【イード】新興EVメーカーに関する調査レポートの第2弾を発表

株式会社イード(本社:東京都中野区、代表取締役:宮川 洋)は、『新興EVメーカー調査 – 第2弾』と題し、新興EVメーカーを自動車販売台数の多い主要4市場(日本・米国・欧州・中国)に分けてに調査を行いました。これらをまとめ、レポート化しましたので発表いたします。
■調査目的
本レポートは、2022年3月発刊の人気調査レポート「新興EVメーカーに関する動向調査」の第2弾として、前レポートでは取り上げなかった自動車販売台数の多い主要4市場(日米欧中)の新興EVメーカーについての動向を各種公開情報から情報を収集し、整理・分析を行った。

■調査対象
今回は自動車販売台数の多い主要4市場(日米欧中)において、時価総額TOP50社に迫る新興EVメーカーについて取り上げる。上場企業を優先、上場企業で10社に満たない場合、各リージョン1社程度を調査対象とし、各リージョン非上場企業の調査対象企業は、設立年の古い順に企業を調査対象とした。

(日本)GLM

(米国)Fisker、Nikola、Proterra、Canoo、Faraday Future、Lordstown Motors、Mullen Automotive

(欧州)Inzile

(中国)Weltmeister(WM Motor Technology)

■調査結果サマリ
・各社設立・EV出荷開始の時系列整理
今回の調査対象の中では、米国の電動の大型商用車専門メーカー「Proterra」が最も早く、2004年に設立した。同社は、2008年にEVバス『EcoDrive』の販売を開始している。その後、2010年代になると米国を中心にEVベンチャーが続々と登場している。
 


・各メーカー特徴
本レポートでは、京都大学発の新興EVメーカー​「GLM​」をはじめ、米国の「Nikola」やBEVに関連するモジュラー・ソリューション事業を手掛けるスウェーデンのEVスタートアップ「Inzile​」など10社の企業動向・代表車種といった情報をまとめ、SWOT分析を用いて事業の現状・今後の課題などを分析した。
 


【レポートイメージ】


■レポートの販売について
本調査レポートはご購入いただけます。

価格:165,000円(税込)
ページ数:A4サイズ/33ページ
納品物:レポートPDF

ご購入はこちら:https://www.iid.co.jp/contact/media_contact.html?recipient=Response 
※お問合せ詳細欄に「新興EVメーカー調査 – 第2弾」とお書きください。

■「レスポンス」でのプレミアム会員向けレポート公開について
本レポートは「レスポンス(https://response.jp/)」にて、プレミアム会員に公開しております。

※レスポンス プレミアム会員とは
自動車業界のニュースをはじめ、有料のプレミアム記事や毎月発刊する調査レポートの閲覧のほか、月に3回程度のオンラインセミナー参加が可能となる会員プランです。

詳しい会員プランはこちら:https://response.jp/pages/info/members.html

■本リリースに関するお問合せ
メディア事業本部 オートモーティブ事業部 担当:釜田
https://www.iid.co.jp/contact/media_contact.html?recipient=Response

広報担当
https://www.iid.co.jp/contact/pr_contact.html

株式会社イード
〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー17階
URL:https://www.iid.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. イード >
  3. 【イード】新興EVメーカーに関する調査レポートの第2弾を発表