スマートトレードとの資本業務提携に関するお知らせ

~投資情報ソリューションの共同展開と株探のシステムトレード関連コンテンツの拡充〜

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下「ミンカブ」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓜生 憲)と、株式会社Smart Trade(以下「Smart Trade」、本社:東京都大田区、代表取締役社長:内田 友幸)は、ミンカブが保有する国内外の金融経済データや運営メディアから収集される各種ビッグデータと、Smart Tradeが有するシステムトレード用アルゴリズム生成技術を組み合わせ、投資情報ソリューションを共同展開することに加え、ミンカブが運営する株式情報サイト「Kabutan(株探)」とSmart Tradeが運営するAIを活用した株式システムトレードアルゴリズムプラットフォーム「QuantX」のメディア連携を実現すること等を目的とした業務提携に合意するとともに、ミンカブがSmart Tradeの第三者割当増資を引受け、資本参加しましたのでお知らせいたします。
ミンカブは、「みんなの株式」等、AIとクラウドインプットを活用した独自性の高い複数の投資家向け金融情報メディアを日本最大級の規模で展開しています。更に情報系Fintechソリューションベンダーとして、安定した技術力と豊富な検証データを背景に、様々な金融商品の分野において、金融機関向けに投資家に資するシステムの構築及び情報サービスの提供を行っています。

Smart Tradeは、2016年5月創業のFintech系スタートアップ企業で、適切な銘柄選定や売買タイミングを導き出しシグナルを配信するアルゴリズムが売買可能なオンライン上のマーケットプレイス「QuantX Store」(https://quantx.io/)を運営しています。これまで様々な事業者から複数のシステムトレード開発プラットフォームが提供されてきましたが、それらはツール毎に専用の開発言語の習得が求められ、またその多くは有償サービスとして提供されてきました。しかし、Smart Tradeが運営する投資アルゴリズムの開発・実行環境「QuantX Factory」では、無料で登録可能な「QuantX」会員であれば、汎用的な開発言語で利用可能なアルゴリズム開発ツールを無料で利用することができます。加えて、開発したアルゴリズムは「QuantX Store」で販売することも可能で、国内では唯一無二のプラットフォームサービスを展開しています。Smart Tradeは、これまで大学等の学術機関とも連携し、1,700人以上のエンジニアが12,000を超える売買アルゴリズムを開発し、「QuantX」にて公開しています。

個人投資家の投資手法は、投資対象の銘柄選定や売買タイミングを感覚的に判断する裁量トレードの占める割合が高いのが実情です。しかし、投資判断の為に情報収集の時間を十分に取れない個人投資家が少なくないことも事実です。今回、アルゴリズム売買及び開発プラットフォームを運営するSmart Tradeと業務提携することで、新たなユーザー層の獲得、新規サービス創出、BtoB向けの新規事業の展開が可能と判断いたしました。

【提携内容】
1. 投資情報ソリューションの共同展開に関する検討
ミンカブが保有する国内外の金融経済データや運営メディアから収集される各種ビッグデータと、Smart Tradeが有するシステムトレード用アルゴリズム生成技術を組み合わせ、主に金融機関や個人投資家向けの投資情報ソリューションを共同で展開いたします。具体的には、ミンカブの「テーマ別銘柄ソリューション」の個別テーマのインデックスを対象としたアルゴリズム生成、ミンカブの有する各種ビッグデータとアルゴリズムの連携、アルゴリズムの銘柄選定や売買シグナルをベースにしたロボアドバイザーの開発、売買シグナルと株式注文の自動連携ツール等、個人投資家向けサービス及び金融機関を中心とした法人向けサービスの提供に向けた検討を進めてまいります。

2.「Kabutan(株探)」と「QuantX Store」のメディア連携
「QuantX Store」にて販売されているアルゴリズムとミンカブが運営する「Kabutan(株探)」の各種コンテンツを連携させることにより、株探ユーザーへのサービス拡充と「QuantX Store」の潜在ユーザーの発掘を図ります。また、株探ユーザーが参加できるアルゴリズム開発コンテストの共同開催やSmart Trade作成のニュース記事配信等の取り組みも行ってまいります。

