「東急ストア」や「プレッセ」などで「楽天Edy」と「Edyオートチャージ」が利用可能に

 楽天Edy株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:和田 圭、以下 楽天Edy)は、株式会社東急ストア(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:須田 清、以下「東急ストア」)が展開するスーパーマーケット「東急ストア」や「プレッセ」など全88店舗において、電子マネー「楽天Edy」での決済と自動的に「Edy」をチャージできる「Edyオートチャージ」(以下「本サービス」)が利用可能になったことをお知らせします。
 このたびのサービス開始を記念して、本日6月1日より「東急ストア Edyサービス開始キャンペーン!」を実施します。

 「楽天Edy」は、全国約85万カ所以上(2021年5月1日時点)の飲食店、コンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストアなどの楽天Edy加盟店でお支払いをする際に利用することができる電子マネーです。
 「Edyオートチャージ」は、「Edy機能付き楽天カード」にチャージされた「Edy」の残高があらかじめ設定した金額を下回ると、自動的に「Edy」をチャージする仕組みです(注1)。店頭でのお支払い時に対応決済端末へ「Edy機能付き楽天カード」をかざすだけで自動的にチャージができ、スムーズに決済することが可能です。
 なお、本サービスを利用してのチャージ金額およびとお支払いの際の「Edy」での決済金額の両方に、「楽天ポイント」が付与されます。(注2)

 本サービス開始を記念して、6月1日(火)7:00から6月30日(水)23:59まで「楽天ポイントカード」をご提示のうえ、「楽天ポイント」を貯める設定をした「楽天Edy」または「楽天ペイ(アプリ決済)」でお支払いをすると「楽天ポイントカード」分の「楽天ポイント」が5倍になる「東急ストア Edyサービス開始キャンペーン!」を実施します。

 株式会社東急ストアは、「東急ストア」や「プレッセ」の全店舗において2020年4月に楽天グループのスマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を導入し、2020年9月には楽天グループの共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を導入するなど、これまでも楽天グループと連携をしてまいりました。今回、新たに「楽天Edy」と「Edyオートチャージ」を導入することで、決済手段の多様化によるユーザーのさらなる利便性向上、キャッシュレス化による店舗運営の効率化を推進していきます。 

 楽天Edyは、今後もユーザーや加盟店に利便性の高い決済環境を提供し、満足度の向上を目指してまいります。

(注1) 「Edyオートチャージ」は「Edy機能付き楽天カード」をご利用の方が対象のサービスです。
※主な「Edyオートチャージ」対象店舗については、楽天Edyホームページ(https://edy.rakuten.co.jp/howto/card/rakutencard/charge/autocharge/store/)をご覧ください。
※詳しい利用方法については、楽天Edyホームページ(https://edy.rakuten.co.jp/howto/card/rakutencard/charge/autocharge/)をご覧ください。
(注2) チャージと決済それぞれにつき200円(税込)に1ポイント付与


■□ サービス概要 □■
・サービス開始日: 2021年6月1日(火)
・サービス概要: 「東急ストア」や「プレッセ」など全88店舗において、「楽天Edy」による決済と「Edyオートチャージ」が利用可能になります。
・ 導入店舗: 「東急ストア」や「プレッセ」など全88店舗 (2021年6月1日時点)
・URL: https://www.tokyu-store.co.jp/

■□ キャンペーン概要 □■
・キャンペーン名:東急ストア Edyサービス開始キャンペーン!
・事前エントリー期間: 2021年5月31日(月)から2021年6月30日(水)まで
・キャンペーン期間: 2021年6月1日(火)から2021年6月30日(水)まで 

・キャンペーン内容: エントリーのうえ、キャンペーン期間中に、以下の条件を達成された方を対象に楽天ポイントカード分のポイントを5倍進呈します。
 ・「楽天ポイントカード」をご提示のうえ、1ポイント以上獲得
 ・「楽天Edy」または「楽天ペイ(アプリ決済)」で税込200円以上お支払い
※詳細はキャンペーンURLをご確認ください。
※本キャンペーンでの1人あたりの付与額上限は2,000ポイントです。
・キャンペーンURL:https://pointcard.rakuten.co.jp/campaign/tokyustore/20210601/
・特典付与日: 2021年8月末頃
※特典は期間限定ポイントです。


