エミレーツ航空、航空券の有効期限を最大36か月までに延長

これまでに200万人以上に、柔軟な航空券の利用オプションを提供

 

  • 2022年5月31日までに利用予定の航空券の有効期限を予約日から最大36か月まで延長
  • 利用者への払い戻し手続きの所要時間を短縮し、迅速に対応 

 


エミレーツ航空は、常にお客様が安心して旅行を計画していただけるよう、航空券の利用条件を見直し、最新の運賃規約を発表しました。コロナ禍の影響で旅行業界が大きく変化した中、エミレーツ航空は2020年3月以降、200万人以上の利用者の要望に応え続けてきました。渡航日や目的地の変更はもちろん、将来の航空券予約に使用できる旅行クーポンへの交換などのオプションを提供。旅行クーポンを航空券に交換した利用者はこれまでに9万2千人以上、そのうちの約4割にあたる3万8千人以上が旅行クーポンを実際に利用しました。 

エミレーツ航空の営業部門統括責任者であるアドナン・カジムは次のように述べています。「海外旅行の需要が徐々に高まる中、我々は今後も利用者に高い保証と柔軟性を提供する取り組みを中心とした戦略を展開し続けます。最も利便性の高い予約ポリシーを保証することで、エミレーツ航空をご利用のお客様はコロナ禍でも安心して旅行計画を進められるようになりました。これには、お客様がストレスなく予約変更できる柔軟な予約ポリシーの他、旅行クーポンへの簡単な交換、迅速な返金対応、業界をリードするマルチリスク旅行保険の適用、スカイワーズ会員のステータスとマイルの期限延長などが含まれます。」 


エミレーツ航空は、パンデミック当初から業界に先駆けて柔軟な航空券の有効期限を含む運賃規約を導入し、予約日から最大24ヶ月まで航空券の有効期限を延長してきました。今回、この規約を再度見直し、2021年4月1日までに予約し2022年5月31日までにご旅行予定の航空券をお持ちのお客様は、予約日から最大36か月までご利用いただけるようになりました。これにより、お客様はより安心して予約し、スムーズに旅行計画を進められるようになりました。 

また、エミレーツ航空は継続してお客様への払い戻し手続きに対応しており、新型コロナウイルスの感染拡大以降、約330万件の払い戻し申請に応じてきました。航空券の払い戻しの管理機能を強化し、旅行代理店やお客様に迅速な対応を行うことで、より多くの信頼、信用、そして絆を築き上げてきました。 


さらに2020年12月以降、エミレーツ航空をご利用のお客様の航空券には、包括的なマルチリスク旅行保険が自動付帯されています。エミレーツ航空は、世界で初めて旅行者に追加補償を提供した航空会社のひとつであり、安心感を高める取り組みを強化しています。この保険が導入されて以来、720万人以上のお客様がマルチリスク旅行保険によって守られていることで、安心してフライトを楽しんでいます。 

エミレーツ航空は、フリークエント・フライヤーの会員の皆様との絆を強める取り組みにも尽力しています。現在まで、マイレージ・プログラムのエミレーツ・スカイワーズは、63万人以上のシルバー、ゴールド、プラチナ会員のステータスを2022年まで延長しました。また、これまで510億スカイワーズマイルの有効期限を延長し、会員が今後のフライトやアップグレード、その他のパートナー特典のために保持できるようにしました。 

エミレーツについて  
エミレーツ航空は2002年に日本への就航を開始しました。成田国際空港や関西国際空港からドバイをはじめとする世界各地へ、最も快適な空の旅を提供しています。エミレーツ航空はその商品やサービスが評価され、世界のアワードの数々を受賞しており、今年のワールド・トラベル・アワードでは「リーディング・エコノミークラス」「エアライン・リワード・プログラム」「ビジネスクラス空港ラウンジ」の3部門で受賞しています。 


お問い合わせ先
エミレーツグループ 広報
Redhill株式会社
Email: ekjapan@redhill.asia
  1. プレスリリース >
  2. エミレーツ航空 >
  3. エミレーツ航空、航空券の有効期限を最大36か月までに延長