プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

一般社団法人十和田奥入瀬観光機構
会社概要

持続可能な観光国際基準を学ぶ「GSTCサステナブルツーリズム研修」が、十和田市で開催されました。

一般社団法人十和田奥入瀬観光機構

 一般社団法人十和田奥入瀬観光機構(TOWADA TRAVEL)は、観光庁が令和5年4月18日付で公募しました「持続可能な観光推進モデル事業」に採択されており、この度、十和田市にて持続可能な観光国際基準を学ぶ「Global Sustainable Tourism Council・Sustainable Tourism Training Program(GSTC STTP)」が開催されました。

 今回の研修には、十和田市内外の観光事業者のほか、環境省、青森県、十和田市の関係者が参加。3日間にわたって講義、グループワーク、フィールドワークが行われました。

当機構からも職員が参加し、持続可能なマネジメント、社会経済、文化、環境のサスティナブル地域基準、指標等について学びました。


■日時:2023 年 12 月1 日(金)~ 12 月3 日(日)

■場所:奥入瀬渓流館(青森県十和田市奥瀬栃久保183)

■講師:GSTC 公認トレーナー 荒井 一洋 氏(NPO 法人大雪山自然学校代表、北海道アドベンチャートラベル協議会会長)

【GSTC公認トレーナー 荒井 一洋 氏による講義】

【各グループに分かれてグループワーク】

【フィールドワーク(十和田ビジターセンター)】

【フィールドワーク(十和田神社)】


十和田市の観光は、十和田八幡平国立公園のオーバーツーリズム対策、市全体で観光の平準化が課題など、持続可能な観光地に向けて取り組むべき課題があります。

十和田市では、観光戦略のビジョンとして「自然とアートを核に 稼いで潤う 持続的な観光地域づくり」を掲げており、今回の研修を今後の活動に活かして参ります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
経営情報
ビジネスカテゴリ
旅行・観光
関連リンク
https://www.mlit.go.jp/kankocho/jizokukanou.html
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

一般社団法人十和田奥入瀬観光機構

5フォロワー

RSS
URL
-
業種
サービス業
本社所在地
青森県十和田市稲生町15-3
電話番号
0176-24-3006
代表者名
小野田 金司
上場
未上場
資本金
-
設立
2019年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード