ランニングシューズ「WAVE SHADOW 4」新発売

シューズ用高反発ソール素材『MIZUNO ENERZY』搭載   

ミズノは、独自に開発した高反発ソール素材『MIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)』を搭載したランニングシューズ「WAVE SHADOW 4(ウエーブシャドウフォー)」を、7月1日から全国のミズノ品取扱店で発売しています。
「WAVE SHADOW」は、ソール部にミッドフット(中足部)着地を促す構造を採用し、スピードトレーニングに適したランニングシューズとして2017年にデビューし進化を続けてきました。「WAVE SHADOW 4」は、従来のソール素材*1と比較して、反発性が約15%*2向上した新素材『MIZUNO ENERZY』を搭載しています。
*1 U4ic(ユーフォリック)
*2 %は従来のソール素材(U4ic)と材料性能のみについて比較したもので、製品性能は設計等により効果や感じ方が異なります。反発性は鉛直方向に圧縮した場合の比較(当社比)です。(向上度合いを示し、生産上、数値はばらつくことがあります)

「WAVE SHADOW 4」のグローバルでの販売目標は45,000足。国内販売目標は20,000足です。
(発売から一年間)

                「WAVE SHADOW 4(ウエーブシャドウ4)」
                   ¥13,090(本体価格¥11,900)

■『WAVE SHADOW 4』の特長について

■ソールに高反発素材『MIZUNO ENERZY』搭載

新素材『MIZUNO ENERZY』は、柔らかさによってためた接地時のエネルギーを、ロスを少なく反発させるミズノ独自の新素材で、総合スポーツ用品メーカーとしてシューズカテゴリー以外の用具開発を通して培った反発性に関する知見を活用して開発されました。
 



『MIZUNO ENERZY』について
https://www.mizuno.jp/technology/mizuno_enerzy/

■ミズノの基幹機能である『MIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)』*3を採用
*3 シューズのソール部に波形形状を取り入れることで、縦方向の衝撃を吸収し横方向のズレには安定性を発揮するミズノの基幹機能です。

■中足部接地を促すソール構造を採用

詳しくはこちら

https://www.mizuno.jp/running/waveshadow/

 


 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ミズノ株式会社 >
  3. ランニングシューズ「WAVE SHADOW 4」新発売