新開発の薄型ダイレクトドライブモーターとナイフエッジトーンアームを採用した本格派アナログターンテーブル『TN-4D』新発売

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、新開発の薄型ダイレクトドライブモーターとナイフエッジトーンアームを採用したアナログターンテーブル『TN-4D』を販売開始いたします。
品名 型名 メーカー希望小売価格 発売予定日
ダイレクトドライブアナログターンテーブル TN-4D オープンプライス 2019年3月中旬

 

 

             『TN-4D』 https://teac.jp/jp/product/tn-4d/


『TN-4D』は新開発のブラシレスDCモーターをスタイリッシュな薄型ボディに収めたダイレクトドライブ方式のアナログターンテーブルです。新開発の薄型ブラシレスDCモーターとフィードバック制御により、水晶精度の正確さとコギングを抑えた(※)滑らかな回転を実現。また、従来のモーターに比べ薄型の設計にしたことで、今までのダイレクトドライブ方式ターンテーブルでは望めなかったスタイリッシュな薄型に仕上げることができました。

 トーンアーム部には高級トーンアームブランドのSAEC社とのコラボレーションにより、可動部にナイフエッジを用いた新開発のトーンアームを採用。通常のベアリング構造では得られない分解能の高いサウンドが得られるようになりました。また、新日本無線製のオーディオ用高精度オペアンプNJM8080をフォノイコライザーに採用し、フォノ入力を持たないシステムにも直接接続してアナログレコードの世界を低歪で高音質なサウンドで楽しむことができます。さらに、USBデジタル出力を使用し、アナログレコードの音をパソコン経由でデジタルアーカイブ化することができます。

レコード再生の要、カートリッジにはアメリカで40年の歴史を持つカートリッジブランドSUMIKO社による、幅広いジャンルの音楽再生に定評のある『Oyster』MM型カートリッジを予めヘッドシェルに装着済。また、S字アームトーンアームにはヘッドシェルやカートリッジの付け替えが容易なユニバーサル式を採用しており、音楽や気分に合わせてカートリッジの違いを簡単にお楽しみいただけます。

『TN-4D』はダイレクトドライブ方式ならではの高い回転精度とスタイリッシュなボディを両立したアナログターンテーブルです。

※コギングとは、モーターを構成する電機子と回転子、つまりコイルとマグネットの磁気による吸引力と反発力が回転角度によって細かく脈動する現象です。例えば安価な模型用モーターを手で回転させると「カクカク」と回転するのが手に伝わりますが、この現象がコギングです。
 

                     B:ピアノブラック

 

                      WA:ウォルナット

 

      SAEC社とのコラボレーションによる可動部にナイフエッジ機構を採用したトーンアーム

 

            カートリッジブランドSUMIKO社製MMカートリッジ「Oyster」


【特長】
・ダイレクトドライブ式アナログターンテーブル
・新開発のブラシレスDCモーターで薄型キャビネットを実現
・マイコン制御によるフィードバック回路により水晶精度の速度偏差を実現
・アルミ・ダイカスト製プラッター
・高級トーンアームブランドのSAEC社とのコラボによるナイフエッジトーンアーム搭載
・光沢の美しい多層塗りピアノブラック、または天然ウォルナット材突板仕上げ筐体
・高音質フォノイコライザー内蔵(フォノ/ライン出力切替可能)
・フォノイコライザーのオペアンプ部には音質に定評のあるNJM8080を採用
・USBデジタル出力でパソコンにレコードを取り込み可能
・EP、LPの再生が可能な45、33-1/3の2スピード対応
・出力端子に酸化に強い金メッキ端子を採用
・アメリカSUMIKO社製、Oysterカートリッジを付属
・衝撃吸収性に優れたインシュレーター
・GND端子装備

【仕様】
詳細仕様はウェブサイトをご確認ください。

【製品ページ】
https://teac.jp/jp/product/tn-4d/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ティアック株式会社 >
  3. 新開発の薄型ダイレクトドライブモーターとナイフエッジトーンアームを採用した本格派アナログターンテーブル『TN-4D』新発売