森トラストグループ2020年3月期業績報告

森トラスト㈱、森トラスト・ビルマネジメント㈱、森トラスト・ホテルズ&リゾーツ㈱など、森トラストグループ33社(森トラスト、連結対象子会社29社、持分法適用関連会社3社)の2020年3月期の連結業績をお知らせします。
■森トラストグループ 連結業績(2019年4月1日~2020年3月31日)
○  2020年3月期は、営業収益2,336億円(前期比:33.6%増)、営業利益587億円(前期比:70.7%増)と、堅調なオフィス事業に加え、新規取得物件の稼働や不動産販売が寄与したことから、営業収益、営業利益ともに3期連続の増収増益となり、中長期ビジョン「Advance2027」の最終目標を7 年前倒しで達成しました。
○  経常利益が601億円(前期比:66.2%増)、親会社株主に帰属する当期純利益が403億円(前期比:0.3%増)と、各事業が順調に推移していることから、3期連続の増益となりました。
○  2021年3月期の予測では、営業収益2,200億円(前期比:5.8%減)、営業利益470億円(前期比:20.0%減)、親会社株主に帰属する当期純利益が300億円(前年比:25.6%減)となる見込みです。


【2020年3月期 業績ハイライト】
〇「賃貸関係事業」は、2019年3月に取得したサンノゼのオフィスビルの稼働が約9か月分寄与したほか、「城山トラストタワー」、「丸の内トラストタワー」などの既存物件の高稼働維持、および賃料改定等による単価の上昇が寄与し、前期比52億円増となる732億円の営業収益を計上しました。
〇「ホテル関係事業」は、新型コロナウイルス感染症拡大が第4四半期の稼働率に影響したものの、2019年9月20日からのラグビーワールドカップ開催による宿泊需要の高まりで単価が上昇したことや、2019年9月に取得した「ヒルトン小田原リゾート&スパ」の稼働が4か月分寄与したことで、8期連続の増収となり、前期比13億円増となる385億円の営業収益を計上し、過去最高を更新しました。
〇「不動産販売事業」は、マンション分譲が好調に推移したことや、オフィスを分譲したことが寄与し、前期比495億円増となる1,046億円の営業収益を計上し、「その他事業」は前期比27億円増となる172億円の営業収益を計上しました。 

上記の結果、営業収益は2,336億円、営業利益は587億円となり、親会社株主に帰属する当期純利益は403億円となりました。また、中長期ビジョン「Advance2027」で定めた、営業収益2,300億円、営業利益550億円という最終年度の数値目標を、7年前倒しで達成しました。

【2021年3月期 業績予測】
21年3月期の業績は、営業収益は2,200億円、営業利益は470億円、親会社株主に帰属する当期純利益は300億円となる見込みです。 
上記予測につきましては、新型コロナウイルス感染症の収束状況やそれに伴う経済活動再開後の見通しが困難な中、現時点で可能な範囲で算出しております。なお、今後の新型コロナウイルス感染症の収束時期等により、実際の業績は変動する可能性があります。

※本資料に記載の業績予測は、本資料の発表日現在において入手可能な情報から得られた判断に基づいています。実際の業績は、今後の様々な要因によって異なる結果となる可能性があります。

■森トラストグループの財務状況の推移
【自己資本および自己資本比率の推移】
2020年3月期においては、自己資本4,405億円、自己資本比率37.6%となりました。


【(参考)株式会社森トラスト・ホールディングス 単体業績】


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 森トラスト株式会社 >
  3. 森トラストグループ2020年3月期業績報告