3. Smart Tradeシステムトレード用アルゴリズム検証の精度向上施策
ミンカブが保有する豊富なマーケットデータを「QuantX Factory」へ提供します。これにより、システムトレードに用いるアルゴリズムの検証精度の向上が図れます。また、これは「QuantX Factory」の対象商品の拡充(米国株、外国為替、暗号資産)にも繋がることから、結果的に投資家は「QuantX Store」を通じて、より幅広い金融商品を対象にしたアルゴリズムを購入することが可能となります。

ミンカブは、これからも資産形成の必要なすべての人々のために情報やツール、サービスを直接的、間接的にお届けすることで、日本経済と金融市場の発展に寄与してまいります。


■株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドについて(https://minkabu.co.jp/
ミンカブは、日本最大級の投資家向け情報メディア「みんなの株式」を中心に、株式をはじめ、 仮想通貨や外国為替、商品先物、投資信託、保険、不動産など様々な金融商品を対象とした投資情報を提供しています。また、ユーザーの投稿や閲覧のデータを集約して利用するクラウドインプットの仕組みとビッグデータを解析し瞬時にコンテンツを生成するAIを活用しながら、一般投資家のみならず金融機関向けにもソリューションパッケージとして情報の提供を行っています。

社名                     : 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
所在地                  : 東京都千代田区神田神保町3丁目29番1号
設立                     :   2006年7月7日
代表取締役社長      :   瓜生 憲
事業内容               :   メディア事業、ソリューション事業
連結子会社            :   Prop Tech plus株式会社、ロボット投信株式会社

■ミンカブグループの運営するメディア一覧
みんなの株式:https://minkabu.jp/
みんかぶFX:https://fx.minkabu.jp/
みんなの仮想通貨:https://cc.minkabu.jp/
みんかぶ先物:https://fu.minkabu.jp/
みんかぶ投信:https://itf.minkabu.jp/
みんかぶ保険:https://ins.minkabu.jp/
みんかぶ不動産:https://re.minkabu.jp/
Kabutan(株探):https://kabutan.jp/
証券会社比較.tokyo:https://xn--6oqu9e885apimm6t1rg.tokyo/
FX比較.tokyo:https://xn--fx-fk1eu00k.tokyo/
クレカ比較.tokyo:https://xn--lckh7p474tz0vb.tokyo/
Japan REIT.COM※:http://www.japan-reit.com/
JAPAN PRIVATE REIT.COM※:https://www.japan-private-reit.com/
※:Prop Tech plus株式会社による運営。

■株式会社Smart Trade(https://smarttrade.co.jp/
「AIとテクノロジーの力で金融を広くオープンに解放したい」
今まで限られたプロだけの世界であった金融を、ITの力で広く気軽に活用できるよう開放し、社会の豊かさに貢献したい。そんな思いを持ったエンジニアと金融経験者が集まって設立した会社です。主な事業は、株式投資アルゴリズムの開発プラットフォーム「QuantX Factory」と、販売プラットフォーム「QuantX Store」の開発・提供です。同プラットフォームは金融エンジニアと投資家をシームレスに繋ぎ、金融の民主化を図ることをコンセプトに開発されました。開発にあたっては、公的投資機関を含む投資家から資金を調達し、世界各国のエンジニアが開発に参画しています。

社名                     : 株式会社Smart Trade
所在地                  : 東京都大田区東嶺町12-19
設立                     :   2016年5月20日
代表取締役社長      :   内田 友幸
事業内容               :   人工知能を活用した株式システムトレードアルゴリズムのプラットフォームの
                                 開発、提供。エンジニア向け株式投資アルゴリズムの開発プラットフォーム
                               『QuantX Factory』の提供等

【報道関係お問い合わせ先】
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
TEL:03-6867-1570
E-MAIL:press@minkabu.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. ミンカブ >
  3. スマートトレードとの資本業務提携に関するお知らせ