今、最も注目される若手落語家・柳亭小痴楽が文芸誌「小説新潮」に初登場!

12月22日発売の「小説新潮」1月号に、柳亭小痴楽氏のコラム「時代小説にハマった話」を掲載します。
2019年に真打に昇進し、落語界の次代の担い手として期待されながら、大の読書家としても知られる柳亭小痴楽氏による、愛してやまない時代小説との出会いを綴ったコラムが「小説新潮」1月号に掲載されます。なぜ時代小説を読むようになったのかだけでなく、小痴楽氏の本棚の一端が見えてくるような、小気味よい1ページになっています。
 



柳亭小痴楽(りゅうてい・こちらく)
1988年、五代目柳亭痴楽の次男として生まれる。2019年真打昇進。初エッセイ集に『まくらばな』(ぴあ)がある。

【タイトル】「小説新潮」2021年1月号
【発売日】2020年12月22日(火)
【本体定価】1000円(税別)
【URL】https://www.shinchosha.co.jp/shoushin/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. 今、最も注目される若手落語家・柳亭小痴楽が文芸誌「小説新潮」に初登場!