会になると考えております。
今後も絵本ナビでは、絵本を通じた様々なプロジェクトに参加してゆければと思います。

■絵本ナビ 概要 http://www.ehonnavi.net/
「子どもに絵本を選ぶための情報を集めた参加型絵本紹介サイト」というコンセプトで、2002年4月にオープンしたインターネットの絵本サイト。100 社を超える絵本出版社の協力を得て絵本の画像や紹介文を掲載しています。日本初となる市販絵本のデジタル読み放題作品は300作品以上、業界初となる、Web上で「一冊につき一度だけ」全ページが試し読みできるサービスの対象は2,400作品以上、一部試し読み可能作品は9,600作品以上、年間利用者数は1,400万人となっています。「子どもとどんな時間を過ごせたか」など、この絵本をこれから子どもに選ぼうとしている方へのアドバイス、という観点で書かれた39万件以上に上る利用者の「生の声」は、ただの評価にはない温かみと、情報としての深みがあるとして好評。独自の評価ランキングや、対象年齢別のおすすめ絵本、新着レビューコーナー、新刊絵本紹介、メールマガジンなど、豊富なコンテンツで、子育て中の母親を中心に人気を博しています。

■会社概要
会社名 : 株式会社絵本ナビ
代表者 : 代表取締役社長CEO 金柿秀幸(かながき ひでゆき)
所在地: 〒163-0228
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階
設立 : 平成13 年(2001)年10 月25 日
資本金: 1億円(資本準備金1億8,450万円)
URL: http://www.ehonnavi.net/corporate/
事業内容: インターネット・メディア事業、マーケティング支援事業、コマース事業

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社絵本ナビ マーケティング支援事業部
E-mail: press@ehonnavi.net
TEL: 03-5909-5360(平日10:00-12:30、14:00-17:00) FAX : 03-5909-5361

※本広報資料は、ご自由にご転送・ご引用ください。また、絵本ナビの画面キャプチャーなどご自由に使って頂いて構いません。

以上
  1. プレスリリース >
  2. 絵本ナビ >
  3. 日本の海や魚の危機的状況を知ってほしい。絵本ナビ「海の絵本プロジェクト」に参加し、絵本を制作