【楽天ペイメント株式会社について】https://payment.rakuten.co.jp/
楽天ペイメント株式会社は、楽天グループにおいて決済・マーケティング分野を中心としたサービスを展開する企業として2019年4月に設立されました。現在、「楽天ペイ(アプリ実店舗決済)」、「楽天ペイ(アプリ実店舗決済)」、「楽天ポイントカード」、「楽天Edy」、「楽天チェック」といったサービスを運営しています。お客様には親しみやすく便利で安全な決済サービスを、加盟店様には業種・業態に合わせた幅広い決済サービスと、データを活用したマーケティングプログラムを通じたビジネス支援を提供しています。

【楽天ペイ(アプリ決済)について】 https://pay.rakuten.co.jp/detail/
「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカードや楽天銀行口座を登録して、スマホアプリで簡単に支払いができるサービスです。本アプリひとつで、クレジットカード、「楽天銀行口座」、「楽天ポイント」、「楽天キャッシュ」、「楽天Edy」、「Suica」によるお支払いが可能(※)で、「楽天ポイントカード」の機能も利用いただけます。
※「楽天Edy」、「Suica」は、「おサイフケータイ®」機能が搭載されたAndroid端末で利用可能です。
「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
Androidは Google LLC. の商標です。

【楽天ポイントカードについて】 https://pointcard.rakuten.co.jp/
「楽天ポイントカード」は、街のお買い物で「楽天ポイント」を貯めることができ、貯めたポイントはお店でのお支払いや楽天グループの各サービスで利用できる、お得で便利なポイントカードです。「楽天ポイントカードアプリ」なら、会計時にスマートフォンアプリを起動してバーコードを提示するだけで利用できます。クレジットカード「楽天カード」や電子マネー「楽天Edy」との一体型カードも発行しており、利用者が便利で使いやすいよう、様々な形態のポイントカードを展開しています。

【楽天Edy株式会社について】
楽天Edy株式会社は、楽天グループのプリペイド型電子マネー「楽天Edy」と、オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を運営しています。キャッシュレス決済のパイオニア企業として安心・安全な決済サービスを提供しており、現在は全国のスーパーマーケットなどの加盟店開拓だけでなく、キャッシュレススタジアムの運営や全国の自治体と連携したキャッシュレス推進など、新しい取り組みにも注力しています。2001年に「Edy」としてサービスを開始(※)、2010年には楽天グループの傘下に加わりました。2012年に「楽天Edy」となり、2021年11月にはサービス開始20周年を迎えます。今後も、楽天グループの各種サービスと連携しながら、電子マネーの利用者および加盟店の皆様のさらなる利便性および満足度向上を目指し、より良いサービスを提供してまいります。
※2001年当時の運営会社の商号は、ビットワレット株式会社。2012年にサービス名称変更と同時に楽天Edy株式会社に変更。詳細は、サービス開始20周年記念の特集ページ( https://edy.rakuten.co.jp/info/edy20th/)をご参照ください。

【楽天Edyについて】 https://edy.rakuten.co.jp/
「楽天Edy」は、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、飲食店、自動販売機、タクシー、ガソリンスタンドなど全国約85万カ所以上(2021年5月1日時点)で利用できる、楽天グループのプリペイド型電子マネーで、2021年11月にサービス開始20周年を迎えます。「楽天Edy」には、カードやアプリ(※)、キーホルダーをはじめとしたEdy機能搭載型グッズなどがあり、事前に現金やクレジットカードなどでチャージ(入金)をしてお支払いにご利用いただけます。事前に設定をすると「楽天ポイント」などを貯めることができ、貯まった「楽天ポイント」は街のお店での支払いや楽天グループの各サービスで利用可能です。

※「楽天Edyアプリ」は、「おサイフケータイ®」機能が搭載されたAndroid端末で利用可能です。
「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
Androidは Google LLC. の商標です。 

                                                 以 上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天Edy株式会社 >
  3. 「東急ストア」や「プレッセ」などで「楽天Edy」と「Edyオートチャージ」が利用可能に