プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

最優秀賞は救急全身CT診断AI技術を開発する『株式会社fcuro』が受賞|ディープテック起業家によるピッチイベント「BRAVE2021 DEMO DAY」

医療、農業、材料まで様々な領域の課題を革新的技術で解決する創業前後のスタートアップが集結!

Beyond Next Ventures株式会社

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:伊藤毅、以下「当社」)は、2021年12月22日(水)にピッチイベント"BRAVE2021 DEMO DAY"を実施いたしました。130以上の応募から選ばれた起業前後のディープテックスタートアップ8チームが、賞金・投資機会の獲得を目指してピッチを行いました。


■BRAVE2021 DEMO DAYとは
本イベントは、当社が運営するディープテック特化型アクセラレーションプログラム「BRAVE」の集大成として、初の一般公開にて開催されました。会場とライブ配信を併用したハイブリッド形式で開催され、あわせて約300名の方にご参加いただき、過去最大規模となりました。会場ではポスター展示や商談ブースを設け、スタートアップ・大学等の研究機関・事業会社・投資家など多岐にわたる参加者の皆様が繋がる場を提供いたしました。


■BRAVE2021 DEMO DAY 受賞結果
最優秀賞:株式会社fcurohttps://fcuro.com/
救急現場における「見逃し」と「時間」の問題を解決するための救急全身CT診断AI技術を開発


優秀賞:株式会社TOWINGhttps://towing.co.jp/
地球上における循環型農業の発展と宇宙農業の実現を目指し、高機能ソイルを利用した持続可能かつ高効率な栽培システムを開発


準優秀賞:DELISPECT
超高齢社会の医療課題の解決を目指し、「せん妄」の発症予測と予防のためのAI医療機器を開発する創業前チーム


パートナー賞:
大正製薬賞:vivola株式会社
アストラゼネカ賞:DELISPECT
JSR賞:株式会社fcuro
帝人ファーマ賞:DELISPECT
カゴメ賞:EF Polymer株式会社
J-オイルミルズ賞:株式会社TOWING
LINK-J (ライフサイエンス賞):DELISPECT、株式会社fcuro、vivola株式会社

登壇チーム一覧(ピッチ順):
株式会社yuni(https://yuni.co.jp/
株式会社Onikle(https://www.onikle.io/
株式会社TOWING(https://towing.co.jp/
株式会社fcuro(https://fcuro.com/
vivola株式会社(https://www.vivola.jp/
EQUMENOPOLIS
EF Polymer株式会社(https://ja.efpolymer.com/
DELISPECT

審査員:
粟生 万琴氏 株式会社LEO 代表取締役
朝倉 祐介氏 シニフィアン株式会社 共同代表
牛場 潤一氏 Connect株式会社 代表取締役
山本 貴史氏 株式会社東京大学TLO 代表取締役
流郷 綾乃氏 With Media 代表
橋爪 克弥  Beyond Next Ventures株式会社 執行役員

■当日のコンテンツ
採択チームによるピッチ・表彰式をはじめ、VCによるパネルディスカッション、アカデミアと社会をつなぐ学生団体によるピッチコンテストなど、様々なコンテンツをお届けしました。

<Special Contents #1>
パネルディスカッション「VCパートナーに聞く、ディープテックスタートアップの最前線」

ディープテック領域に造詣が深いVCパートナー3名をゲストに迎え、トークセッションを実施。ディープテックスタートアップを取り巻く資金調達の環境変化、グローバルに成長するための海外投資家の巻き込み方、日本のディープテックの成長に向けた課題と今後の期待などについて、お話しいただきました。

・登壇者
村田 祐介氏 インキュベイトファンド株式会社 代表パートナー
水本 尚宏氏 東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東大IPC) パートナー
安西 智宏氏 株式会社ファストトラックイニシアティブ(FTI) 代表パートナー

<Special Contents #2>
未来のアカデミアを担う学生が集う研究ピッチコンテスト「GENSEKI」

日本の若き研究者が社会実装に挑戦する文化を作るために活動する学生団体「BEAST」主催の学生ピッチコンテストを開催。研究に取り組む8名の学生が自身の研究テーマに基づいたプレゼンを行いました。

・受賞結果
1位:當銘香也乃さん「ニワトリから学ぶ!血小板がなくてもケガを治せる?」
新潟大学大学院 自然科学研究科 生命・食料科学専攻 基礎生命科学 博士後期課程1年
自然科学研究科 教育研究高度化センター 特任助手

2位:大山諒子さん「SO2をキャッチして光って空気をお掃除♪~有機化学から環境問題に挑む~」
広島大学大学院 先進理工系科学研究科 基礎化学プログラム 博士課程後期2年

3位:野口奨悟さん「クモ中毒〜あなたなしでは生きられない〜」
九州大学 農学部生物資源環境学科4年 生物的防除研究施設 天敵昆虫学研究室

・審査員
金重 幸人氏  株式会社POL
熊谷 洋平氏  株式会社tayo
阿部 麻衣子氏 アカデミスト株式会社
有馬 暁澄   Beyond Next Ventures株式会社

 

■BRAVEにご協力いただいたパートナー企業の皆様
アストラゼネカ株式会社
カゴメ株式会社
株式会社新日本科学
JSR株式会社
株式会社J-オイルミルズ
大正製薬株式会社
帝人ファーマ株式会社
株式会社デンソー
JT(日本たばこ産業株式会社)
一般社団法人LINK-J
弁護士法人 内田・鮫島法律事務所
みずほ証券株式会社
株式会社三井住友銀行
株式会社三菱UFJ銀行
第一生命保険株式会社
損害保険ジャパン株式会社
株式会社産業革新投資機構
独立行政法人中小企業基盤整備機構

【BRAVEについて】
BRAVEは、アカデミア発研究成果の事業化の促進、創業期の技術系スタートアップの資金調達の加速を目指し、2016年から毎年開催しているアクセラレーションプログラムです。これまで547チームにエントリーいただき、120チームを採択・支援してまいりました。BRAVE卒業生の累計資金調達額は158億円に上り、起業前にBRAVEに参加したチームの半数以上が起業しています。https://brave.team/


【Beyond Next Venturesについて】
「隠れた才能(人・技術)を見出し可能性を最大化する。テクノロジーで世界をより良いものにする」をミッションに掲げ、優れた研究・技術を発掘し、その技術を世界中で実用化させるべく様々な活動を行う独立系VC・アクセラレーターです。
所在地:東京都中央区日本橋本町3-7-2 MFPR日本橋本町ビル3階
代表者:伊藤 毅
設立 :2014年8月
事業内容:日本・インドの技術系スタートアップへの出資・ハンズオン支援、技術シーズの事業化支援、研究開発型スタートアップにおける経営人材育成・採用支援、ウェット型シェアラボ運営等
URL :https://beyondnextventures.com/jp/
 
種類
イベント
ビジネスカテゴリ

このプレスリリースをシェアする

プレスリリース素材ダウンロード

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。

プレスリリース画像一覧

Beyond Next Ventures株式会社のプレスリリース

もっと見る

PR TIMESのご利用についてはこちら

資料ダウンロードする