東京医療保健大学 対面型とオンラインを併用した公開講座を目黒区と共催 「子どものネット依存!家庭でできる予防と対策」

2021年11月27日(土)13時30分~14時30分

 学校法人 青葉学園が運営する東京医療保健大学(本部:東京都品川区、理事長:田村哲夫、学長:亀山周二、以下本学)は、目黒区と共催で公開講座「子どものネット依存!家庭でできる予防と対策」を2021年11月27日(土)に開催します。


■本講座について
 コロナ禍による休校や外出制限が続き、子どものスマホやゲーム依存が問題になっています。ゲームやSNSに熱中するあまり、子どもの欲求や気持ちに気づかなかったり、睡眠や食事のリズムが乱れがちになったりしています。本講座では、ネット依存の現状を把握し、依存によってもたらされる子どもたちの生活について理解を深めることで、家庭で実践できるネット依存の解決策を提案します。

 本講座は対面型の受講方法に加え、オンラインでの参加も可能です。新型コロナウイルス感染症の流行拡大により外出を控えられている方や、遠方の方でもリアルタイムで講座に参加いただけます。

 本学は、今後も地域に密着した社会貢献活動を通じ、地域の発展、課題解決に寄与することで、地域の皆さまにも貢献できる取り組みを展開してまいります。


<公開講座の概要>

■タイトル:子どものネット依存!家庭でできる予防と対策
■日時:2021年11月27日(土)13:30~14:30
■参加方法:対面・オンライン
■対象:目黒区在住・在勤・在学の方で小学生の子どもを持つ保護者・家族
■定員:対面30名、オンライン70名(抽選)
            ※対面で参加の場合、4歳以上のお子様の保育可能(抽選15名)
■参加費:無料
■講師:東が丘・立川看護学部 看護学科 准教授 玄順烈
■申込方法:電話・ハガキ・FAX・電子申請(目黒区HPより)で、必要事項をお知らせください。
■申込締切日:2021年11月12日(金)
■宛先・問合せ先
〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号
目黒区教育委員会事務局生涯学習課生涯学習係
電話:03-5722-9314(直通) ファックス:03-3715-3099

※新型コロナウイルス感染症の状況により、対面受講のみ中止となる場合があります。


<講師情報>

東京医療保健大学 東が丘・立川看護学部 看護学科
玄 順烈 准教授

所属:東が丘・立川看護学部 看護学科
学位・資格:看護学修士 / 哲学学士 / 看護師 / 介護支援専門員 /中学校教諭1種 / 高等学校教諭1種
担当科目:(学部)小児看護学実習 (大学院)小児看護学
研究テーマ:在宅における障害児の看護について
 

 

【東京医療保健大学とは】
理事長   :田村哲夫
学長    :亀山周二
設立年度  :2005年
本部    :東京都品川区東五反田
キャンパス :五反田キャンパス、世田谷キャンパス、国立病院機構(東が丘)キャンパス、
                      国立病院機構立川キャンパス、船橋キャンパス、雄湊キャンパス(和歌山)、
                      日赤和歌山医療センターキャンパス(和歌山)
学部(学科) :医療保健学部(看護学科、医療栄養学科、医療情報学科)、
                     東が丘看護学部(看護学科)、立川看護学部(看護学科)、千葉看護学部(看護学科)、
                     和歌山看護学部 (看護学科)
専攻科   :助産学専攻科、和歌山助産学専攻科(2022年4月開設)
大学院   :医療保健学研究科(修士課程8領域、博士課程3領域)、
                      看護学研究科(修士課程4コース、博士課程)
                      和歌山看護学研究科(修士課程3領域)、千葉看護学研究科(修士課程)
学生数   :3,093名 (2021年5月現在)

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人青葉学園 >
  3. 東京医療保健大学 対面型とオンラインを併用した公開講座を目黒区と共催 「子どものネット依存!家庭でできる予防と対策」