立ち上がれ!製造業のデータサイエンティスト!「PHMC 2021 データ分析チャレンジコンテスト」応募受付中

~システム工学的に故障予知にアプローチする考え方「PHM」がテーマ~

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下 ISID)は、システム工学的に故障予知にアプローチする考え方「PHM(Prognostics and Health Management)※」をテーマとした「PHMC 2021 データ分析チャレンジコンテスト」(以下、本コンテスト)を開催します。

 
本コンテストは、日本の製造業におけるPHMの取り組み拡大、活性化を目的として実施するもので、2019年の初回開催から今回で3回目となります。
日本の製造業に勤務するデータサイエンティストの方々を対象に、ISIDが提示する課題に対してデータ分析を行っていただき、その予測結果を9月30日(木曜日)まで募集していますので、奮ってご応募ください。

■コンテスト概要■
<応募条件>
日本の製造業に勤務していること
※申込時に勤務先の確認をさせていただきますが、それ以外で会社名が公表されることはありません。また、勤務先業務として応募するのか、資格を有する個人として応募するかは問いません。

 <募集内容>
ある自動車会社が将来リリースする電気自動車のリチウムバッテリー研究を行う、という想定をします。自動車に搭載する「リチウムイオンバッテリーの健全性の監視および残寿命予測モデルを開発する」という課題に対して、新しい状態から寿命が尽きるまでのバッテリーから収集した3つの学習用データセットに対し、それぞれのバッテリー残寿命を推定し、その予測結果を提出してください。

分析課題 バッテリーの残寿命予測
使用データ 各バッテリー(ユニット)に対する
-充電サイクルデータファイル
-放電サイクルデータファイル
サブミット テンプレートファイルに従って予測結果をサブミットいただきます。
サブミットできる回数は本コンテスト期間内で最大10回までとします。
※1日にサブミットできる回数に制限はありません。
その他提出物 入賞者2名については、予測モデルをご提出いただきます。
(確認目的であり、著作権は作者に留保されます。)
評価基準 スコアリングとランキングは、予測された残寿命が実際の残寿命にどれだけ
近いかにより決定します。
仕様ツール Python、R、Matlabのいずれかとします。
※希望者にはMathworks社のご協力によりMatlabおよび関連ツールキット
の評価版をご利用いただくことができます。
以下サイトよりお申し込みください。
https://jp.mathworks.com/campaigns/products/trials.html


<応募方法>
・エントリーにあたっては、ルール(https://industrial-big-data.io/phmc2021-datachallenge/#phmc2021-datachallenge-rule)をご確認いただき、ご同意いただける方のみ申込み可能です。
・コンテストの詳細ページ内の「参加申込みフォーム」に参加者(チーム応募の場合は代表者の方)情報をご記入ください。
・参加資格情報を確認の上、事務局よりご回答アドレス宛にデータダウンロードのご案内をお送りいたします。
・参加者は、事務局より提供されるテンプレートを使用して結果を指定の宛先へご送信ください。

本コンテストの詳細、参加申し込みはこちら
https://industrial-big-data.io/phmc2021-datachallenge/
※課題の詳細および留意事項についての記載内容は上記サイトにて必ずご確認ください。
 
<応募期限>
2021年9月30日(木)まで

<表彰・入賞者賞品>
上位2名を表彰し、賞品として、1位 5万円分相当、2位 2万円分相当のギフト券を進呈します。

<実施スケジュール>
2021年9月30日(木)  :コンテスト応募受付終了
2021年10月1日(金)  :最終順位の確定
2021年10月4日(月)  :入賞者2名のモデル提出
2021年10月14日(木):表彰式
※同日に開催される「PHM Conference 2021 in JAPAN」(https://inv.isid.co.jp/phmconference2021injapan)内にて表彰式開催
※当日はオンライン開催を予定しております。表彰式の開催内容については、入賞者2名の方へご連絡いたします。

<主催者/事務局>
株式会社電通国際情報サービス
製造ソリューション事業部 製造営業企画部・DER技術1部内
PHMC2021 データチャレンジコンテスト事務局(森賀、小泉、内藤、大西)
E-Mail: g-phmc-datachallenge@group.isid.co.jp

​​

 ※ PHM(Prognostics and Health Management):PHMとは、製品・生産設備の故障検知や不具合箇所の特定・診断、残寿命の予測などを行うシステム工学的なアプローチを意味します。同分野は昨今、世界各国で産官学連携を含む積極的な取り組みが進んでいます。
 

  • インダストリアル・ビッグデータに対するISIDの取り組み

ISIDは、製造業向けビッグデータ分析領域におけるソリューションコンセプトに「インダストリアル・ビッグデータ」を掲げ、各種ソリューションを展開しています。詳細URL:https://industrial-big-data.io/
 

  • 電通国際情報サービス(ISID)について
ISIDは、「HUMANOLOGY for the future~人とテクノロジーで、その先をつくる。~」をビジョンに、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションを、確かな技術力と創造力で支援しています。金融、製造、ビジネスソリューション、コミュニケーションITの4領域で培ったソリューションの提供に加え、テクノロジーや業界、企業、地域の枠を超えた「X Innovation(クロスイノベーション)」を推進し、顧客、生活者、社会の進化と共存に寄与するソリューションを生み出し続けます。詳細URL:https://www.isid.co.jp/

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ISID >
  3. 立ち上がれ!製造業のデータサイエンティスト!「PHMC 2021 データ分析チャレンジコンテスト」応募受付中