大阪YMCA国際専門学校の貿易実務講座で、国際物流についての講義を実施しました

阪急阪神エクスプレスは、11月26日(火)に神戸航空貨物ターミナル(K-ACT)の協力のもと、同施設において、大阪YMCA国際専門学校の貿易実務講座カリキュラムの一環として、施設見学と貿易実務ついての講義を行いました。
講義には各国からの留学生43名を含む合計49名の学生が参加。当社は輸出入航空貨物のフローやワシントン条約(*1)その他多岐に渡る貿易関連法規など、国際物流の基本的な仕組みを解説しました。

当社は、今後もさまざまな機会を通じて、留学生をはじめ海外の人材の育成支援に協力してまいります。

(*1)ワシントン条約:「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」、通称「ワシントン条約」
英文名称は”Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora“



阪急阪神エクスプレス https://www.hh-express.com/jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/7332_2575e235edb728b580ea3baecfc376cc3387dd4b.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社阪急阪神エクスプレス >
  3. 大阪YMCA国際専門学校の貿易実務講座で、国際物流についての講義を実施しました