VR空間で伝説のLIVEが再演「MIYAVI Virtual Live 6.0 in 京都・清水寺“MIYAVI in KIYOMIZU”」にIMAGICA Lab.とコスモ・スペースが技術協力

~Metaの没入型イベントプラットフォーム「Horizon Venues」内で無料配信~

映像の企画から制作、映像編集、配信・流通に至るまでを、グローバルにワンストップでお届けする株式会社IMAGICA GROUP(本社:東京都港区、代表取締役社長:布施 信夫)のグループ会社の株式会社IMAGICA Lab.(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐野清)と株式会社コスモ・スペース(本社︓東京都千代⽥区、代表取締役社⻑︓市川 精也)は、Meta Platforms, Inc(旧Facebook, Inc.)が展開するVR空間上のイベントプラットフォーム「Horizon Venues」にて、2021年12月30日より無料配信される「MIYAVI Virtual Live6.0 in 京都・清水寺“MIYAVI in KIYOMIZU”」において、ライブ撮影やVR撮影、ポストプロダクションなどの技術協力を行いました。

「MIYAVI Virtual Live6.0 in 京都・清水寺“MIYAVI in KIYOMIZU”」は株式会社LDH JAPAN(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:森 雅貴)が主催、株式会社GENEROSITY(本社:東京都港区、代表取締役CEO:西垣 雄太)が全体制作を担当し、2021年9月26日に2Dで配信されたライブを、メタバース上で再現し再演するものです。

 

IMAGICA Lab.が技術統括、ポストプロダクション、クオリティコントロールを、コスモ・スペースがライブ撮影、VR撮影・テクニカルディレクションを担当いたしました。フロント方向から180度のVR撮影を行い、従来のコンサートやライブイベントなどでは近づけないほどの距離感で、アーティストのパフォーマンスを没入体験できるコンテンツに仕上げています。

今回のプロジェクトでは、⼤容量のデータを扱いながら新たな納品仕様に対応するため、効率的なフローを構築する必要がありました。そこで、IMAGICA Lab.がこれまで多様な映像演出を担当する中で培った「テクニカルプロデュース⼒」と、納品仕様やデータの性質を熟知したプロフェッショナルレベルの技術⼒を活かして、 レンダリングなどの周辺⼯程の効率化を徹底し、クオリティコントロールを⼊念に⾏うことで、本案件に最適なワークフローを実現しました。
 

●「MIYAVI Virtual Live 6.0 in 京都・清水寺“MIYAVI in KIYOMIZU”」について
日本人で初めてUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)親善大使を務めるなど、アーティストとしての活動にとどまらず、世界平和を願い社会貢献活動を続けるMIYAVIが、昨年50年振りの大改修が完了した世界遺産、清水寺の”清水の舞台”から全世界に向けて、コロナの収束、世の中の平穏と世界平和の祈りを込めて、実施される社会的、世界的に意義のあるライブイベントとなります。ぜひ、ご覧ください。

<配信開始日時>: 12月30日(木)13:00~
<配信プラットフォーム>: Meta Horizon Venues 特設ブース※内
https://www.oculus.com/experiences/event/3372473612979534/
<視聴料金> : 無料
※「Horizon Venues」は、Meta Quest2(旧Oculus Quest2)のユーザーがアクセスできます。新規ユーザーは、アプリ、デバイス、およびストアにログインするためにアカウントが必要になります。視聴の際はご注意ください。

<テクニカルスタッフ>
株式会社IMAGICA Lab.
・ラボマネージャー:前原 健一郎
・エディター:雨宮 信二
・ミキサー:鈴木 博之
・テクニカルプロデューサー:湯山 圭

株式会社コスモ・スペース
・VRプロデューサー:加藤 欧一郎
・VRテクニカルディレクター兼カメラマン:佐々木 豊
・VR DIT:田口 優真
・VR カメラアシスタント:櫻井 琢磨

当社グループでは、新・中期経営計画「G-EST2025」の基本戦略の中で、「新たなライブエンタテインメント事業の確立」を掲げております。これからも、グループの持つクリエイティビティとテクノロジーで、新たな“映像”の価値創出に挑戦し続け、「世界の人々に“驚きと感動”を与える映像コミュニケーショングループ」を目指してまいります。

●株式会社GENEROSITY
ブランドと生活者、生活者同士の体験をリアルからデジタルの領域で創造し、つなげ広げていく、ブランドエクスペリエンススタジオです。
高い技術力を誇るエンジニア、創造性溢れるクリエイター、多様な企画力と素早い意思決定を持ったビジネスチームを有し、クリエイティブな世界をリードする人材とテクノロジーを組み合わせ、革新的なサービスを提供します。
 

  • 株式会社IMAGICA Lab.について

IMAGICA Lab.は1935年の創業以来、映像技術の進化にあわせて新たな映像表現にも積極的に挑戦し続け、メタバースやXRといった最新技術を用いた映像制作の実現に貢献します

映像技術コンサルティングから映像作品製作に至るまで、あらゆるニーズに技術面でサポートします
会社名 :株式会社IMAGICA Lab. (イマジカ ラボ)
代表者 :代表取締役社長 社長執行役員 佐野 清
所在地 :〒141-0022 東京都 品川区 東五反田2-14-1
事業内容:テレビCM・テレビ番組・各種コンテンツ制作における映像技術サービス、Webやモバイルなどを利用した広告・宣伝・プロモーション向け支援サービス、教育・企業セミナー・イベント等の映像配信向け支援サービス、システムやアプリケーションの販売並びに保守運用、その他各種映像技術サービス
URL:https://www.imagicalab.co.jp/
 

  • 株式会社コスモ・スペースについて
クリエイティブとテクノロジーの融合を強みとした映像制作のプロフェッショナル集団として、いつまでも夢を持ち続け、多くの人々に“素晴らしい映像”をもって“真実と感動”を伝え続ける企業でありたい
そして、ニューノーマル時代のエンターテイメントにおける撮影、配信事業に貢献してまいります

会社名 :株式会社コスモ・スペース 
代表者 :代表取締役社長 市川 精也
所在地 :〒102-0081 東京都千代田区四番町5番地6 四番町ビル1号館3F
事業内容:テレビ番組の企画制作、企業プロモーション映像の企画制作、番組・イベントの撮影収録技術、放送局への技術者派遣(派13-310236)、デジタル技術を使用したCG映像制作、映画・演劇等催物の企画制作、各種イベントの運営、声優・俳優のマネジメント業務
URL:https://www.cosmospace.co.jp/
 
  • 株式会社IMAGICA GROUPについて
1935年の創業以来、新たな“映像”の価値創出に挑戦し続け、これからも「世界の人々に”驚きと感動”を与える映像コミュニケーショングループ」を目指してまいります。
会社名:株式会社IMAGICA GROUP(東証一部上場、証券コード:6879 イマジカG)
代表者:代表取締役会長 長瀬文男
代表取締役社長 社長執行役員 布施信夫
所在地 :〒105‐0022 東京都港区海岸一丁目14番2号
創立:1935年2月18日 資本金:33億6百万円
事業内容:映像コンテンツ事業、映像制作サービス事業、映像システム事業等を営むグループ会社の事業の統括
URL: https://www.imagicagroup.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. IMAGICA GROUP >
  3. VR空間で伝説のLIVEが再演「MIYAVI Virtual Live 6.0 in 京都・清水寺“MIYAVI in KIYOMIZU”」にIMAGICA Lab.とコスモ・スペースが技術協力